映画『セブンティーン、北杜 夏』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじまとめ!

2017年6月4日公開の映画『セブンティーン、北杜 夏』。美しい自然あふれる山梨県北杜市が舞台で、堀晴菜や太田唯らが出演することで注目されています。

そこで今回は映画『セブンティーン、北杜 夏』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

映画『セブンティーン、北杜 夏』のあらすじ

セブンティーン

恋に恋する女子高生・川口彩未17歳(堀春菜)。地元の湧水を使った豆腐屋の一人娘。高校では弓道部に所属するがなかなか上達しない。そんな彩未にどうしても豆腐を配達してほしいとの依頼が届く。地域を潤す湧水『太郎水』を持つ日本酒の蔵元からだった。しぶしぶ配達に出かけたが、蔵元の主(寺田農)が倒れ救急搬送されていた。


その時、彩未に豆腐の代金とともに1通の封書が渡された。名水を受け継ぐ妻子がいない蔵元からの≪遺言書≫だった。しかし、水源の所有をめぐっては既に蔵元の後継社長が密かに海外資本との開発計画を進めていた。水源の相続争いに巻き込まれた彩未に一人のある男が近づく。そして恋心が!? 世界に誇る水の山「北杜市」を舞台に女子高生の思いが揺れる青春ドラマ。
(公式ホームページから引用)

この映画の見どころは何と言っても北斗市の美しい自然を背景にキラキラとした青春時代が描かれているところですね。過ぎ去ってみればすべてが輝いていたと思える”あの頃”を思い出させるノスタルジックな世界観になるのではないでしょうか。

また、北斗市に住んでいる方、住んでいたことがある方は自分の知っている景色が数多く登場するはずなので、見逃せいない映画になりそうですね。

 

スポンサードリンク

 

映画『セブンティーン、北杜 夏』のキャスト

セブンティーン

川口彩未(17歳)/堀春菜

藤本源気(30歳)/本間淳志

川口千恵子(72歳)/角替和枝

角替和枝出演の映画『トマトのしずく』ロケ地まとめ

角替和枝出演のドラマ『稲垣家の喪主』撮影場所まとめ

川口結花(46歳)/大寶智子

岡本茉莉(17歳)/太田唯

鈴木治(45歳)/斎藤歩

斎藤歩出演のドラマ『さすらい署長風間昭平スペシャルほくと函館湾殺人事件』撮影場所まとめ

植田美夏(30歳)/関めぐみ

金山(56歳)/森羅万象

杉田昭三(75歳)/寺田農

寺田農出演のドラマ『検事の本懐』撮影場所まとめ

寺田農出演のドラマ『コピーフェイス』撮影場所まとめ

寺田農出演のドラマ『科捜研の女2017正月スペシャル』撮影場所まとめ

寺田農出演のドラマ『探偵少女アリサの事件簿』撮影場所まとめ

 

次ページ  『セブンティーン、北杜 夏』ロケ地まとめ

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。