【ドラマの感想】『増山超能力師事務所』が面白い!と絶賛される3つの理由

2017年1月5日からスタートした冬ドラマ『増山超能力師事務所』。深夜ドラマで田中直樹、浅香航大らが出演することで注目されていました。正直、あまり派手さがなかったため、最初はあまり期待値が高くないという方もいたかもしれません。

>>『増山超能力師事務所』キャスト、あらすじ、ロケ地まとめ


しかし、ドラマ放送後には「おもしろい!」と絶賛する感想や評価が相次いでいます。そこで今回は冬ドラマ『増山超能力師事務所』が面白いと感想が多く、絶賛されている理由を見ていきます。

スポンサードリンク

ドラマ『増山超能力師事務所』がおもしろいと感想が多く絶賛評価されている3つの理由

1.設定がおもしろい!

『増山超能力師事務所』は超能力が当たり前になった世界で、超能力を駆使した探偵が事件を解決する物語。第1話のネタバレで解説した通り、テレパシーやサイコメトラー、透視などさまざまな超能力を使った人物が登場します。

>>『増山超能力師事務所』第1話のネタバレ3つのポイント

超能力が当たり前でない我々から見ると、その設定はかなり異様でもあり、おかしくもあります。しかも、皆が使えるのではなく、ある一部の人間が超能力を使える素養があり、周りの人もそれを受けているという設定が絶妙。この”ありそうでなかった絶妙な設定”を新鮮に感じるという方も多いのではないでしょうか。

2.ちょうどいい感じのタッチ!

最近の深夜ドラマに多いコメディタッチ。正直、食傷気味に感じている方も多いのではないでしょうか。コメディが面白ければ良いのですが、中途半端だと単にグダグダになってしまいます。かと言って、サスペンス色が強すぎると「深夜には重すぎる・・・」と感じてしまいます。

『増山超能力師事務所』の設定や田中直樹主演ということから、てっきりコメディ要素の強いおふざけドラマだと思っていた方も多いはず。しかし、このドラマは全体的に真面目でサスペンス要素が強いタッチで描かれています。

謎の”文乃事件”をはじめ”謎の部分”が多く、「次も観たい!」と思わせる終わり方も秀逸。超能力という現実離れした設定の中で真面目なストーリーが進行する、、、という絶妙なバランスが素晴らしい。

 

スポンサードリンク

 

3.役者がいい味出している

このドラマが面白い理由として役者をハズすことはできないでしょう。冒頭でも書きましたが、ココリコ田中直樹、浅香航大、中村ゆり、柄本時生らのメインキャストは派手だったり、話題性があるわけではありません。

しかし、主演の田中直樹は珍しく?かっこいい役柄ながら、味のある良い演技をするし、浅香航大、中村ゆり、柄本時生らもそれぞれの役柄に応じた演技が素晴らしく、キャラも立っています。深夜ドラマにありがちな棒演技をする役者も登場しないので、全体的に安定感が高く安心して観ることができますね。

こうした秀逸なキャスト陣もこのドラマの絶賛に一役買っているのではないでしょうか。

>>『増山超能力師事務所』田中直樹や中村ゆりらのブランド衣装まとめ!

最後に

第1話終了時点から絶賛評価が相次いでいる『増山超能力師事務所』。第1話はエピローグ的な話で、第2話からいよいよ本編がスタートとなりますが、今後も面白そうなドラマなので、1月-3月期の冬ドラマでも要注目の作品といえるでしょう。

こんな記事も読まれています

『増山超能力師事務所』ロケ地、キャスト、あらすじまとめ!

2017冬ドラマ特集

【2017冬ドラマ】視聴率一覧&ランキングまとめ!

2016.12.22

【2017冬ドラマ】主題歌一覧!オープニングやエンディング曲も!

2016.12.22

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。