『甲子園とオバーと爆弾なべ』キャスト、あらすじ、ロケ地&沖縄県那覇市・市場の撮影場所!

甲子園とオバーと爆弾なべ
2019年8月7日(水)21時からNHK BSプレミアムで放送のスペシャルドラマ『甲子園とオバーと爆弾なべ』。戦中と戦後の沖縄水産高校の活躍を描いた物語ということで注目されています。そこで今回は『甲子園とオバーと爆弾なべ』の舞台となる沖縄県那覇市の市場のロケ地や撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

【2019秋ドラマ特集】

『甲子園とオバーと爆弾なべ』のあらすじ

1990年夏。末吉(平良進)とウサ(吉田妙子)の夫婦は那覇の市場で食堂を営んでいる。といっても、末吉は酒を飲んでばかりで昼間から働かない。毎日海へ行き、変わった漂着物を拾ってくる。ウサは不発弾の破片を再利用した鍋で食堂の料理を作る。

甲子園とオバーと爆弾なべ

この爆弾鍋で生計を立て、子どもを大学まで行かせたのが自慢だ。夏の甲子園が開幕してほどなく、孫娘のゆかり(蔵下穂波)が本土から帰ってくる。理由は語らないが東京でなにかあったようだ。沖縄水産が勝ち進むにつれて、盛り上がっていく市場。食堂には沖縄の戦後を支えた愛すべき人たちが通ってくる。しかしオジーは高校野球が終わると、食堂の手伝いもせず、海へ行ってしまう。

甲子園とオバーと爆弾なべ

そして、拾ってきた漂着物を食堂に飾る。オバーはそんなオジーを黙って見守っている。そんな中、ゆかりはオジーの秘密を知る。海に行っていたのは子どものとき、家族を疎開船・対馬丸の沈没で失ったからだと。甲子園はついに決勝へ。みなが食い入るようにテレビにかじりつく中、ウサオバーがいない。オバーは沖縄戦で亡くなった妹の遺骨をいまも探している。ゆかりはオバーが爆弾鍋で料理を作るのは、死んだ妹への供養と生きていることへの感謝だと知る。

甲子園とオバーと爆弾なべ

オジーがオバーを連れて市場に戻ると決勝戦は大詰めを迎えていた。沖水が負けてしまうが、市場中から拍手が起きる。みなが「オジー自慢のオリオンビール」を歌い出す。(公式ホームページから引用)

『甲子園とオバーと爆弾なべ』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

蔵下穂波

平良進

吉田妙子

満島ひかり

ほか

スタッフ情報

監督・脚本/中江裕司

スポンサードリンク

『甲子園とオバーと爆弾なべ』ロケ地&撮影場所まとめ

沖縄県那覇市の第一牧志公設市場

第一牧志公設市場

沖縄県那覇市にある第一牧志公設市場。国際通りから少し入った場所にある市場として親しまれています。ここが舞台となる市場のロケ地になりました。

第一牧志公設市場の住所:

この他のロケ地が判明したら更新します。

【2019秋ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。