『陸王』7話の動画見逃し視聴はこちら!【12月3日放送分】

陸王,7話

2017年12月3日(日)の21時からTBS日曜劇場として放送される秋ドラマ『陸王』第7話。いよいよここからがこはぜ屋の正念場です。

そんな『陸王』第7話を見逃してしまった、、、という方もいるはず。そこで今回は秋ドラマ『陸王』7話の見逃し動画を視聴する方法や、あらすじ、視聴者アンケートの感想を紹介していきます。

<陸王の見逃しフル動画をU-NEXTで配信中!>

【31日間無料お試し】U-NEXTはこちら

『陸王』見逃し動画の全話配信状況!

『陸王』第7話の予告動画をCheck!

まずは、第7話の予告動画をCheck!

フル動画を観たい方は下をCheck↓↓

『陸王』第7話の動画は放送から1週間以内なら無料で視聴できる!

『陸王』第7話の無料動画は放送から1週間以内ならTverやTBSオンデマンドを使えば完全無料で視聴できましたが、すでに配信終了しています。

第7話が12月3日(日)21時00分から放送だったので、第8話放送前の12月10日(日)20時59分頃まで視聴できました。
【1週間以内の無料動画視聴はこちら↓↓】

・Tver 配信終了
・TBSオンデマンド 配信終了

現在は下の方法で第7話の見逃し動画を視聴できます↓↓

『陸王』第7話の放送から1週間以上経過してしまった場合に動画を視聴する方法

放送から1週間以上経過してしまった場合は、TverやTBSオンデマンドで視聴することはできません。この場合は、有料プランですが、無料お試し期間のある動画配信サービスで視聴することができます。

【視聴可能な動画配信サービスは↓↓】

動画配信サービス 配信状況
U-NEXT
ビデオマーケット

※配信情報は2017年12月10日時点の情報です。配信が終了となっている可能性がありますので、登録前にご確認ください。

それぞれのサービスの特徴を見ていきます。

U-NEXTのポイント

31日間の無料お試し期間あり!
・動画配信本数120,000本以上!
・最新ドラマの配信が豊富!
・NHK作品(朝ドラや大河ドラマ)が視聴できる!
・70誌以上の人気雑誌が読み放題!
『陸王』が視聴できる!
→見放題ではなく登録時にもらえるポイントを使って視聴できます!

おすすめ度:★★★★★

U-NEXTはドラマや映画の配信数が多く、雑誌野読み放題や電子書籍など幅広いコンテンツがあるワンストップサービスが特徴!最新ドラマや映画、雑誌など幅広いコンテンツを楽しみたい方はU-NEXTがおすすめです。

>>U-NEXTの無料登録はこちら

【U-NEXTで配信中の最新ドラマ】

  1. 陸王』(役所広司主演):2017秋ドラマ
  2. オトナ高校』(三浦春馬主演):2017秋ドラマ
  3. コウノドリ2017』(綾野剛主演):2017秋ドラマ
  4. ドクターX~外科医・大門未知子~5シリーズ』(米倉涼子主演):2017秋ドラマ
  5. 奥様は、取り扱い注意』(綾瀬はるか主演):2017秋ドラマ
  6. 明日の約束』(井上真央主演):2017秋ドラマ
  7. 監獄のお姫さま』(小泉今日子主演):2017秋ドラマ
  8. 科捜研の女17シーズン』(沢口靖子主演):2017秋ドラマ
  9. ブラックリベンジ』(木村多江主演):2017秋ドラマ
  10. この声をきみに』(竹野内豊主演):2017秋ドラマ
  11. マチ工場のオンナ』(内山理名主演):2017秋ドラマ
  12. 重要参考人探偵』(玉森裕太主演):2017秋ドラマ
  13. アシガール』(黒島結菜主演):2017秋ドラマ
  14. 植木等とのぼせもん』(山本耕史主演):2017秋ドラマ
  15. 精霊の守り人』(綾瀬はるか主演):2017秋ドラマ
  16. 今からあなたを脅迫します』(ディーン・フジオカ主演):2017秋ドラマ
  17. わろてんか』(葵わかな主演):2017下半期の朝ドラ
  18. トットちゃん!』(清野菜名主演):2017下半期に昼ドラ

など、話題の映画、過去の名作などを多数配信中!

※2017年12月10日時点の配信情報です。すでに見放題配信が終了している可能性がありますので、U-NEXTでご確認ください。

ビデオマーケットのポイント

ビデオマーケット

31日間の無料お試し期間あり!
・動画配信本数180,000本以上!
・NHK作品(朝ドラや大河ドラマ)が視聴できる!
・最新ドラマの配信が豊富!
・『陸王』が視聴できる!
→見放題ではありません。

おすすめ度:★★★★✩

ビデオマーケットはドラマや映画の配信数が多く、最新ドラマの配信も早いのが特徴。ヘビーユーザーはビデオマーケットがおすすめです!

>>ビデオマーケットの無料登録はこちら

【ビデオマーケットで配信中の最新ドラマ】

  1. 陸王』(役所広司主演):2017秋ドラマ
  2. オトナ高校』(三浦春馬主演):2017秋ドラマ
  3. コウノドリ2017』(綾野剛主演):2017秋ドラマ
  4. ドクターX~外科医・大門未知子~5シリーズ』(米倉涼子主演):2017秋ドラマ
  5. 奥様は、取り扱い注意』(綾瀬はるか主演):2017秋ドラマ
  6. 明日の約束』(井上真央主演):2017秋ドラマ
  7. 監獄のお姫さま』(小泉今日子主演):2017秋ドラマ
  8. 科捜研の女17シーズン』(沢口靖子主演):2017秋ドラマ
  9. ブラックリベンジ』(木村多江主演):2017秋ドラマ
  10. この声をきみに』(竹野内豊主演):2017秋ドラマ
  11. マチ工場のオンナ』(内山理名主演):2017秋ドラマ
  12. 重要参考人探偵』(玉森裕太主演):2017秋ドラマ
  13. アシガール』(黒島結菜主演):2017秋ドラマ
  14. 植木等とのぼせもん』(山本耕史主演):2017秋ドラマ
  15. 精霊の守り人』(綾瀬はるか主演):2017秋ドラマ
  16. 今からあなたを脅迫します』(ディーン・フジオカ主演):2017秋ドラマ
  17. わろてんか』(葵わかな主演):2017下半期の朝ドラ
  18. トットちゃん!』(清野菜名主演):2017下半期に昼ドラ

など、話題の映画、過去の名作などを多数配信中!

※2017年12月10日時点の配信情報です。すでに見放題配信が終了している可能性がありますので、ビデオマーケットでご確認ください。

『陸王』第7話のあらすじ

タチバナラッセルとの取引が白紙になり、またもや窮地に立たされた宮沢(役所広司)と「こはぜ屋」。取引終了までに、新たな供給先を探さなければ「陸王」の生産はストップしてしまうと、危機感を募らせるばかりだった。アッパー素材を探すために大地(山﨑賢人)が東奔西走するのだが、やっと話を聞いてもらえる企業を見つけても、コストが見合わずうま味のないビジネスだと、取り付く島もなく断られてしまう。 茂木(竹内涼真)の期待に応えるためにも、なんとしてでも、世界一のシューズ「陸王」を完成させたい…その一心で、必死に協力してくれる企業を探す日々だったが、そんなときシルクレイ製造機にトラブルが発生!

陸王,7話

もはや絶体絶命、最大のピンチに立たされた宮沢ら「こはぜ屋」。絶望の淵に立たされた宮沢は、坂本(風間俊介)からある提案を受ける。宮沢が耳を疑うその提案とは……!?(公式ホームページから引用)

なぜ『陸王』は人を感動させるのか?

10月-12月クールの秋ドラマでトップクラスの人気と満足度を誇ると言われている『陸王』。もともと、今クールの大本命と言われてきましたが、前評判通りの評価を得ていると言って過言ではないでしょう。池井戸潤原作で、役所広司主演、山崎賢人や竹内涼真の人気キャストの抜擢、さらに秀逸なキャストが揃ったことが好調な要因であるのは間違いないでしょうが、やはり特筆すべきは「感動させるストーリー」ですよね。

ではなぜ、陸王は人を感動させるのか?それは、「人を感動に導く構成になっているから」。物語の構成を作るストーリーテリングの世界で鉄板と言われている「神話の法則」を採用しているからだと思われます。

神話の法則とは?3つの幕と12のステージ

神話の法則とは、脚本の世界のバイブルと言われています。

神話の法則とは、神話学者ジョセフ・キャンベルの『千の顔をもつ英雄』の神話研究を元に、著者クリストファー・ボグラーが、神話の構造を映画脚本に応用し体系化させた内容を記した本。

スターウォーズやドラゴンボール、ワンピースなどの人気作品はこの「神話の法則」を当てはめた構成になっていると言われています。人を感動させるストーリーには「決まった型」があったということですね。神話の法則は3つの幕(章)と12のステージからなります。

<第一幕~出立・離別~>
1.日常の世界
2.冒険への誘い
3.冒険への拒絶
4.賢者との出会い
5.第一関門突破

<第二幕~試練・通過儀礼~>
6.試練・仲間・敵対者
7.最も危険な場所への接近
8.最大の試練
9.報酬

<第三幕~帰還~>
10.帰路
11.復活
12.宝を持っての帰還

『陸王』のストーリー構成も概ね「神話の法則」を使って説明することができます。

陸王を神話の法則に当てはめると・・・

陸王を神話の法則に当てはめると、ざっとこんな感じになるでしょうか。

【陸王の内容を神話の法則に当てはめる】

<第一幕~出立・離別~>
1.日常の世界
→こはぜ屋は老舗の足袋業者だが、足袋の需要減で資金繰りに窮していた。

2.冒険への誘い
→埼玉中央銀行の坂本から新規事業の提案を受ける。

3.冒険への拒絶
→埼玉中央銀行は陸王開発に反対する。坂本は他店への転勤を命じられる。

4.賢者との出会い
→宮沢は足袋シューズの開発を思いつき、スポーツ用品店の高橋を紹介され、高橋の誘いで豊橋国際マラソンで茂木に出会い、陸王開発を決意する。

5.第一関門突破

<第二幕~試練・通過儀礼~>
6.試練・仲間・敵対者
→シルクレイの素材の特許をもつ飯山と出会い、仲間にする。

→シューフィッターの村野と出会い、仲間にする。
→無気力だった山崎賢人を陸王開発に本気にさせて、こはぜ屋の仲間にする。

→茂木に陸王を履いてもらうことに成功し、仲間にする。
7.最も危険な場所への接近
→茂木がニューイヤー駅伝で陸王を履いて成功するが、アトランティス社を本気にさせる。

8.最大の試練
→アトランティス社がこはぜ屋を潰しにかかる。←今ここ

9.報酬

<第三幕~帰還~>
10.帰路
11.復活
12.宝を持っての帰還

現在は「最大の試練」で、敵対するアトランティス社がこはぜ屋を潰すためにいろいろ仕掛けてきます。タチバナラッセルとの取引が白紙になりました。さらに、陸王のキーでもあるシルクレイ製造機にトラブルも発生します。

第7話以降のストーリー展開はこうなるはず

恐らく、第7話、第8話でこの難局を乗り切り、陸王開発が成功に動き出すでしょう(9.報酬)。第9話でこれでアトランティスに勝利できると思われたが、アトランティス社は最後に悪あがき。こはぜ屋は再びピンチに(10.帰路)

最終回で最後の試練を一丸となって乗り切り、大きな勝利をあげます。これまでの鬱憤を晴らすような華麗な大成功ですね。恐らくアトランティス社の小原や佐山は左遷されるなどの憂き目に合うはず。(11.復活)。最後のクライマックスで陸王はアトランティス社のRⅡを上回る陸上シューズの人気商品になり、こはぜ屋は売上絶好調。今までそっぽを向いていた埼玉中央銀行も擦り寄ってきて、こはぜ屋は今後も安泰。こはぜ屋メンバーや仲間の皆で喜びあっておしまい(12.宝を持っての帰還)、、、という流れでしょう。

神話の法則を当てはめてストーリーを予想してきましたが、第7話以降はアップダウンを繰り返し、最終回で大きくアップして盛り上がるというのは間違いないと思われます。本当にこうなるのか?注目です。

『陸王』第7話の感想に関する視聴者アンケート結果

『陸王』第7話の感想についての視聴者アンケートを実施しました。その声を紹介します。

今までで一番切ない1時間(30代女性)

それぞれの想いが痛いほど分かり、今までで一番切なくなる1時間でした。みんなの陸王にかける想いが強すぎるがゆえの衝突がありましたが、最後に宮沢社長が諦めずに陸王を作りたいと言うシーンは感動しました。銀行を辞め、投資会社に転職した坂本さんがこはぜ屋の買収の話を持ってきたので、次回どのような展開になるのか楽しみです。

胸を打たれた(40代女性)

寺尾聰さん演じる飯山晴之が、フェリックスという会社から、「シルクドレイ」の特許を一年6000万円で買い取ってくれると言う夢のような夢ではない現実の話を断り、こはぜ屋の宮本社長の元で陸王の再起に掛けて、そのフェリックスに電話をするシーンに感動しました。以前ならば、金が入ると思えば傾くような彼だったのですが、宮本社長と社長の息子の大地の熱意に賛同し、こはぜ屋で働くことを決意するシーンに胸を打たれました。

市民駅伝でもチームの結束を見せてくれる(30代男性)

いつの間にか自分よりも息子の大地の方が陸王開発に強い熱意を持っていたと気付いて涙する宮沢社長。そして「何やってるんだよ俺は!」と叫びながら、陸王を履いて全力疾走するシーンは良かったですね。こういう皆を引っ張ってきた人が少し弱気になった時、今度は逆に周りから元気を貰って立ち直るという展開に弱いです。次週の市民駅伝でもチームの結束を見せてくれると思います。

駆け引きの演技(40代女性)

陸王を作るのに必要な機械が壊れてしまい、もう陸王が作れなくなるという、最大のピンチが訪れた。機械の製作者寺尾聡さんが、大手に買収を持ちかけられ、また役所さんは、裏切られてしまうのか、と思ったけれど、もしかしたら役所さんを試してるのか、その駆け引きの演技に、ベテランのうまさとおもしろさがありました。

駅伝での走りをリベンジではなく、リセットだと表現した(30代女性)

今回は全体的に見ていて辛い回でした。ここにきて、まさかのシルクレイ製造機の故障とか、タイミングが悪すぎると思いました。ですが、唯一ほっこりしたのが、茂木のこはぜ屋に対する思いやりでした。一度嫌な思いをさせられたのに、陸王の宣伝のために、雑誌の取材を受けてくれたことです。駅伝での走りをリベンジではなく、リセットだと表現した台詞はとても印象的でした。

大地だけは諦めずにアッパー素材を探していた(20代女性)

社長やげんさん、顧問が陸王の製造を諦めようとしている中で、大地だけは諦めずにアッパー素材を探していたところに感動しました。また、それを知った社長がもう一度陸王にかけてみたいと言う自分自身の思いに気づかされ再び陸王を製造する決意にとても感動しました。買収の話が持ちかけられたところで終わったので、次回がとても気になります。

涙が止まらなくなった(40代男性)

シルクレイの製造機械が故障して、更なる窮地に追い込まれる宮沢を見ているとこちらも辛くなります。宮沢のリスクを避けたい、まだ製造を続けたいの思いで迷い揺らでいるのを銀行員の坂本に宮沢らしくないと言われ、悩みながら帰宅した時に大地がアッパー素材のため数多くの会社を廻っている資料が写し出されたときは涙が止まらなくなりました。大地の陸王への思いがここまで強いのには驚きました。また、大地の思いが父親の前に進み出す力になっている所に家族というのは良いものだなと思いました。

一難去ってまた一難(40代男性)

「陸王」を履いた茂木が「第62回ニューイヤー駅伝」で毛塚に勝利し、ようやく「陸王」プロジェクトが軌道に乗るかと思われた矢先に「陸王」のアッパー素材を担当していた「タチバナラッセル」に裏切られたり「シルクレイ」の製造機が壊れたりと、まさに一難去ってまた一難という内容でしたがさらに今度は「こはぜ屋」の買収という急展開。このまま「こはぜ屋」が買収されてしまうのか気になるところですが、買収先である「フェリックス」の社長役が松岡修造さんという予想外の配役で、どんなお芝居を見せてくれるのか次回が楽しみです。

大地も会社の一員なんだ(20代女性)

息子の大地が、父に言わず交渉をしにたくさんの会社を回っていた事ら、飯山さんが宮沢社長から離れずにいた事。とても感動しました。大地は自分が悪く言われながら、宮沢社長に言わず隠れて交渉しに向かいます。予想はしていましたが、大地も会社の一員なんだと改めて感じました。飯山さんは、奥さんに楽な暮らしをさせてあげたいと思いつつもこはぜやから離れられずにいました。昔の飯山さんなら、お金が第一で迷う事はなかったと思いますがこはぜやの一員になって、とても変わりました。次回も楽しみで待ちきれません。

感動(20代女性)

陸王の要であったシルクレイが壊れてしまって大打撃となったこはぜ屋。融資が受けられずに新しい機械を作れる策を練られないところで陸王を諦めるのかどうかを決断を迫られる社長。従業員の事を考えて社長諦めようとしていたところに、息子が自分の就職活動よりも新しい素材の事で奔走している事をしって泣き出すシーンがとても感動しました。

まとめ

今回は12月3日放送の『陸王』第7話の動画を視聴する方法を紹介してきました。ポイントは次の2つです。

  1. 放送から1週間以内ならTverやTBSオンデマンドで視聴できる
  2. 1週間以上経過した場合はU-NEXTやビデオマーケットなどの動画配信サービスで視聴できる


とりあえず、今すぐドラマの動画を視聴したい方は、最新ドラマの見逃し動画配信数が多いU-NEXTがおすすめです!

>>U-NEXTの無料お試し登録はこちら

 

『陸王』見逃し動画の全話配信状況!
『陸王』に関連する記事はこちら
2017秋ドラマ特集

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。