ドラマ『花嵐の剣士』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじまとめ!

2017年1月14日にBSプレミアムで放送されるスペシャルドラマ 『花嵐の剣士~幕末を生きた女剣士・中澤琴~』。黒木メイサ、筒井道隆、袴田吉彦、西村雅彦ら豪華キャストでおくる時代劇で注目されています。

そこで今回はドラマ『花嵐の剣士』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

ドラマ『花嵐の剣士』のあらすじ

-激動の幕末-男顔負けの剣の腕を持ち、剣の道を究めようとした女性の剣豪が実在した。土方歳三、清河八郎など、幕末を彩るスーパースターたちとともに幕末の世を駆け抜けた美しい男装の女剣士、“中沢琴”。


文久三年 京都。ある日、町人を脅す不逞浪士の前に美しい剣士が立ちはだかる。その剣士こそ、法神流の使い手で男装の女剣士・中澤琴(黒木メイサ)だった。琴は、兄 貞祇(筒井道隆)と、上洛する将軍家茂警護のための浪士組に加わっていた。いさかいが起き、まさに琴が抜刀しようとした矢先、一発の銃声が止める。琴の腕前を見抜いた坂本龍馬(加藤雅也)だった。

そして、剣の道を志す琴にある言葉をかけたのだった・・・。江戸に戻った琴や貞祇ら浪士組は、<新徴組>となり江戸市中警護の任につく。時を同じくし、琴は密通していた夜鷹・儚(青山倫子)を追跡、その先にいた首謀者・相馬要蔵(袴田吉彦)と刀を合わせ・・・。(公式ホームページから引用)

男性が活躍し女性は男性を支える、そんな幕末の世でひときわ名を馳せた中澤琴の活躍を描く物語。黒木メイサの”かっこ美しい”イメージがこの役柄にぴったりな印象を受けますね。

撮影にあたり、黒木メイサが2ヶ月間もの間特訓をした“法神流”の動きがどのように表現されるのか、注目したいと思います。

 

ドラマ『花嵐の剣士』のキャスト

中澤琴/黒木メイサ

黒木メイサ出演のドラマ『拝啓、民泊様』撮影場所まとめ

黒木メイサ出演の『世にも奇妙な物語』撮影場所まとめ

中澤貞祇/筒井道隆

筒井道隆出演の映画『聖の青春』ロケ地まとめ

筒井道隆出演のドラマ『リテイク』撮影場所まとめ

坂本龍馬/加藤雅也

加藤雅也出演の映画『真田十勇士』ロケ地まとめ

儚/青山倫子

相馬要蔵/袴田吉彦

/田中美里

/吉沢悠

吉沢悠出演の映画『サクラダリセット』ロケ地まとめ

吉沢悠出演の映画『トマトのしずく』ロケ地まとめ

/池内万作

/宅間孝行

/波岡一喜

波岡一喜出演のドラマ『赤かぶ検事奮戦記6』撮影場所まとめ

/西村雅彦

西村雅彦出演のドラマ『巨悪は眠らせない』撮影場所まとめ

 

スポンサードリンク

 

ドラマ『花嵐の剣士』のロケ地&撮影場所

撮影期間は2016年7月後半から8月後半頃まで行われました。時代劇のドラマであるため、当然ながら撮影場所も時代を感じさせる場所になりました。

観福寺

観福寺

千葉県北東部の香取市にある観福寺。春は桜、秋は紅葉がキレイに見える場所として知られています。7月20日にここで黒木メイサが撮影をしていたという目撃情報がありました。

撮影時期やロケーション的に『花嵐の剣士』のロケだったと言っていいでしょう。

ちなみに観福寺は綾瀬はるか主演の大河ドラマ『八重の桜』のロケ地になっています。

観福寺の住所:千葉県香取市牧野1752

 

会津武家屋敷

会津若町市街の北西部にある会津武家屋敷。鶴ヶ城に比較的近い場所にあります。ここには会津藩の家老であった西郷頼母邸や重要文化財、歴史的な資料が展示されています。

8月3日と22日にここで黒木メイサが撮影をしているという目撃情報がありました。

会津武家屋敷の住所:福島県会津若松市東山町大字石山院内1

<福島県で撮影された作品>

ガッキー、岡田将生ら出演のドラマ『絆~走れ奇跡の子馬~』ロケ地まとめ!

松山ケンイチ、東出昌大ら出演の映画『聖の青春』ロケ地まとめ!

尾野真千子、長谷川博己ら出演のドラマ『夏目漱石の妻』撮影場所まとめ!

リリー・フランキー、佐々木希、水川あさみら出演の映画『一茶』ロケ地まとめ!

 

最後に

男装の女剣士であったが故に歴史的にはあまり知られていない中澤琴。黒木メイサのかっこいいアクションをきっかけに、認知度があがることを期待したいですね。

スポンサードリンク