映画『海辺の生と死』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじまとめ!

2017年7月29日公開の映画『海辺の生と死』。第2次世界大戦末期を舞台に、満島ひかりと永山絢斗らが出演することで注目されています。

そこで今回は映画『海辺の生と死』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

映画『海辺の生と死』のあらすじ

共に添うて、生きたいと思っていた-

昭和19年(1944年)12月、奄美 カゲロウ島(加計呂麻島がモデル)。国民学校教員として働く大平トエは、新しく駐屯してきた海軍特攻艇の隊長 朔中尉と出会う。朔が兵隊の教育用に本を借りたいと言ってきたことから知り合い、互いに好意を抱き合う。島の子供たちに慕われ、軍歌よりも島唄を歌いたがる軍人らしくない朔にトエは惹かれていく。


やがて、トエは朔と逢瀬を重ねるようになる。しかし、時の経過と共に敵襲は激しくなり、沖縄は陥落、広島に新型爆弾が落とされる。そして、ついに朔が出撃する日がやってきた。母の遺品の喪服を着て、短刀を胸に抱いたトエは家を飛び出し、いつもの浜辺へと無我夢中で駆けるのだった・・・。
(公式ホームページから引)

第2次世界大戦末期の日本。戦争が激しさを増す真っ只中にあり、今では想像もできないほどの状況だったと言えるでしょう。そして、舞台は鹿児島県の奄美大島。住所的には鹿児島県ですが、場所的には沖縄の方が圧倒的に近いですね。

沖縄といえば第2次世界大戦の日本で最も激しい攻撃を受けた場所です。そんな沖縄の近くにある奄美大島も、戦争の影響は強くあったでしょう。これだけ厳しい状況で出会った男と女。深く惹かれあう2人を引き裂いたのはやはり戦争と招集という現実。

満島ひかりと永山絢斗が織りなす美しい恋愛に、感動すること間違いなしですね。

 

スポンサードリンク

 

映画『海辺の生と死』のキャスト

大平トエ/満島ひかり

満島ひかり出演のドラマ『愚行録』ロケ地まとめ

満島ひかり出演のドラマ『シリーズ江戸川乱歩短編集2』撮影場所まとめ

満島ひかり出演のドラマ『カルテット』撮影場所まとめ

満島ひかり出演のドラマ『破獄』撮影場所まとめ

朔中尉/永山絢斗

永山絢斗出演の映画『真田十勇士』ロケ地まとめ

永山絢斗出演の映画『エルネスト』ロケ地まとめ

永山絢斗出演の映画『藁の楯』ロケ地まとめ

永山絢斗出演の朝ドラ『べっぴんさん』撮影場所まとめ

永山絢斗出演のドラマ『みをつくし料理帖』撮影場所まとめ

永山絢斗出演のドラマ『居酒屋ふじ』キャストまとめ

隼人少尉/川瀬陽太

川瀬陽太出演の映画『blank13』ロケ地まとめ

大坪/井之脇海

井之脇海出演のドラマ『ドラマミステリーズ』撮影場所まとめ

井之脇海出演のドラマ『宮沢賢治の食卓』撮影場所まとめ

トエの父/津嘉山正種

 

次ページ 映画『海辺の生と死』ロケ地まとめ

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。