『宮本から君へ』ロケ地&撮影場所まとめ!【メイン舞台や文具店、駅、居酒屋など】

宮本から君へ

2018年4月6日(金)深夜0時52分からテレビ東京系で放送スタートの春ドラマ『宮本から君へ』、池松壮亮、柄本時生、浅香航大、蒼井優、松山ケンイチら豪華キャストが出演する新米サラリーマンの奮闘記ということで話題になっています。

そこで今回は実写ドラマ『宮本から君へ』の舞台となる撮影場所のロケ地や出演者の撮影目撃情報を紹介していきます。

『宮本から君へ』に関連する記事はこちら↓↓

スポンサードリンク

『宮本から君へ』ロケ地&撮影場所まとめ

ドラマ『宮本から君へ』は2017年10月から11月にかけて撮影が行われたようですね。

池松壮亮が一目惚れをした「代々木駅」のロケ地は西武池袋線西所沢駅

西所沢駅

埼玉県所沢市にある西所沢駅。西武池袋線の駅です。第1話の予告で宮本(池松壮亮)が甲田美沙子(華村あすか)に一目惚れをして、代々木駅のホームで声をかけるシーンがありました。このシーンは西所沢駅がロケ地になっています。

実際、10月9日に「西所沢駅が代々木駅になってドラマの撮影をしている」という目撃情報が多発しました。

確かに総武線の車両は黄色で、西武線も黄色の電車なので、電車のカラーイメージは近いですよね。

西所沢駅の住所:

 

飯田橋交差点の歩道橋

飯田橋の歩道橋

JR飯田橋駅からすぐの場所にある飯田橋交差点の歩道橋。青い手すりが印象的ですよね。ここは第1話で池松壮亮が華村あすかを尾行していた歩道橋の撮影場所になっています。

飯田橋歩道橋の住所:

 

スポンサードリンク

 

セキセイ東京本社ビル

セキセイ東京本社ビル

東京都文京区にあるセキセイ東京本社。地下鉄水道橋駅から徒歩数分の場所にあります。ここはメイン舞台となる主人公の宮本(池松壮亮)らが勤める文具メーカー「マルキタ」のロケ地になったと発表がありました。

セキセイ東京本社の住所:

 

神保町の居酒屋「酔の助」

酔の助

東京の神田神保町にある居酒屋「酔の助」。ドラマや映画の居酒屋シーンで何度も使われてきました。とくに新垣結衣や星野源らが出演した『逃げ恥』の聖地になったことで一気に有名になりましたね。

参考:『逃げ恥』聖地巡礼マップ

ここは第1話で池松壮亮らが飲んでいた居酒屋のシーンの撮影場所になったことがわかっています。

酔の助の住所:

『宮本から君へ』見逃し動画の無料視聴&再放送日程!【1話から最終回まで】

2018.04.06

▶次ページ 『宮本から君へ』ロケ地の続き

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

1 個のコメント

  • 女の子が鉛筆をバラバラに落としてしまったのは、飯田橋~市ヶ谷にある、法政大学の前だと思いましたよ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。