『白い巨塔』キャスト、あらすじ、原作!【岡田准一、松山ケンイチ、沢尻エリカ出演ドラマ】

白い巨塔
2019年5月22日(水)21時から5月26日(日)まで5夜連続、テレビ朝日系で放送されるスペシャルドラマ『白い巨塔』。山﨑豊子の小説を原作に、岡田准一、松山ケンイチ、沢尻エリカ、寺尾聰らが出演することで話題になっています。そこで今回は『白い巨塔』のキャストや登場人物の詳細、脚本などのスタッフ情報、気になるあらすじや物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

『白い巨塔』に関連する記事はこちら↓↓

『白い巨塔』各話のあらすじ&原作

第1夜のあらすじ(5月22日放送分)

腹腔鏡手術のスペシャリストとして医学界に名を馳せる、浪速大学医学部第一外科・准教授の財前五郎(岡田准一)。逞しい体と精悍な顔つきに加え気さくな人柄は、付属大学の学生や医局員たちに慕われ、浪速大学のスター准教授として君臨していた。

白い巨塔,1話

ある夜、浪速大学・滝村名誉教授(小林稔侍)の喜寿を祝うパーティの最中、“スペ患”である近畿新聞会長・山田音市(本田博太郎)の容態が急変。 膵がんを患う山田は、執刀医に財前を指名する。本来、山田は第一外科・東貞蔵教授(寺尾聰)の“スペ患”。上司である東を差し置いて自分が執刀するわけには…と躊躇いを見せる財前だったが、心の中では期せずして舞い込んだチャンスにほくそ笑んでいた。

白い巨塔,1話

手術は無事成功し、財前には山田から高級ワインと数百万の現金が贈られる。財前によって自分の“スペ患”が救われたことに、表面上では平静を装いながらも、東はその事実を苦々しく受け止めているのだった…。

白い巨塔,1話

そんな中、浪速大学医学部では東の退官に伴う教授選挙が近づいていた。「君を次期教授に推薦しようと思う」――そう、恩着せがましく財前に囁く東だったが、その実、腹の内では財前ではない人物を、と考え始めていた。

白い巨塔,1話

その矢先、同期である第一内科・准教授の里見脩二(松山ケンイチ)から胃がん再発患者のカルテを見せられる。財前の診断では、原発巣は胃ではなく膵臓。再発は誤診断である、と指摘するが、その診断を下したのが、浪速大学医学部長の鵜飼裕次(松重豊)だとわかった途端、翻意する!教授選に備え、上層部に楯突くようなことは避けようとする財前を非難する里見だったが…?

白い巨塔,1話

やがて、東が財前以外の人物を教授選候補に擁立することが判明。財前は、義父である財前又一(小林薫)の財力と政治力を最大限に活かし、浪速大学医学部第一外科教授という悲願に向けてさまざまな工作を開始する。欲望が渦巻く教授選は、思いもよらぬ展開へ…。そしてその後も、過酷な運命が財前を翻弄していくことになる!(公式ホームページから引用)

第2夜のあらすじ(5月23日放送分)

第1夜の放送終了後に更新します。

原作は山﨑豊子の小説

ドラマの原作は山﨑豊子の同名小説。今回のドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

『白い巨塔』のキャスト&スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

財前五郎(ざいぜん・ごろう)/ 岡田准一

岡田准一

浪速大学医学部第一外科・准教授。逞しい体と精悍な顔つき、加えて気さくな人柄は医学部の学生たちからも慕われており、外科医としても“腹腔鏡のスペシャリスト”として医学界にその名を轟かせていた。貧しい母子家庭に育ち、たゆまぬ努力で今日の成功を勝ち取った。野心に溢れ、みずからの才能には絶対的な自信を持つ。自身と、義父の悲願である“第一外科・教授”の座に向かい、なりふり構わず邁進していくが、その姿勢と傲慢とも言える性格には反感を抱いている者も少なくない。

里見脩二(さとみ・しゅうじ)/ 松山ケンイチ

松山ケンイチ

浪速大学医学部第一内科・准教授。財前とは同期。出世には一切関心がなく、やってくる患者を親身になって診察することと、みずからの研究を突き詰めるために大学病院に所属している。患者を救うことを第一に考えており、学内の権力争いには嫌気が差している。その融通が利かない愚直な性格が原因で、周囲に疎まれていくことになる。

花森ケイ子(はなもり・けいこ)沢尻エリカ

沢尻エリカ

バー『ラディゲ』のホステスで、財前の愛人。財前が唯一心を許し、なんでも話せる相手。医師を志し、関西女子医大に入学するものの、医学界の封建制と矛盾だらけの人間関係に見切りをつけ中退した。財前を愛し、広い心とホステスという仕事で得たネットワークを駆使して財前を陰ながら支え続ける。

東貞蔵(あずま・ていぞう)寺尾聰

寺尾聰

浪速大学医学部第一外科・教授で財前の師。定年退官を前に、直属の弟子である財前を自分の後継者として教授に推そうと考えるが、財前の教授選を見据えたパフォーマンスを目の当たりに。退官後もみずからの影響力を残すため、財前ではない別の候補を立てることを決意する。

鵜飼裕次(うがい・ゆうじ)松重豊

松重豊

浪速大学医学部部長。学内政治力にも長けており、それが今日の地位を築き上げた。東と決別した財前は、後に鵜飼に接近し、教授選を戦っていくことになる。

大河内恒夫(おおこうち・つねお)岸部一徳

岸部一徳

浪速大学医学部病理学科・教授。野心むきだしの財前をあまり快くは思っておらず、教授選に公正を期すため選考委員に名乗りを上げる。

柳原雅博(やなぎはら・まさひろ)満島真之介

満島真之介

浪速大学医学部第一外科・医局員。

佃友弘(つくだ・ともひろ)八嶋智人

八嶋智人

浪速大学医学部第一外科・医局長。

亀山君子(かめやま・きみこ)美村里江

美村里江

浪速大学医学部第一外科・看護師。

野坂奈津美(のさか・なつみ)市川実日子

市川実日子

浪速大学医学部脳外科・教授。教授陣の中で紅一点。

財前又一(ざいぜん・またいち)小林薫

小林薫

財前の義理の父。圧倒的な財力を誇る財前産婦人科医院・院長。娘婿である財前を、自身の悲願でもある浪速大学第一外科教授の座へと押し上げるべく、金という“実弾”を使い、教授選に関わる人物たちを次々と取り込んでいく。

財前杏子(ざいぜん・きょうこ)夏帆

夏帆

財前の妻。

黒川キヌ(くろかわ・きぬ)市毛良枝

市毛良枝

財前の母。女手一つで財前を育て、苦労しながらも医学部まで卒業させた。現在は故郷でひとり暮らしている。

東政子(あずま・まさこ)高島礼子

高島礼子

東の妻。教授夫人で構成される“くれない会”のメンバー。

東佐枝子(あずま・さえこ)飯豊まりえ

飯豊まりえ

東の娘。浪速大学病院図書館で司書として働いている。

船尾徹(ふなお・とおる)/椎名桔平

椎名桔平

東都大学医学部第二外科・教授。

佐々木庸平(ささき・ようへい)柳葉敏郎

柳葉敏郎

繊維問屋・佐々木商店の店主。浪速大学に患者としてやってくる。

佐々木よし江(ささき・よしえ)岸本加世子

岸本加世子

庸平の妻。

佐々木庸一(ささき・よういち)向井康二

向井康二

庸平とよし江の息子。

関口徹(せきぐち・とおる)斎藤工

斎藤工

関口法律事務所・弁護士。佐々木家の代理人を務める。

国平幸一郎(くにひら・こういちろう)山崎育三郎

山崎育三郎

河野法律事務所・弁護士。財前の代理人を務める。

スタッフ情報

脚本/羽原大介 ほか

代表作に映画『パッチギ!』、『フラガール』、『BLEACH』、ドラマ『銀狼怪奇ファイル』、『なっちゃん家』、『明日があるさ』、『とんび』、『マッサン』、『黒革の手帖』など

監督①/鶴橋康夫

代表作にドラマ『永遠の仔』、映画『後妻業の女』、『のみとり侍』など

監督②/常廣丈太

代表作にドラマ『dele』、『BG 身辺警護人』、『緊急取調室』、『就活家族』など

『白い巨塔』を見逃してしまった、もう一度観たい方へ

楽しみにしていた『白い巨塔』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度最初から観たい方は見逃し動画と再放送で視聴できますよ!詳しくは下をCheck↓↓

白い巨塔

『白い巨塔』見逃し動画の無料配信&再放送日程はこちら!【1話から最終回まで】

2019年5月22日
『白い巨塔』に関連する記事はこちら↓↓

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。