映画・ドラマ『笑う招き猫』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじまとめ!

2017年4月29日公開の映画『笑う招き猫』。山本幸久原作の大ヒット小説を原作に、清水富美加と松井玲奈がW主演をつとめることで注目されています。さらに、2017年3月後半からMBS/TBS系列の4話完結ドラマとしても放送されます。清水富美加は女優を引退してしまいましたが、放送することが決定し、一安心ですね。

そこで今回は映画&ドラマ『笑う招き猫』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

関連記事

2017年4月スタートの春ドラマ一覧!

スポンサードリンク

映画『笑う招き猫』のあらすじ

27歳、素直になれない⼥のちょっと遅めの⻘春ドラマ。

⾼城ヒトミ(清⽔富美加)と本⽥アカコ(松井玲奈)は、「アカコとヒトミ」という結成5年⽬の売れない⼥漫才師。今⽇も⼩劇場の⽚隅で、常連客に向けて漫才を披露する毎⽇。 そんなある⽇、いつもネタ合わせをしている河川敷で、ヒトミの⾃転⾞を盗もうとしている中学⽣を捕まえてから⼆⼈の冴えない運命が回り始める。


初めてテレビのバラエティ番組出演が決まったり、番組出演をきっかけに⼤学時代の旧友と再会したり…。漫才師として売れる兆しが⾒えてきた⼆⼈だが、とある事件をきっかけに⽷が切れた凧のように⾶んでいきそうになってしまう。果たして「アカコとヒトミ」にはどんな未来が待っているのか!?(ダ・ヴィンチニュースから引用)

清水富美加と松井玲奈が漫才コンビを演じるというところが期待大ですよね。清水富美加はバラエティ番組ではテンションが高くて面白いと評判ですし、松井玲奈も良いキャラクターをしています。二人の息の合ったかけ合いが注目ですね。

また、原作の山本幸久氏『笑う招き猫』は「第16回 小説すばる新人賞」を受賞した人気作。レビュー評価も良く、一度は手にってみる価値はありそうですね。

 

スポンサードリンク

 

映画『笑う招き猫』のキャスト

⾼城ヒトミ/清水富美加

清水富美加

清水富美加出演の映画『東京喰種 トーキョーグール』ロケ地まとめ

清水富美加出演の映画『暗黒女子』ロケ地まとめ

清水富美加出演のドラマ『模倣犯』撮影場所まとめ

清水富美加出演のドラマ『家政夫のミタゾノ』撮影場所まとめ

本⽥アカコ/松井玲奈

松井玲奈

松井玲奈出演のドラマ『名古屋行き最終列車2017』撮影場所まとめ

松井玲奈出演のドラマ『100万円の女たち』撮影場所まとめ

松井玲奈出演の映画『めがみさま』ロケ地まとめ

 

次ページ 『笑う招き猫』のロケ地

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。