朝ドラ『半分、青い。』ロケ地&岐阜と東京の撮影場所、エキストラ募集情報まとめ!

半分、青い。

2018年4月からNHKの連続テレビ小説として放送される朝ドラ『半分、青い。』。『ロングバケーション』や『オレンジデイズ』、『新しい靴を買わなくちゃ』などを手がけた北川悦吏子氏脚本作品で、永野芽郁、佐藤健、松雪泰子ら豪華キャストが出演することで話題になっています。

そこで今回は朝ドラ『半分、青い。』の舞台となる岐阜県と東京都の撮影場所のロケ地、エキストラ募集情報について紹介していきます。

『半分、青い。』に関連する記事はこちら
【2018春ドラマ特集】

スポンサードリンク

朝ドラ『半分、青い。』ロケ地&撮影場所まとめ【故郷・岐阜篇】

『半分、青い。』の故郷篇の撮影は2017年11月から岐阜県で撮影が行われています。

故郷篇の町の舞台は岐阜県恵那市岩村町

岩村町

岐阜県の東部、恵那市岩村町。戦国時代に織田信長が武田信玄との攻防におけるキーとした岩村城跡がある城下町として知られています。この岩村町には江戸時代の様式を残す木村邸や柴田家、勝川家など、昔ながらの建物が広がっており、市の指定文化財にしているされている岩村藩鉄砲鍛冶加納家などもある風情溢れる町並みです。

どうやらこの岩村町が『半分、青い。』の故郷篇で永野芽郁や佐藤健らが暮らす町の舞台になっているようです。11月9日頃から岩村町に朝ドラのセットが作られており、永野芽郁や佐藤健を目撃したという目撃情報が相次いでいます。

上の写真で一番手前にに写っている建物の場所は岩村町の桝形の近くにある京屋家具店でした。京屋家具店から勝川家や木村邸に続く、通りがメイン舞台の町の撮影地と思われます。

京屋家具店の住所:岐阜県恵那市岩村町

 

岐阜県立土岐商業高校

土岐商

ここは永野芽郁や佐藤健が通う学校のロケ地になっている可能性が高いと思われます。

 

スポンサードリンク

 

朝ドラ『半分、青い。』ロケ地&撮影場所まとめ【東京篇】

東京篇のロケ地はまだわかっていません。撮影が情報が入り次第、更新します。

この他のロケ地や目撃情報が出たら、随時追加していきます。

エキストラ募集情報

岐阜県恵那市でエキストラ募集

岐阜県恵那市でエキストラ募集情報がありましたが、9月30日までの応募ということですでに終了しています。

最後に

今回は岐阜と東京が舞台になるので、地元の方はとくに嬉しいのではないでしょうか。キャストも永野芽郁、佐藤健、松雪泰子、滝藤賢一、中村雅俊、風吹ジュン、原田知世、谷原章介、余貴美子、矢本悠馬ら豪華キャストが出演するので、かなり期待度も高い朝ドラになりそうですね。

『半分、青い。』に関連する記事はこちら
【2018春ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。