『dele』ロケ地&撮影場所まとめ!【山田孝之×菅田将暉共演ドラマ】

dele
2018年7月27日(金)23時15分からテレビ朝日系の金曜ナイトドラマ枠で放送スタートの夏ドラマ『dele(ディーリー)』。山田孝之と菅田将暉、麻生久美子、橋本愛ら豪華キャストが出演することで話題になっています。そこで今回は『dele』の舞台となる撮影場所のロケ地について紹介していきます。

スポンサードリンク

『dele』に関連する記事はこちら↓↓

はじめに

まず凄いと思ったのが、『dele』の映像はまるで映画のような美しさ。

dele第1話

この映像美を地上波で見られるだけでも贅沢な気持ちになりますよね。

dele,第1話

それではロケ地を見ていきます↓↓

『dele』ロケ地&撮影場所まとめ

菅田将暉が警察に捕まった駅は東成田駅

東成田駅 東成田駅

千葉県成田市にある東成田駅は成田空港のすぐ隣りにある駅です。第1話の冒頭、真柴(菅田将暉)が猛ダッシュで警察から逃げていたが捕まってしまった駅のシーンがありました。

dele第1話

駅で逃走する真柴

このシーンは東成田駅がロケ地になっています。情報提供いただき、ありがとうございます!

東成田駅の住所:

 

人形町の三星本社ビル

三星本社ビル

東京の日本橋人形町にある三星本社ビル。ここは坂上(山田孝之)、真柴(菅田将暉)、坂上舞(麻生久美子)が働く坂上法律事務所のある坂上ビルヂングの外観ロケ地になりました。

dele,第1話

坂上ビルヂングの外観

dele,第1話

坂上ビルヂングの前で話す真柴と坂上舞

実際、4月28日に人形町で菅田将暉が撮影をしていたという目撃情報がありました。

三星本社ビルの住所:東京都中央区日本橋人形町2-14-9

 

スポンサードリンク

 

菅田将暉が般若に襲われたマンションは横浜市港南区港南台にあるマンション

dele,第1話

螺旋階段にしがみついて隠れる真柴

第1話、菅田将暉が般若に襲われたマンションのシーンがありました。このマンションは横浜市港南区港南台にあるマンションということこがわかっています。実際、4月13日に菅田将暉が撮影をしていたという目撃情報がありました。

マンションの場所は不明です。

 

エコファームカフェ632

エコファームカフェ632

東京・原宿にあるエコファームカフェ632。第1話で坂上(山田孝之)と真柴(菅田将暉)が片山(江口のりこ)と話していたカフェの撮影場所になりました。

dele,第1話

片山と話す真柴と坂上。

エコファームカフェ632の住所:

 

仙川のカフェ「LARGO」

LARGO仙川

京王線仙川駅から徒歩3分の場所にあるカフェ「LARGO」。第1話で山田孝之が菅田将暉の行動を遠隔で見ていたカフェはここが撮影地になっています。店内右奥のタイル張りの壁の前の座席で間違いないでしょう。

dele,第1話

真柴の様子を遠隔で見守る坂上。

LARGOの住所:

 

警視庁城南警察署は流山市役所

流山市役所

千葉県流山市にある流山市役所。第1話で菅田将暉が潜入した警視庁城南警察署のシーンは流山市役所が撮影場所になりました。

dele,第1話

真柴と坂上が潜入した警視庁城南警察署の外観

dele,第1話

ビルから飛び降りる真柴

流山市役所の住所:

<『dele』を見逃してしまった、もう一度最初から観たい方へ↓↓>

『dele』見逃し動画の無料配信&再放送日程はこちら!【1話から最終回まで】

2018.07.27

▶次ページ ロケ地の続き

スポンサードリンク



スポンサードリンク
ラブサーチ

スポンサードリンク

4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。