『1942年のプレイボール』ロケ地&野球場の撮影場所、キャスト、あらすじまとめ!

スポンサードリンク

ドラマ『1942年のプレイボール』ロケ地&撮影場所まとめ

舞台は名古屋

名古屋

『1942年のプレイボール』は波瑠主演の『おかむす』と同じくNHK名古屋放送局により制作されています。そのため、名古屋が舞台の物語。2017年の5月下旬から6月下旬にかけて名古屋市内などで撮影が行われました。

実際、この時期に名古屋で勝地涼や忽那汐里らが名古屋市内にいる姿が目撃されています。

時代ものなのでNHKのスタジオセットでの撮影が多くなると思われますが、外部でのロケも行われたようですね。

 

スポンサードリンク

 

野球場のロケ地は半田市営球場

半田球場

知多半島にある愛知県半田市の半田市営球場。かつては高校野球やアマチュア野球の公式戦が行われていた球場として知られています。『1942年のプレイボール』はやはり野球の試合をしているシーンが一つの見せ場になるはず。野球の試合のシーンはこの半田球場が撮影場所になったと考えられます。

実際、6月2日に太賀や勝地涼らが撮影をしているという目撃情報がありました。

半田球場の住所:

この他にも新たなロケ地や目撃情報が出たら、追加します。

 

最後に

素晴らしい脚本と素晴らしいキャストが揃った『1942年のプレイボール』。NHKらしい重厚で見応えのあるストーリー展開を期待したいですね。

関連記事:8月12日(土)21時から放送!『返還交渉人-いつか、沖縄を取り戻す』

2017夏ドラマ特集

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。