面白いッ!!『オトナ高校』の感想が絶賛され評価も高い3つの理由

オトナ高校

2017年10月14日からスタートした秋ドラマ『オトナ高校』。テレ朝で新しく新設された土曜ナイトドラマの一発目の作品であり、三浦春馬、高橋克実、竜星涼、黒木メイサら深夜帯ながらも豪華なキャストが出演することで、放送前から話題になってきました。


放送後には視聴者から「おもしろい!」、「最高!」という感想が相次ぐなど、評判は上々。なぜ『オトナ高校』はここまで評価が高いのか?そこで今回は『オトナ高校』が面白いと感想が多く、絶賛されている理由について見ていきます。

『オトナ高校』に関連する記事はこちら
 

スポンサードリンク

なぜ??『オトナ高校』がおもしろい!と感想が多く、絶賛されている3つの理由

その1.思いっきり”くだらなさ”に振り切ってる

『オトナ高校』は30歳以上の「経験のない」男女が集まれられた学校を舞台にした物語。「経験できたこと」が卒業要件であり、卒業するための心構えや知識を一から叩き込むというストーリーです。普通に考えれば、”くだらない”内容なのですが、思いっきりくだらなさに振り切っているところが気持ちいいですよね。初っ端から竜星涼が学生を完全に見下した態度で「チェリート」などのあだ名づけをしていくシーンで笑ってしまいました。

 

下ネタも多いので、このドラマが受け入れられないという方も確かに多いでしょう。その反面、強烈に面白い!と感じた方もたくさんいたはずです。それでいいのだと思います。こうした番組はコメディ要素も入れて、お涙頂戴も入れて、ラブ要素も入れて、、、という風にいろんな人にウケる要素を入れ込むとすべてが中途半端になって、誰にも刺さらないドラマになってしまいます。

誰もが受け入れられるものではないけど、一部の人に強烈に支持されるドラマ。わかる人にはわかる、まさに23時からという深夜帯にぴったりなドラマと言えるでしょう。確かに、あの内容だとゴールデンタイムでは放送できないでしょうが。

その2.三浦春馬の懐の深さ

三浦春馬といえば正統派イケメンで女性ファンもたくさんいます。あの三浦春馬がこんな役をやってしまった!というところがまさに仰天そのもの。正直、「こんな三浦春馬見たくなかった!!」と嘆いている方もいるでしょう。確かに、『わたしを離さないで』の 土井友彦、『進撃の巨人』のエレン、『永遠の0』佐伯健太郎など、三浦春馬がこれまで演じてきた役柄や、彼のイメージとは真逆の役柄ですよね。

高学歴でプライドだけが高く、話もつまらないし、言動がいちいち鼻につく”イヤな奴”です。どんなにイケメンでもあれではまったくモテないでしょう。見ていてイラッとするし、嫌悪感を抱く人もいるのではないでしょうか。

しかし、逆に言えば三浦春馬の演技が素晴らしいということの証でもあります。三浦春馬がこれまで培ってきた正統派のイメージを大きく覆すドラマになったことは間違いないでしょうし、正統派からコメディまで演じられる、幅の広さや懐の深さ。三浦春馬の新たな一面が見られる貴重なドラマになっていることも、好評な所以です。

スポンサードリンク

その3.テンポが良いので、サクッと観れる

強烈なインパクトだけが、語られる『オトナ高校』ですが、以外にもテンポが良くてリズム感のあるストーリーになっています。同じシーンをダラダラと続けるのではなく、ツボは抑えながらポンポンと次のシーンへ移っていきます。23時からという時間帯は眠くなりやすい時間でもありますが、小気味よさがあるので、飽きないし、見続けることができますよね。

土曜の夜は難しいことは考えずに、ゆるっと楽しみたい!そんな方にぴったりなドラマです。制作陣に拍手を贈りたいですね。

『オトナ高校』をもう一度見たい!!

『オトナ高校』を見逃してしまった方や、もう一度最初から見てみたい方は、見逃し動画が配信されていますよ!詳しくは下をCheck!!

>>『オトナ高校』見逃し動画を無料で視聴する方法&再放送日程【第1話から最終回まで】

 

最後に

このドラマの内容だと高視聴率は望めないでしょう。でも、その振り切った姿勢とチャレンジ精神は素晴らしいと言わざるを得ません。最後まで絶対に見逃したくないですよね。

『オトナ高校』に関連する記事はこちら
2017秋ドラマ特集

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。