『バカボンのパパよりバカなパパ』ロケ地&撮影場所まとめ!

バカボンのパパよりバカなパパ

2018年6月30日(土)19時30分から放送スタートの夏ドラマ『バカボンのパパよりバカなパパ』(第2話から最終回の第5話は20時15分から放送)。玉山鉄二、比嘉愛未、長谷川京子、森川葵ら豪華キャストが出演することで話題になっています。

そこで今回は『バカボンのパパよりバカなパパ』の舞台となる撮影場所のロケ地や出演者の目撃情報について紹介していきます。

スポンサードリンク

バカボンのパパよりバカなパパに関連する記事はこちら↓↓

『バカボンのパパよりバカなパパ』ロケ地&撮影場所まとめ

このドラマは2018年4月2日から5月中旬まで撮影が行われました。すでに撮影は終了しています。

菅親水広場

菅親水広場

神奈川県川崎市多摩区にある菅親水広場。京王相模原線京王稲田堤駅から徒歩数分の場所にあります。4月23日にここで玉山鉄二が撮影をしていたという目撃情報がありました。

比嘉愛未もインスタで撮影シーンをアップしていたので、比嘉愛未もこの現場にいたと思われます。

菅親水広場の住所:

 

東生田・向ヶ丘遊園駅近くの五反田川放水路前の路上

向ヶ丘遊園

小田急小田原線向ヶ丘遊園駅から徒歩数分を流れる五反田川放水路前の路上で5月1日に森川葵らがロケをしていたという目撃情報がありました。

具体的な撮影地は向ヶ丘遊園駅の近くにある整体サロンSUNRISE前だったようですね。

整体サロンSUNRISEの住所:

 

あらかわ遊園

あらかわ遊園

東京都荒川区にあるあらかわ遊園。隅田川沿いにある遊園地として知られています。第1話で玉木宏や森川葵らが来た遊園地はあらかわ遊園がロケ地になりました。

あらかわ遊園の住所:

この他、予告動画で森川葵、長谷川京子、比嘉愛未が玉山鉄二に「パパのバーカ!」と叫んでいた海岸などが登場していましたが、具体的なロケ地はわかっていません。

調査中のロケ地やその他の撮影場所がわかったら更新します。

ご存知の方がいたら、下のコメント欄で教えていただけると、ありがたいです!

『バカボンのパパよりバカなパパ』を見逃してしまった、もう一度最初から観たい方へ

楽しみにしていた『バカボンのパパよりバカなパパ』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度最初から観たい方は、見逃し動画で視聴できますよ!詳しくは下をCheck↓↓

バカボンのパパよりバカなパパ

『バカボンのパパよりバカなパパ』見逃し動画&再放送日程!【1話から最終回まで】玉山鉄二主演ドラマ!

2018年6月30日

最後に

全5話と放送回は短めですが、その分1話1話が濃い内容になっていそうですね。キャストも豪華なので絶対に見逃したくない!という方も多いのではないでしょうか。

バカボンのパパよりバカなパパに関連する記事はこちら↓↓

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

2 件のコメント

  • 中井&中落合地区でのロケ地、第1回放送内で気がついたのは、5の坂の途中の東側に階段の小径がある地点@中井2丁目、1の坂の途中の元医院のお宅@中井2丁目、の2箇所です。もちろん、現フジオプロの建物@中落合1丁目もでてきましたね。

  • 赤塚りえ子さんがイギリスへ旅立つために自宅(中井2-11-14の元医院のお宅)からタクシーに乗るシーン、タクシーは坂(一の坂)の上に向かいましたが、実はこの道路、この箇所では坂の下へ向かう一方通行です。ロケのタクシーは逆走ですね。
    続いてタクシーの中のシーン、車外の風景は目白学園から東へ向かう「坂上通り」中落合4-30-1から中落合4-21-1付近です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。