『セシルのもくろみ』ロケ地&北春日部の撮影場所、エキストラ募集情報まとめ!

2017年7月13日からフジテレビ系列で放送される夏ドラマ『セシルのもくろみ』。真木よう子、吉瀬美智子、伊東歩、板谷由夏、長谷川京子らが出演するファッション雑誌業界が舞台の物語として話題になっています。

そこで今回は夏ドラマ『セシルのもくろみ』のロケ地となる撮影場所、エキストラ募集情報について紹介していきます。

2017夏ドラマ特集

スポンサードリンク

『セシルのもくろみ』キャスト、あらすじ、原作、相関図、主題歌まとめ

ドラマの出演者や人物相関図、スタッフ情報、物語のあらすじや原作を知りたい方は下をCheck!

>>『セシルのもくろみ』キャスト、あらすじ、原作、相関図、主題歌はこちら

 

『セシルのもくろみ』のロケ地&撮影場所まとめ

宮地奈央(真木よう子)が住む街の舞台は北春日部

セシルのもくろみ

埼玉県の南東部にある春日部市。千葉県の県境にあり、春日部インターチェンジのイメージが強い方もいるでしょう。春日部市内にある北春日部は春日部市の北部にあり、都心部から電車で1時間程度、ゴチャゴチャしておらず、子育てにはちょうどよい”少し田舎の住宅街”とも呼べる場所です。

ここが主人公の宮地奈央(真木よう子)が住む街の舞台になっています。奈央は金型エンジニアの夫と息子の3人家族の主婦として暮らしています。いわば”普通の主婦”がどうやってモデルの世界でのし上がっていくのか?注目ですね。

埼玉県春日部市

 

北春日部駅

北春日部駅

東武スカイツリーライン北春日部駅。春日部駅の隣りにある駅として知られています。北春日部駅で6月9日に真木よう子が撮影をしていたという目撃情報がありました。

ここは真木よう子らが住む家の最寄り駅のロケ地でした。第1話の冒頭で伊藤歩が降りた駅が北春日部駅でしたね。

北春日部駅の住所:

 

スポンサードリンク

 

惣菜屋のロケ地は武里駅前の空き店舗

東武スカイツリーライン武里駅西口の駅前にある居酒屋「さが野」の向かいにある空き店舗。ここは真木よう子が働く惣菜屋のロケ地になりました。実際、6月11日に真木よう子が撮影をしていたという目撃情報がありました。

空き店舗の住所:

 

 

春日部大沼グランド(大沼公園)

春日部大沼グランド

東武野田線春日部駅から徒歩20分、東武スカイツリーライン一ノ割駅から徒歩15分の場所にある春日部大沼グランド。公園や陸上競技場、野球場やテニスコートなどがある総合公園として知られています。6月9日にここで真木よう子と金子ノブアキがロケをしていたようです。目撃情報がありました。

ここは第1話の予告で登場した真木よう子が体内年齢を改善するために、運動を始めたシーンの撮影地でしょ。

春日部大沼グランドの住所:

 

次ページ 『セシルのもくろみ』ロケ地の続き、エキストラ募集情報

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。