ドラマ『黒い十人の女』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじまとめ!

2016年9月29日スタートの秋ドラマ『黒い十人の女』。1961年の映画作品が2002年にもドラマ化され、2016年に再びドラマ化されたことで注目されています。

そこで今回はドラマ『黒い十人の女』のロケ地となる撮影場所、エキストラ募集情報、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

▷▷次クール 木曜24時の日テレ冬ドラマは『増山超能力師事務所』

田中直樹、浅香航大、中村ゆりら出演の『増山超能力師事務所』キャスト、ロケ地はこちら!

スポンサードリンク

ドラマ『黒い十人の女』のあらすじ

テレビプロデューサーの風松吉は、美しい妻・双葉がいながら、多くの女と浮気していた。妻と愛人たちはお互いの存在をそれとなく知っており、松吉が浮気者であるという事も重々承知しているものの、なぜか松吉から離れられないでいた。

あるとき妻と舞台女優で愛人の市子とで松吉を殺す計画が持ち上がる。それは計画を立てることで松吉への鬱憤を晴らすための架空の計画であったのだが、気の小さい松吉は、愛人たちが自分を殺そうとしていると思いこみ、妻に相談する。妻はあっさり計画を認めた上で、二人で愛人を一掃するために、愛人を集めて松吉を糾弾する会を開き、その席上でピストルで松吉を殺したように見せかけるという狂言殺人を行うことにする。

計画は図にあたり、愛人たちは妻に罪を着せたつもりで逃げ出すが、印刷会社を経営している三輪子は後を追って自殺する。松吉を死んだことにしておくため妻は松吉を部屋に隠すが、そのうちその存在を疎ましく思うようになり、狂言殺人であることを明かし愛人たちから糾弾される。妻は松吉と離婚し、市子が舞台女優を辞めて松吉を引き受けることになり、市子は愛人と元妻から祝福の花束を受け取って自動車を運転しつつ夜の闇の中に去っていく。(wikipediaから引用)

味を占めるとなかなかやめられないのが不倫というもの。制度的にも社会的にもタブーであるからこそ、逆に甘すぎる蜜の味となり得るのでしょう。

このドラマは不倫という禁断の愛をコミカルタッチに描く物語。それだけでなく、そこに渦まく女たちの本音・情念・嫉妬心をあぶり出します。また、みっともないほどに追い詰められる”情けない男”が笑いを誘います。


深夜ドラマでしか描けない果てしなくドロドロとした展開と、疲れのピークに達している木曜の夜にちょっとした笑いで元気が出るようなストーリーを期待したいですね。

 

スポンサードリンク

 

ドラマ『黒い十人の女』のキャスト

風松吉/船越英一郎 妻がいるドラマのプロデューサー。

船越英一郎出演の映画『デスノート2016』ロケ地まとめ

神田久未/成海璃子 テレビ局受付。風松吉と不倫関係にある。

成海璃子出演の映画『古都』ロケ地まとめ

成海璃子出演のドラマ『リテイク』撮影場所まとめ

相葉志乃/トリンドル玲奈 若手女優。ドラマ制作で風松吉と関わる。

弥上美羽/佐藤仁美 風松吉の部下。

如野佳代/水野美紀 舞台女優。

水野美紀出演のドラマ『望郷』撮影場所まとめ

水野美紀出演の映画『トマトのしずく』ロケ地まとめ

文坂彩乃/佐野ひなこ 久未の友人。

皐山夏希/MEGUMI 脚本家。ドラマ制作で風松吉と関わる。

MEGUMI出演の映画『巫女っちゃけん』ロケ地まとめ

追加のキャストは随時更新していきます。

 

次ページ ドラマ『黒い十人の女』ロケ地まとめ

下の数字でページを切り替えできます。

スポンサードリンク