『お母さん、娘をやめていいですか?』ロケ地&撮影場所、キャストまとめ!

2017年1月13日からNHKで放送のドラマ『お母さん、娘をやめていいですか?』。波瑠、柳楽優弥、麻生祐未、壇蜜、斉藤由貴ら豪華キャストが多数出演することで注目されています。

そこで今回はドラマ『お母さん、娘をやめていいですか?』のロケ地となる撮影場所、目撃情報やエキストラ募集情報、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

ドラマ『お母さん、娘をやめていいですか?』のあらすじ

娘、早瀬美月(波瑠)25歳。母、早瀬顕子(斉藤由貴)50歳。美月の中学受験や大学受験、就職の時もいつも二人三脚で頑張ってきた。美月は完璧な母のサポートで順調に育ち、今は女子高の英語教師となり、母であり一番の親友である顕子を全面的に信頼していた。二人はまるで恋人同士のように仲の良い母娘だった。この母娘の密着を父、浩司(寺脇康文)は気にかけていたものの、仕事一筋で二人の関係に踏み込むことができないでいた。

そんなとき、新築中の早瀬家を担当する住宅メーカーの松島(柳楽優弥)が、不思議な人懐っこさで二人と親しくなる。顕子は彼を気に入り、美月とつきあうように背中を押すが、美月は松島と会うことで、自分が無意識に母親の顔色を見て生きてきたことを自覚していく。顕子は娘が次第に変わり、自分から離れて行くことに動揺し、自分の一番大切なものを奪われたくない、と次第に心の奥の危険なスイッチが入っていく。そして、ついに松島を誘惑してしまう―(公式ホームページから引用)

いつの時代も非常に強い結びつきがある母と娘。母にとっては娘に早く幸せになってほしいと願う気持ちがある反面、いつまでも自分のカゴの中にいてほしいという想いもあるのでしょう。

この物語は母と娘と一人の男という”三角関係”と、母と娘の泥沼の戦いを描いたサスペンスホームドラマ、ということで、NHKらしい骨太のストーリーが期待できそうですね。

 

スポンサードリンク

 

ドラマ『お母さん、娘をやめていいですか?』のキャスト


早瀬美月/波瑠 
25歳の女子校教師。母を信頼していたが次第に離れていく。

▷▷【最新】波瑠の髪型オーダー&セット方法のポイントを徹底解説!

早瀬顕子/斉藤由貴 娘を溺愛する50歳。離れていく娘を止めるためにあらゆる手をつくす。

斉藤由貴出演のドラマ『かもしれない女優たち2016』撮影場所まとめ

早瀬浩司/寺脇康文 母と娘の密着を気にしていたが止められない。

寺脇康文、麻生祐未出演のドラマ『信濃のコロンボ3』撮影場所まとめ

松島/柳楽優弥 住宅メーカー。母と娘の戦いに巻き込まれていく。

柳楽優弥出演の実写映画『銀魂』ロケ地まとめ

柳楽優弥出演の大河ドラマ『おんな城主直虎』撮影場所まとめ

壇蜜

壇蜜出演のドラマ『精霊の守り人』撮影場所まとめ

石井杏奈

石井杏奈出演の映画『四月は君の嘘』ロケ地まとめ

麻生祐未

麻生祐未出演の映画『疾風ロンド』ロケ地まとめ

麻生祐未出演の映画『キセキ-あの日のソビト-』ロケ地まとめ

麻生祐未出演のドラマ『望郷』撮影場所まとめ

大空眞弓

 

次ページ ロケ地&撮影場所まとめ

下の数字でページを切り替えできます。

スポンサードリンク