『dele』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌!【菅田将暉と山田孝之が共演のドラマ】

dele

2018年7月からテレビ朝日で毎週金曜23時15分枠で放送スタートの夏ドラマ『dele(ディーリー)』。山田孝之と菅田将暉が共演することで話題になっています。

そこで今回は夏ドラマ『dele』のキャストや登場人物の相関図、脚本や主題歌などのスタッフ情報、気になるあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

『dele』に関連する記事はこちら↓↓

ドラマ『dele』のあらすじ

人の死後もパソコンやスマホに残されるデータ「デジタル遺品」を題材にした1話完結作品。誰もが考えたことのあるであろう“死後のデータ処分”という現代的なテーマを取り上げる。「dele」とは、校正用語で「削除」を意味する。山田は、依頼人の遺留データを秘密裏に消去する会社「dele.LIFE」の経営者・坂上圭司を、菅田は、坂上の仕事をサポートするフリーランスの何でも屋・真柴祐太郎を演じる。2人は任務遂行のたびに、さまざまな問題に巻き込まれていく。

 

ドラマ『dele』のキャスト&相関図、スタッフ情報

メインキャスト

坂上圭司/山田孝之

山田孝之

フリーのプログラマー。原因不明の難病で下半身の麻痺が進行し、車椅子生活を送っている。亡き父が設立した「坂上法律事務所」と提携し、会社「dele. LIFE」を立ち上げ、依頼人の死後に遺留データを内密に消す仕事をしている。頑固でプライドが高く、テリトリー意識が強い男。旺盛な知識欲を持つ。

真柴祐太郎/菅田将暉

菅田将暉

フリーランスの何でも屋。ひょんなことから、坂上圭司の仕事を手伝うように…。オフィスから出ない圭司に代わり、死亡確認など足を使った業務を中心にサポート的な仕事をこなす。素直で無邪気。人懐っこく、誰からも好かれるが、自分のことを聞かれるのは苦手。その佇まいからは想像のつかない過去を隠し持つ。

坂上舞/麻生久美子

麻生久美子

坂上圭司の姉。有能な弁護士。現在は亡き父が設立した「坂上法律事務所」を継いでいる。圭司の会社「dele. LIFE」の信用保証を担い、時に資金援助や顧客紹介もする。姉御肌でサバサバした性格。圭司を「極論に陥っている子ども」だと思っており、まだ広い世界があることを教えたいと願っている。

ゲスト出演者

牧野/般若(第1話のゲスト出演者)

般若

片山薫の自宅マンションにいた謎の男。薫を訪ねてきた祐太郎に、いきなり襲いかかってくる。薫との関係性は不明だが…!?

 

片山薫/江口のりこ(第1話のゲスト出演者)

江口のりこ

依頼人のゴシップ記者・安岡春雄が死ぬ直前、頻繁に会っていた人物。城南署で働いている。圭司と祐太郎が死の真相調べていくうちに、薫と安岡をつなぐ“思いもよらない線”が浮かび上がる。

 

宮内詩織/コムアイ(水曜日のカンパネラ)(第2話のゲスト出演者)

コムアイ

「dele. LIFE」の依頼人。一人暮らしのマンションの部屋で死亡する。死亡時、生前に用意していた「エンディングノート」になぜか、手書きで「やっぱりデータは消さないでください」との一文を添えていた。両親も知らない“大きな秘密”が多々あるようだが…!?

 

春田沙也加/石橋静河(第2話のゲスト出演者)

石橋静河

ガールズバーで働いている女性。亡くなった詩織とは以前から交流があったようだが、詩織のいとこのふりをして訪ねてきた祐太郎に対しては、プライベートまではよく知らない間柄だと話す。やがて、そんな沙也加自身にも“大きな秘密”があったことが判明し…!

 

江角幸子/余貴美子(第3話のゲスト出演者)

余貴美子

「dele. LIFE」の依頼人・浦田文雄と同じ街で「カモメ理髪店」を営む理容師。親の死を機に、跡を継いでから28年、ずっとひとりで暮らしている。浦田は理髪店の客ではなかったというが、水面下で2人をつなぐ微かな糸をたどっていくと、埋もれていた人生が浮き彫りになってきて…!?

 

浦田文雄/高橋源一郎(第3話のゲスト出演者)

高橋 源一郎

江角幸子と同じ街に暮らす、「みなと写真館」の店主。「dele. LIFE」を訪れ、自分の死後、あるデータを削除する前にコピーし、バラの花と一緒に幸子に届けてほしいと依頼する。その後、海に飛び込んで自殺。自殺の理由も幸子との関係性も、謎に包まれている。

 

日暮裕司/野田洋次郎(第4話のゲスト出演者)

野田洋次郎

「dele. LIFE」の依頼人。飛び抜けたサイコメトリー能力を持つ天才超能力少年として、かつて一世を風靡した。まだ10歳だった25年前、行方不明になっていた松井美香の母の居場所を霊視しようとして失敗。世間から猛烈なバッシングを受け、メディアから姿を消した。「dele. LIFE」には、数点の絵を格納したフォルダの死後削除を依頼していた。死を迎える瞬間まで、常人には計り知れない葛藤や孤独を抱え込んでいたようだが…!?

 

松井重治/矢島健一(第4話のゲスト出演者)

矢島健一

松井美香の父。25年前、美香が失踪した母の捜索を日暮裕司に依頼。彼女に付き添い、テレビの超能力特番に出演した。現在は定年退職。近所に暮らす美香夫妻やその娘と仲睦まじく交流しながら、悠々自適な生活を送っている。

 

松井美香/松本若菜(第4話のゲスト出演者)

松本若菜

25年前、テレビ番組を通して日暮裕司に、失踪した母親を探してほしいと依頼した人物。現在は結婚して一女をもうけ、幸せな家庭を築いている。日暮の霊視に関してはこの25年間ずっと、何やら思うところがあったようで…!?

 

楠瀬百合子/橋本愛(第5話のゲスト出演者)

橋本愛

圭司が営む会社「dele. LIFE」に対し、自分の死後にパソコンのデータを削除するよう依頼した男性の元同級生で、婚約者。男性が事故で意識不明の重体になり、心を痛める百合子。そんな中、依頼人の死亡確認をするために現れた祐太郎に対し、百合子はなぜか依頼の取り消しを要請する。一方、祐太郎は百合子への思い入れを日々強くしていき…!?

 

沢渡明奈/柴咲コウ(第5話のゲスト出演者)

柴咲コウ

圭司の元恋人。圭司より年上で高校の音楽教師をしている明奈は、凛としていて、自尊心とテリトリー意識が強く扱いにくいタイプの圭司とも堂々と渡り合う女性。二人は別れてからも年に1回コンスタントに会っているという不思議な間柄。

 

宮田翔/渡辺大知(黒猫チェルシー)(第5話のゲスト出演者)

渡辺大知

天利聡史の親友。聡史が事故に遭ったとき、一緒にいた人物。聡史と楠瀬百合子とは小学校から高校までずっと一緒で、2人のことはよく知っている。ノリの悪い聡史とは対照的で、明るい性格。

 

天利聡史/朝比奈秀樹(第5話のゲスト出演者)

朝比奈秀樹

「dele. LIFE」の依頼人。親友の宮田翔とスポーツバーに遊びに行った帰り、車にはねられて意識不明となり、入院している。3日経っても意識が戻らず、命が危ぶまれる病状にある。事故の直前、何やら気を揉んでいたことがあったようだが…!?

 

石森純子/山田愛奈(第6話のゲスト出演者)

山田愛奈

半年前に家出した中学生。長野の別荘地で雪に覆われ、凍死した状態で見つかった。真面目な少女だったが、家出する数カ月前から学校を休みがちに…。両親は学校でのいじめが原因で自殺したと考えているが、復元したスマホの動画に写っていた彼女は無邪気な笑顔を放っており、自殺するような気配は微塵も感じられず…!?

 

小川優菜/中田青渚(第6話のゲスト出演者)

中田青渚

純子の同級生。

石森俊一/横田栄司(第6話のゲスト出演者)

純子の父親。

石森美穂/霧島れいか(第6話のゲスト出演者)

純子の母親。

笹本清一/塚本晋也(第7話のゲスト出演者)

塚本晋也

死刑囚。8年前、死者4名を出した毒物混入事件の犯人として逮捕され、死刑が確定した。だが、本人は拘置所で刑の執行を待ちながら、ずっと冤罪を訴え続けている。そんなある日、息子の笹本隆が自殺。隆は生前、「dele. LIFE」にある映像の死後削除を依頼していたのだが、その中になんと毒物混入事件の真犯人が写っており…!?

 

上野兼人/Mummy-D(ライムスター)

上野兼人

毒物混入事件の発生現場近くで、妻・上野成美とともに洋食店を営んでいる男性。まだ5歳だった一人娘を毒物混入事件で亡くしている。妹を亡くしている祐太郎は、上野に自分自身を重ね合わせ、その複雑な心情に共鳴する。

 

笹本隆/西ヶ谷帆澄(第7話のゲスト出演者)

依頼人。笹本清一の息子。

宮川新次郎/千葉哲也(第7話のゲスト出演者)

市会議員。

辰巳仁志/大塚明夫(最終回のゲスト出演者)

大塚明夫

「dele. LIFE」の依頼人で、弁護士。入院中に死亡する。かつて祐太郎の妹・真柴鈴の死をめぐり、入院先の弁護を担当していた。祐太郎が積年の恨みを抱く相手でもある。「dele. LIFE」には音声データの死後削除を依頼していたが、その中には大物政治家・仲村毅との黒い会話が記録されていて…!?

 

仲村毅/麿赤兒(最終回のゲスト出演者)

麿赤兒

大物議員。厚生官僚から政治家に転身。手柄も大臣ポストも人に譲り、表舞台には出てこないが、実は絶大な人脈と影響力を持ち、厚生労働行政の手綱を握っている。弁護士・辰巳仁志が遺した音声データから、仲村が祐太郎の妹・真柴鈴の不審な死に一枚噛んでいたことが判明するが…!?

 

真柴鈴/田畑志真(最終回のゲスト出演者)

田畑志真

祐太郎の妹。

 

相関図

相関図

スタッフ情報

原案

本多孝好

脚本

  • 本多孝好(代表作に『ストレイヤーズ・クロニクル』、『真夜中の五分前』など)
  • 金城一紀(代表作にドラマ『SP』、『BORDER』、『CRISIS公安機動捜査隊特捜班』、『奥様は、取り扱い注意』など)
  • 青島武(代表作に映画『ツレがうつになりまして。』、『グラスホッパー』、『追憶』など)
  • 渡辺雄介(代表作にドラマ『ブラッディ・マンデイ』、『相棒』、『レンタル救世主』など)
  • 徳永富彦(代表作にドラマ『相棒』、『警視庁捜査一課長』、『おみやさん』、『刑事七人』など)

主題歌

なし。

ドラマ『dele』を見逃してしまった、もう一度観たい方へ

楽しみにしていた『dele』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度最初から観たいという方は見逃し動画配信で視聴できますよ!限定スペシャル動画『dele.DOCUMENT』の情報もあり!詳しくは下をCheck↓↓

dele

『dele』見逃し動画の無料配信&再放送日程はこちら!【1話から最終回まで】

2018年7月27日

 

スポンサードリンク

 

ドラマ『dele』への期待度に関する視聴者アンケート結果

『dele』への期待値に関する視聴者アンケートを実施しました。放送前から期待する声が続々届いていますよ!

♀山田孝之さん、菅田将暉さん、どちらも大好き(40代女性・主婦)

インターネットやスマホの普及によりこれまであまり人には明かせなかった悩みや秘密をSNSブログなどに書き込んでいる人は多いと思いますPCやスマホには保存してあるデータはもちろんのこと検索や閲覧履歴に至るまで人に見られたくないものの宝庫自分にもしものことが起こったときそれを処理してくれるプロがいるなら頼みたいそんな職業にスポットが当てられドラマなので面白そう人がどんな秘密を抱えているのかのぞき見ることができそうです山田孝之さん、菅田将暉さん、どちらも大好き。この二人、演技が上手かったり、独特の世界を持っていたりと、どこか似た雰囲気があります。そんな二人なので、息の合った掛け合いが見られそう。

現代ならではのドラマ(30代女性・主婦)

現代ならではのドラマで言われてみると死んだ後のデータ消去の処理って大事だけど何にも考えてなかったなと思いましたこのドラマの個人的な見どころはデータ消去のお仕事の内容やそれに絡む人間関係の面白さだと思います持ち主が亡くなった後で主演の二人がどのような行動をしていくのか楽しみです山田孝之さんが好きです。シリアスな演技からコミカルな役までこなし、どれが普通の山田孝之さんなのか分からない所がミステリアスで好きです。

個性派の山田孝之さん菅田将暉さんの共演に期待(50代女性・主婦)

現実として問題になっている死んだ人が残したスマホパソコンのデジタル機器に残した事がバスワードがわからないことで処分出来ずにいますそんなデジタル遺品の死後のデータ処理を請け負うというドラマ開いた機器から見えてくる様々な亡くなった人の人生をどう描かれるのか楽しみですまた個性派の山田孝之さん菅田将暉さんの共演に更なる期待です菅田将暉さん。朝ドラ「ごちそうさん」から、注目しています。若手の俳優の中でも、様々な独特の役柄を、見事に演じていますね。ベテランの俳優さんの中に入っても、その存在感があります。

最後に

『勇者ヨシヒコシリーズ』以来となる山田孝之と菅田将暉の共演ということで、非常に楽しみなドラマになりそうですね。テレビ朝日の金曜ナイトドラマは『家政夫のミタゾノ』、『ホリデイラブ』など、満足度の高い作品が続いているので、今回も期待できるのではないでしょうか。

『dele』に関連する記事はこちら↓↓
次クール・10月スタートのテレ朝金曜ナイトドラマ情報↓↓

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。