『ラストコップ』がクソ面白い!と感想が多く絶賛評価されている3つの理由

2016年10月8日にスタートした秋ドラマ『ラストコップ』。30年ぶりに眠りから覚めた京極 浩介と新人刑事・望月 亮太のバディが事件を解決する物語は、視聴者から「おもしろい!」と絶賛する評価が相次いでいます。

そこで今回は秋ドラマ『ラストコップ』が面白いと感想が多く絶賛される理由について見ていきます。

スポンサードリンク

なぜ『ラストコップ』が面白いと絶賛されているのか?

その1.全力でくだらないところが面白い!

『ラストコップ』の良さは何といってもバカバカしい笑いを”全力で”演じているところ。ツッコミどころ満載というか、ツッコミをしたいとは思わないくらいのくだらなさが最高。とくに”全力でくだらない”というところがミソですね。

若かりし頃の唐沢寿明と吉田鋼太郎のぶっ飛んだビジュアルとか、病室で京極を蘇生させた斉藤由貴の『卒業』に「お前が歌うのかよ!」という唐沢寿明のツッコミとか、「すみま千円、二千円」というくだらないダジャレとか、ところどころに小ネタをハサンでくるところもいちいち笑ってしまいます。

最近のコメディタッチのドラマは、”雰囲気だけコメディ”の中途半端なものが多いですが、『ラストコップ』は徹底的にくだらない笑いを追求しているところが◎。週末は深く考えずに思いっきり笑えてスッキリする、家族みんなで楽しめるドラマです。

 

その2.唐沢寿明と窪田正孝の”ナイスバディ”が最高すぎる!

やっぱり『ラストコップ』は唐沢寿明演じる京極 浩介と窪田正孝演じる望月 亮太のコンビが最高ですね。まるで夫婦漫才かのように息がぴったり。笑えて切れ味もするどく、ついつい画面に釘づけになってしまいますね。

唐沢寿明は演技中にアドリブを連発することで知られていますが、『ラストコップ』でもアドリブを使っているのでしょう。アドリブを使っても自然に面白くしてしまうところはさすがです。さらに、唐沢寿明のアドリブに全力で応酬しているであろう窪田正孝。相手のアクションに合わせて的確にリアクションする最高のツッコミが素晴らしいですね。

唐沢寿明がボケて窪田正孝がツッコむ。まさに最強の漫才コンビです。アクションシーンは二人とも切れ味抜群。ついさっきまでボケていた二人が急にカッコいい男に変貌するギャップにメロメロになってしまう女子も多いのではないでしょうか。

笑えて可愛くときどきカッコいい!唐沢寿明と窪田正孝の”ナイスバディ”がいてこその『ラストコップ』です。

 

スポンサードリンク

 

その3.演劇みたいな臨場感がスゴイ!

『ラストコップ』は映像作品というよりは、演劇を観ているみたいな臨場感に溢れているところも魅力的です。それがよく現れていたのが第1話の「気まずい晩餐会」のシーンでした。

夕食で集まった唐沢寿明、窪田正孝、和久井映見らが乾杯をするときに”時間が止まった体”で窪田正孝がメンバー紹介をします。通常ならば映像の編集で時間を止めますが、あれは役者がまばたき一つせず動かなかっただけでしたね。

あえて編集ではなくこうした演出をしているのでしょう。演劇を見ているような、劇場で目の前で役者が演じているような臨場感が溢れていましたね。

細かいところですが、こうしたちょっとした工夫、ナイスな演出の積み重ねが面白くさせているのではないでしょうか。

 

最後に

視聴率こそ奮いませんが、視聴者の満足度は非常に高いドラマになっていますね。とにかく笑えてかっこいい『ラストコップ』。結末まで見逃せません。

<こんな記事も読まれています>

『ラストコップ』のロケ地、キャストまとめ!

【2016秋ドラマ】ロケ地とキャストの一覧

スポンサードリンク