【脳にスマホが埋められたの感想】面白い!と絶賛評価が多い理由

2017年7月6日から日本テレビ系列で放送がスタートした夏ドラマ『脳にスマホが埋められた!』。木曜の深夜帯の放送ながらも人気放送作家の鈴木おさむ氏が企画、伊藤淳史や新川優愛、篠田麻里子らが出演することで話題になってきました。

実際、視聴者からは「おもしろい!」と絶賛する感想が相次いでいます。なぜこれほどまでに評判が良いのか?そこで今回は『脳にスマホが埋められた!』が面白い!と評価が高い理由について見ていきます。

『脳にスマホが埋められた!』に関連する記事はこちら

スポンサードリンク

なぜ?『脳にスマホが埋められた!』がおもしろいと感想が多く絶賛評価を連発する理由

その1.伊藤淳史の味のある演技が凄い!

このドラマはアパレル会社に勤める折茂圭太の脳にスマホが埋められてしまったため、他人のスマホの中身が見えてしまうことから、様々なトラブルに巻き込まれたり、逆にトラブルを解決するという異色の設定が魅力のドラマです。

主人公は他人のラインメッセージや通販の履歴などが垣間見えてしまうので、オロオロしたり、自分に対する誹謗が見えたりするのですが、それを演じる伊藤淳史の演技がさすがと言わざるを得ませんね。

正直言えば”ダサい役柄”でもあるんですが、それを躊躇せずに伊藤淳史が演じているので、リアリティがあるし、まるで自分ごとのような気にさせます。動作や表情も細かく演じているので、コメディタッチのストーリーをより面白くさせていますよね。

伊藤淳史はいろんな役柄を演じていますが、こうした”ヘタレキャラ”が一番のハマり役です。

スポンサードリンク

その2.新川優愛が可愛いし、演技も上手くなっている

もともと『Seventeen』の専属モデルだった新川優愛。圧倒的な美貌で人気でしたが、これまでは”モデルあがりの女優”というイメージが強く、演技の方はあまり注目されてきませんでした。男性陣からすれば演技はいいから、とにかく可愛い新川優愛が観られればOKという方もいたかもしれません。

しかし、今回はその美貌はさることながら、演技力にも磨きがかかっているという印象を与えました。スマホが埋められてオロオロと戸惑っている折茂圭太(伊藤淳史)のグイグイ引っ張っていく石野柳子役を見事に演じきっています。お人好しの男のお尻を叩くような、強気の女性になりきっていますよね。


可愛いだけじゃない、新川優愛。このドラマでは彼女の成長が面白さを後押ししていると言っても過言ではありません。すごく安定感が出てきました。

 

最後に

読売テレビ/日本テレビ系列の木曜深夜ドラマは前作の『恋がヘタでも生きてます』や『黒い十人の女』など、深夜帯ながらも面白くて見応えのある作品が多いですよね。今回の『脳にスマホが埋められた!』も過去のドラマと同じように高評価が続きそうです。

『脳にスマホが埋められた!』に関連する記事はこちら

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ツタヤ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。