『CRISIS クライシス』感想・評価を採点&徹底レビュー!

2017年4月11日からフジテレビで放送される春ドラマ『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』。小栗旬と西島秀俊ら豪華キャストが出演する極上アクションエンターテイメント作品ということで話題ですよね。

ドラマを視聴して「面白い!」と感じる方や「面白くない!」と感じたり、「すごく楽しみ!」と期待している方など、いろいろな声があるはず。

そこで今回はドラマ『CRISIS(クライシス)公安機動捜査隊特捜班』の期待度や感想、キャストの評価などの項目を数値化し、採点レビュー形式でお届けします。

CRISISに関連する記事

スポンサードリンク

ドラマの評価にあたって

ドラマ『CRISIS』の評価は次の4つの項目を当サイトが独自に判断・集計して採点しています。

  1. メインキャストの評価
  2. ストーリーなどの評価
  3. 視聴者の期待度
  4. 視聴者の感想

ドラマの進行によって評価変わっていくので、進行や視聴者の評価に合わせて点数は随時変わっていきます。

ドラマの評価はあくまでも当サイトが独自に判断・集計したものです。「このドラマはもっと評価が高いはず!」などのご意見は記事の下にある「コメント欄」に投稿してくださいね。(匿名OK、メールアドレスなしでも投稿できます)

メインキャストの評価

各項目について10点満点で採点しています。

キャスト 話題性・
人気
演技力 ハマり度
小栗旬 10 8 9
西島秀俊 10 8 7
田中哲司 5 8 9
野間口徹 5 8 7
新木優子 6 6 4
石田ゆり子 8 8 5
飯田基佑 5 7 5
眞島秀和 6 7 5
長塚京三 5 9 5
合計 60 69 45


総計:185点/270点満点

(10点満点に換算すると7点/10点)

寸評レビュー

大爆死が続いたフジテレビ2017年1月クールの中で唯一奮闘した『嘘の戦争』に続くドラマということで視聴者の期待値も高いこのドラマ。

関連記事:冬ドラマは低調だった??2017年1月期の冬ドラマ視聴率ランキング

さらに、小栗旬と西島秀俊の共演というだけで、大型作品になりそうな予感を感じさせるのはさすが。脇を固めるキャストもフジテレビらしからぬ?重厚で実力のあるキャストを配置している点も高評価。この出演者ならば全体的に安定感があり、「棒演技で興ざめ」という事態は起こらないはず。

<追記>

小栗旬や田中哲司の激しいアクションは見ごたえがあった。西島秀俊もさすがの演技だが少しキャラクターがボヤケていた印象がある。新木優子もクールな役柄だが、彼女はかわいいキャラクターの方が合っている。

ストーリー、脚本、原作との比較の評価

  • 原作:金城一紀「SP 警視庁警備部警護課第四係」ほか
  • 脚本:金城一紀(代表作:『SP 警視庁警備部警護課第四係シリーズ』、『BORDERシリーズ』など)


各項目について10点満点で採点しています。

※ドラマスタート前は5点からスタート。放送がスタートしたら随時数値が変動していきます。

評価項目 点数
脚本 6
原作との比較 5
物語の面白さ 7
合計 18

総計:18点/30点満点

(10点満点に換算すると6点/10点)

寸評レビュー

『CRISIS クライシス 公安機動捜査隊』はキャストだけでなく、映画のような雰囲気と映像、激しいアクションシーンなど、多くの人が「面白い!」と思える要素満載なドラマ。2017年4月クールの春ドラマの中で最も期待値の高い作品の一つであり、最高評価になる可能性を秘めた期待作。

関連記事:『CRISIS』は何位??【2017春ドラマ】評価・感想・期待度ランキング

傑作と呼ばれる『SP 警視庁警備部警護課第四係シリーズ』、『BORDERシリーズ』を手がけた金城一紀氏が原案も脚本も手がけていることも心強い。妙な演出さえしなければ超ヒット作確実か。

<追記>

事前の期待通り、アクションシーンは見ごたえがあり、小栗旬と西島秀俊のかっこよさも十分伝わってきた。しかし、各登場人物がボヤケており、どんなキャラクターなのかわかりづらい印象があった。また、アクションシーンを入れすぎているせいか、お腹いっぱいになった感も。

 

スポンサードリンク

 

視聴者の期待度

10点/10点満点

視聴者の声をみてみましょう。

寸評レビュー

放送開始前から視聴者の期待度はMAXに近いというくらいの盛り上がりです。やはり小栗旬と西島秀俊という2枚看板の存在が大きいでしょう。あとはこの期待を裏切らないようなストーリーを作れるかがカギ。「期待はずれ」にならないことを願うばかりです。

関連記事:小栗旬が2017年に出演するドラマや映画完全まとめ!

視聴者の感想

  • アクションが派手で本格的なわりに緊迫感なかった。
  • 小栗が飛び降りたときはさすがに怪我ひとつないのもちょっと思ったがとにかく面白かった。
  • アクションシーンがウリなの?だとしたら1回目で頑張りすぎじゃない?w尻窄み感が否めなそう。
  • 小栗旬の演技のクセが強すぎて西島の存在感がなかった。
  • BOADERという佳作があったが、あれを少し思い出すタッチ。見応えあると思う。

6点/10点

 

総評・まとめ

最後に各項目の点数をまとめてみます。

  • キャスト:7点/10点満点
  • ストーリー:6点/10点満点
  • 視聴者の期待:10点/10点満点
  • 視聴者の感想:6点/10点満点
  • 合計:29点/40点満点

寸評

春ドラマの中で最も期待度の高い方もたくさんいたと思いますが、今のところ「期待ほどではなかった」という印象でしょうか。しかし、小栗旬のカッコよさや見応えのあるアクションは特筆すべき点があります。映画のように瞬間の美や激しい映像を楽しむという観点で見れば良作かもしれません。今後に期待したいですね。

ドラマの評価はあくまでも当サイトが独自に判断・集計したものです。「このドラマはもっと評価が高いはず!」などのご意見は記事の下にある「コメント欄」に投稿してくださいね。(匿名OK、メールアドレスなしでも投稿できます)

『CRISIS クライシス 公安機動捜査隊』に関連する記事はこちら

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』キャスト、あらすじ、原作、相関図まとめ!

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』ロケ地&撮影場所まとめ!

『CRISIS』がおもしろい!と絶賛されている3つの理由

『CRISIS』出演!新木優子の髪型「前髪の作り方や巻き方」のポイント!

2017春ドラマ特集

2017年4月スタートの春ドラマ一覧!

【2017春ドラマ】視聴率一覧&ランキング

『CRISIS』は何位??【2017春ドラマ】評価・感想・期待度ランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。