映画『蜜蜂と遠雷』ロケ地&撮影場所まとめ!【松岡茉優&松坂桃李出演】

蜜蜂と遠雷
2019年10月4日(金)公開の映画『蜜蜂と遠雷』。恩田陸の小説を原作に、松岡茉優や松坂桃李、森崎ウィン、鈴鹿央士らが出演することで話題になっています。そこで今回は映画『蜜蜂と遠雷』の舞台となるロケ地やその他の撮影場所、気になるキャストやあらすじ、物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

映画『蜂蜜と遠雷』のあらすじ&原作

あらすじ

3年に一度開催され、若手ピアニストの登竜門として注目される芳ヶ江国際ピアノコンクール。かつて天才少女と言われ、その将来を嘱望されるも、7年前、母親の死をきっかけに表舞台から消えていた栄伝亜夜は、再起をかけ、自分の音を探しに、コンクールに挑む。

そしてそこで、3人のコンテスタントと出会う。岩手の楽器店で働くかたわら、夢を諦めず、“生活者の音楽”を掲げ、年齢制限ギリギリで最後のコンクールに挑むサラリーマン奏者、高島明石。幼少の頃、亜夜と共にピアノを学び、いまは名門ジュリアード音楽院に在学し、人気実力を兼ね備えた優勝大本命のマサル・カルロス・レヴィ・アナトール。

そして、今は亡き“ピアノの神様”の推薦状を持ち、突如として現れた謎の少年、風間塵。国際コンクールの熾烈な戦いを通し、ライバルたちと互いに刺激し合う中で、亜夜は、かつての自分の音楽と向き合うことになる。果たして亜夜は、まだ音楽の神様に愛されているのか。そして、最後に勝つのは誰か?(公式ホームページから引用)

原作は恩田陸の小説

映画の原作は恩田陸の同名小説。「直木賞」と「本屋大賞2017」のW受賞という史上初の快挙を成し遂げた傑作です。今回の映画化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

✓「蜜蜂と遠雷」(上)

✓「蜜蜂と遠雷」(下)

映画『蜂蜜と遠雷』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

栄伝亜夜/松岡茉優

高島明石/松坂桃李

マサル・カルロス・レヴィ・アナトール/森崎ウィン

風間塵/鈴鹿央士

高島満智子/臼田あさ美

仁科雅美/ブルゾンちえみ

ジェニファ・チャン/福島リラ

ピアノ職人の男/眞島秀和

コンクール会場のクローク/片桐はいり

菱沼忠明/光石研

田久保寛/平田満

ナサニエル・シルヴァーバーグ/アンジェイ・ヒラ

峨三枝子/斉藤由貴

小野寺昌幸/鹿賀丈史

スタッフ情報

監督・脚本/石川慶

代表作に映画『愚行録』、ドラマ『イノセント・デイズ』など

スポンサードリンク

映画『蜂蜜と遠雷』ロケ地&撮影場所まとめ

『蜂蜜と遠雷』は2018年10月22日から12月11日にかけて埼玉県入間市の武蔵野音楽大学をメイン舞台に、ほかにも栃木県佐野市、神奈川県横浜市などで撮影が行われました。

コンサート会場は武蔵野音楽大学 バッハザール

武蔵野音楽大学バッハザール

埼玉県入間市にある武蔵野音楽大学のバッハザール。音楽演奏会が開かれる大規模ホールとして知られています。映画やドラマのロケ地にも使われており、最近では山﨑賢人主演の映画『羊と鋼の森』、織田裕二やディーンフジオカ、土屋太鳳が出演したドラマ『IQ246』の撮影地になりました。

ここがメインのコンサートシーンの撮影場所になったと公式のプロダクションノートで発表されています。

武蔵野音楽大学入間キャンパスの住所:

 

佐野市文化会館(未確定)

佐野市文化会館

栃木県佐野市にある佐野市文化会館。ここも大きなホールが有ることで知られています。11月19日に佐野市でエキストラの募集がありました。このことから佐野市文化会館がロケ地になったと思われます。こちらはまだ未確定です。

佐野市文化会館の住所:

 

東京都江東区で松坂桃李が撮影

詳細の場所は不明ですが、12月3日に松坂桃李が東京都江東区で撮影をしていたという目撃情報がありました。

この他のロケ地が判明したら更新します。

【2019秋ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。