『心の傷を癒すということ』ロケ地まとめ!神戸や大阪・茨木など

心の傷を癒すということ
2020年1月18日(土)21時からNHKで放送総スタートの冬ドラマ『心の傷を癒すということ』。阪神淡路大震災をテーマに、柄本祐、尾野真千子、濱田岳らが出演することで注目されています。そこで今回は『心の傷を癒すということ』の舞台となるロケ地やその他の撮影場所について紹介していきます。

スポンサードリンク

『心の傷を癒すということ』ロケ地&撮影場所まとめ

『心の傷を癒すということ』は2019年10月から12月にかけて撮影が行われたようですね。

神戸大学 六甲台本館

神戸大学 六甲台本館

阪急神戸線六甲駅から車で数分の場所にある神戸大学 六甲台本館。歴史を感じさせる西洋風の建物が見事ですよね。ここが大学の授業シーンのロケ地になったと発表がありました。

神戸大学 六甲台本館の住所:兵庫県神戸市灘区六甲台町2-1

パルシネマしんこうえん

パルシネマしんこうえん パルシネマしんこうえん

パルシネマしんこうえん。昭和レトロな映画館として知られています。ここでも撮影が行われたと発表がありました。

パルシネマしんこうえんの住所:

茨木市立太田中学校

太田中学校

大阪の北部、茨木市にある茨木市立太田中学校。ここが『心の傷を癒すということ』の撮影場所になったと茨木市役所が発表しています。

茨木市立太田中学校の住所:大阪府茨木市花園1-6-10

スポンサードリンク

茨木市の三島公園

三島公園

JR総持寺駅から徒歩5分ほどの場所にある三島公園。ここも撮影地になったと茨木市役所が発表していました。

三島公園の住所:大阪府茨木市三島町3-3

新たなロケ地が判明したら更新します。

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。