『山田孝之のカンヌ映画祭』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじまとめ!

2017年1月6日からテレビ東京系列で放送される冬ドラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』。2015年に放送されて好評だった『山田孝之の東京都北区赤羽』に続き、カンヌ映画祭を目指す過程を記したドキュメンタリードラマが面白いと話題になっています。

>>『山田孝之のカンヌ映画祭』が面白いと感想が多く絶賛される3つの理由

そこで今回は『山田孝之のカンヌ映画祭』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

 

スポンサードリンク

2016年11月に突如駅に現れたポスターが話題に

2016年11月。新宿駅や渋谷駅に突如張り出された謎のポスター。青ひげの山田孝之を模した絵画の横に『山田孝之のカンヌ映画祭』と題されたその目立ちすぎるポスターは、圧倒的な異彩を放ち、多くの人の目を釘付けにしました。

あまりにも強烈なインパクトを放つこのポスターに「何、これ??」と思っていた方が数多くいたと思いますが、ドラマの事前告知だったということですね。

 

『山田孝之のカンヌ映画祭』のあらすじ

2016年夏山田孝之は、映画監督山下敦弘を呼び出す。山田は山下に、世界最高峰のカンヌ映画祭で賞をとりたいと告げる。後日、とある場所で集まった山田と山下は、早速映画の内容について
話し始めた。(公式ホームページから引用)


2015年に放送された『山田孝之の東京都北区赤羽』は、山田孝之が自分の軸を決めるために赤羽でひとり過ごした2014年夏の記録を記したものとして、ドラマとドキュメンタリーの中間のような、モキュメンタリーと呼ばれる形が新鮮で、多くの物議を醸しました。

この『東京都北区赤羽』は、ドラマのようなストーリーがあるものでもなく、山田孝之が赤羽の人々と交流する様子や、友人の綾野剛が山田孝之の家を訪れて語り合う様子を放送したりと、異色過ぎる内容です。

今回もドキュメンタリー形式ということで、普通のドラマにはない、リアリティと臨場感、山田孝之の圧倒的な存在感が光る内容になるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

『山田孝之のカンヌ映画祭』のキャスト

山田孝之 合同会社「カンヌ」代表。映画をプロデュースしてカンヌ映画祭の最高賞を目指す。

山田孝之出演のドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ撮影場所まとめ

山田孝之出演のドラマ『破獄』撮影場所まとめ

山田孝之出演の映画『パラレルワールド』ロケ地まとめ

山田孝之出演の映画『何者』ロケ地まとめ

山田孝之出演の映画『ジョジョの奇妙な冒険』ロケ地まとめ

芦田愛菜 山田孝之がプロデュースする映画の主演役。

山下敦弘 山田孝之がプロデュースする映画の監督役。

長澤まさみ 語り。

ムロツヨシ 第1話に登場。

追加キャストは随時更新していきます。

 

次ページ 『山田孝之のカンヌ映画祭』ロケ地

スポンサードリンク



スポンサードリンク
【フェイシャル】よくばり美顔体験 1回60分 3,000円

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。