『民衆の敵』6話の動画見逃し視聴はこちら!【11月27日放送分】

2017年11月27日(月)21時からフジテレビ系列で放送される秋ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか?~』第6話。いよいよ篠原涼子が市長を目指すということで、物語は新たな展開に発展していきますね。

そんな『民衆の敵』6話を見逃してしまった、、、という方もいるはず。そこで今回は月9『民衆の敵~世の中、おかしくないですか?~』6話の見逃し動画を視聴する方法や、あらすじ、視聴者感想アンケートの結果を紹介していきます。

<『民衆の敵』FODプレミアムで全話配信中!>

【31日間無料お試し】FODプレミアムはこちら

民衆の敵~世の中おかしくないですか!?~
『民衆の敵』見逃し動画の全話配信状況はこちら

『民衆の敵』第6話の動画は放送から1週間以内なら無料で視聴できる!

『民衆の敵』第6話の無料動画は放送から1週間以内ならTverやFOD(フジテレビオンデマンド)を使えば完全無料で視聴できましたが、すでに配信終了しています。

第6話が11月27日(月)21時00分から放送だったので、第7話放送前の12月4日(月)19時40分頃まで視聴できました。

【1週間以内の無料動画視聴はこちら↓↓】

・Tver配信終了
・FOD配信終了

現在は下の方法で見逃し動画を視聴できます↓↓

『民衆の敵』第6話の放送から1週間以上経過してしまった場合に動画を視聴する方法

放送から1週間以上経過してしまった場合は、TverやFODで視聴することはできません。この場合は、有料プランですが、無料お試し期間のある動画配信サービスで視聴することができます。

【視聴可能な動画配信サービスは↓↓】

動画配信サービス配信状況
FODプレミアム
dTV 

※配信情報は2017年12月4日時点の情報です。配信が終了となっている可能性がありますので、登録前にご確認ください。

それぞれのサービスの特徴を見ていきます。

FODプレミアムのポイント

民衆の敵~世の中おかしくないですか!?~

31日間の無料お試し期間あり!
・フジテレビ系列の最新ドラマや過去の名作が豊富!
・映画やバラエティ番組も視聴できる!
・人気雑誌の最新号が読み放題!
・『民衆の敵』が視聴できる!

おすすめ度:★★★★★

フジテレビ系列で観たい作品が多い方はFODプレミアムがおすすめです!『リッチマン、プアウーマン』や『恋仲』、『いつ恋』、『スキコト』などの名作も配信されています!

>>FODプレミアムの無料登録はこちら

【FODで配信中の最新ドラマ】

  • 民衆の敵』(篠原涼子主演):2017秋ドラマ
  • 明日の約束』(井上真央主演):2017秋ドラマ
  • 刑事ゆがみ』(浅野忠信&神木隆之介主演):2017秋ドラマ
  • 花にけだもの』(中村ゆりか主演):2017秋ドラマ
  • Good Morning Call Our Campus Days』(福原遥主演):2017秋ドラマ
  • パパ活』(渡部篤郎&飯豊まりえ主演):2017秋ドラマ
  • ラブホの上野さん2』(本郷奏多主演):2017秋ドラマ
  • 『コード・ブルー3』(山下智久主演):2017夏ドラマ
  • 『僕たちがやりました』(窪田正孝主演):2017夏ドラマ

ほか、フジテレビ系列の人気ドラマや名作を多数配信中!

※配信情報は2017年12月4日現在のものです。配信が終了している可能性もあるので、FODプレミアムでご確認ください。

dTVのポイント

国内ドラマ

31日間の無料お試し期間あり!
・動画配信本州120,000本以上!
・最新ドラマの見逃し動画や映画、アニメが豊富!
・ドコモユーザ以外も利用できる!
・『民衆の敵』が視聴できる!

おすすめ度:★★★★✩

dTVは月額料金が安いのがポイント!無料お試し期間後も継続して利用したい方や、はじめてFODサービスを試してみたい方はdTVがおすすめです!

>>dTVの無料登録はこちら 

【dTVで配信中の最新ドラマ】

などの最新ドラマや過去の名作を多数配信!

※配信情報は2017年12月4日現在のものです。配信が終了している可能性もあるので、dTVでご確認ください。

『民衆の敵』第6話のあらすじ

佐藤智子(篠原涼子)が始めた、あおば市議会の汚職疑惑は河原田晶子市長(余貴美子)の身に及び、秘書の望月守(細田善彦)が自殺したことで、真相は闇に葬られようとしていた。河原田は市長の職を辞し、市長選で再選することで身の潔白を市民に信じてもらう道を選ぶ。市民の関心は河原田の対立候補、犬崎和久(古田新太)派が誰を推すか。平田和美(石田ゆり子)が犬崎派の智子に聞くと、あっさり自分が頼まれたと口にする。和美に犬崎の操り人形にされると忠告される智子だが、さすがに裏があると断ったと告げた。

民衆の敵,6話

その頃、智子は市民の陳情を一つずつ解決しようと働いているが、はかどらずにいた。役所に頼んでも右から左に受け流されると悩む智子に、藤堂誠(高橋一生)は市長になれば良いと話す。智子は逆に誠が市長になって貸してほしいと頼む。だが、誠には智子の方が良いと思うと言われてしまう。

民衆の敵,6話

智子は犬崎から担当職員より話が通りやすいと福祉課の部長・富田恭一(渡辺いっけい)を紹介される。早速、智子は富田と陳情元を回り出す。そんな時、前田康(大澄賢也)が市長選への出馬を表明。和美たち新聞社の面々や、小出未亜(前田敦子)ら、新人議員たちも疑問を隠しきれない。智子が富田と回った陳情は福祉課で素早くまとめられ、実行に移され始める。なぜここまでしてくれると尋ねる智子に、犬崎はまだ市長にすることを諦めてはいないと答える。智子には犬崎の本心が分からなかった…。(公式ホームページから引用)

正解がない政治家の仕事

政治は色々な思惑や野望、忖度が絡みあい、まさに伏魔殿のような世界だと言われています。そもそも、全員に支持される正義もなく、百人いたら百人分の正義があります。対立する意見を調整して、落としどころを見つけ、優先順位をつけて実行していくのが政治家の仕事かもしれませんね。

これまでは市議会議員として市民の声を拾い上げて解決する道を歩んでいた智子(篠原涼子)。しかし、市議会議員ではできることが限られているのが実情。そんな中で裏ボスである犬崎和久(古田新太)から市長にならないかという打診は、何だかんだ言って願ったり叶ったりなのではないでしょうか。

犬崎の狙い

自分が市の最大権力である市長になれば、自分の信念や正義を振りかざすことができますし、調整が難しい市役所を動かすことができるようになります。ただし、犬崎が智子を市長に推すということは何かしらの思惑があるのは明白。智子はお飾りなだけで、実際の市政は犬崎が行うことを意図している可能性は高いでしょう。

佐藤智子に忖度なし

それでも智子には市長になってほしいですよね。いろいろな思惑を無視して、腐敗が進んだ市政をぶっ壊す!そんな市長になれるのは智子だけでしょう。そして、「佐藤智子に忖度なし!」と高らかに宣言してほしいものです。

<『民衆の敵』FODプレミアムで全話配信中!>

【31日間無料お試し】FODプレミアムはこちら

『民衆の敵』第6話の感想に関する視聴者アンケート結果

第6話の感想についての視聴者アンケートを実施しました。その声を紹介します。

藤堂の何とも言えない孤独な雰囲気は見ていて切なくなる(30代女性)

犬崎に踊らされている智子が市長になり、自分のやりたい事をできないもどかしさが今後出てくると思います。市長とは名ばかりで結局は犬崎の思うように操られるだけになるような気がします。また藤堂の何とも言えない孤独な雰囲気は見ていて切なくなります。莉子と最後に撮った写真が週刊誌などに出てしまわないか気になりました。

こうやって政治家は黒くなっていくのかな(30代女性)

市民の陳情を何とかしたいと奔走するも、一議員では何も実現できない所に市長になれば、やりたい事がやれる、しかも、あやつり人形前提ではあるけれど、犬崎から市長の話もあるとなれば、自分のやりたい事がやれるとその話にのってしまう智子の気持ちも分からなくはないけれど、こうやって政治家は自分のやりたいことの為にという大義名分を得て、黒くなっていくのかなと思いました。

まさか本当に市長選に立候補して当選してしまうとは(30代女性)

佐藤議員、まさか本当に市長選に立候補して当選してしまうとは思わなかったです。当初は議員としてさまざまな市民に寄り添っていくドラマなのかなと思っていましたので、違う方向へ行ってしまいました。市民に身近に関わっていくのが、議員として良いところだと思ってたので、市長になってしまって今後どう市民と関わっていくのか、展開が楽しみです。

諦めの悪い人情臭さにジーン(20代女性)

佐藤智子が犬崎の思惑に気付いていながらも、最後は市民に望まれる世の中をつくろうと犬崎の思惑に乗っかり権力を得ようとしたシーンに考えさせられました。゛権力がほしい、そのためには毒も飲む覚悟だ。”と藤堂誠に話す智子からは、綺麗ごとだけでは済まされない世界で覚悟を決めた凛としたかっこよさと、諦めの悪い人情臭さを感じジーンとしました。

そのうちみんなにとって生きづらい社会になってしまうのではないか(20代女性)

無所属として立候補した智子が、結局は犬崎派の人々に周りを固められて、実際の政治でも、同じようなことが起こっているのだろうなあ、と思っていました。いわゆる老害のような権力ある立場の人の思う通りに全てが進んでいて、そのうちみんなにとって生きづらい社会になってしまうのではないかと考えてしまいました。

日本の政治もこんなことが内部で起こっているのかもしれない(30代女性)

佐藤のように純粋に人を幸せにしたい、社会を変えたいと思っている人間が市長になるために立候補するためにも犬崎の力が必要なんだなって、権力や上のものの力なくしてはそれを伝えられないという立場、市議会議員の内部は複雑なんだな、大変なんだなと思い、日本の政治もこんなことが内部で起こっているのかもしれないと考えさせられました。面白かったのは、佐藤がラスト、前田と河合の権力に振り回されてしまう設定になってしまったと気付くところです。

引きずり降ろされないようにしてほしい(40代女性)

やはり秘書の自殺はもう忘れ去られちゃったのかと悲しくなりました。それでわだかまりなく市議を続けたり市長になろうとしたりできるのかな、まして犬崎さんたちに利用されたりしないようにできるのかなと思いました。河原田元市長たちがどこまで応援してくれるのかわかりませんが、引きずり降ろされないようにしてほしいです。

少し急ぎすぎな印象(40代女性)

智子が結果的に犬崎の力を借りて市長になったことによって、ずっと応援して助けてくれていた和美と溝が出来てしまってさみしいと思いました。智子は市民のためにしたいことを出来るように市長になったのですが、少し急ぎすぎな印象です。でも、最終的に助けてほしいと思うのは和美だと思うので、早く和解して一緒に頑張っていく姿をまた見せてほしいと思います。

本当の市民の為の政治をするかが楽しみ(60代男性)

智子は、犬崎に利用されまいと、市長選を断っていたが、逆に犬崎を利用してやろうと思って市長選に出る。智子は、河原田前市長との争いに成る、そして、智子が当選する。逆に犬崎を利用しようと思って居た智子に(実際有り得ないと思うが)犬崎は秘書と副市長を決めていた事を伝える。素人政治家、智子はもう犬崎に利用されそうである。市長の記者会見でも友達の記者・和美に市長は犬崎派?と言われる。智子が思って居たのと全く違う方向に行きそうである、それも、自然の成り行きみたいな状態で・・ベテラン議員・犬崎の手の平に乗って居る様である。智子は、この状態をどのように乗り切り本当の市民の為の政治をするかが楽しみである。

政治家という仕事は本当に両極端(30代女性)

仕事をとるか、家庭をとるか。政治家という仕事は本当に両極端で、どっちも大切にするのは難しいと感じました。ちょっとしたことですれ違い、家庭崩壊もあり得る話なので、まだ子供がちいさい母親が市長選に出るなんてことは、家族の協力がないととても難しい。これからがいろいろと問題が山積みになりそう。でも彼女には頑張ってほしい。

<『民衆の敵』FODプレミアムで全話配信中!>

【31日間無料お試し】FODプレミアムはこちら

まとめ

今回は11月27日放送の『民衆の敵』第6話の動画を視聴する方法を紹介してきました。ポイントは次の2つです。

  1. 放送から1週間以内ならTverやFOD(フジテレビオンデマンド)で視聴できる
  2. 1週間以上経過した場合はFODプレミアムやdTVなどの動画配信サービスで視聴できる

とりあえず、今すぐ動画を視聴したい方は、フジテレビ系に強いFODプレミアムがおすすめです!お得なキャンペーンはいつ終わるかわからないので、早めに登録しておいたほうがいいですね。

>>FODプレミアムの無料お試し登録はこちら

 

『民衆の敵』見逃し動画の全話配信状況!
『民衆の敵』に関連する記事はこちら
2017秋ドラマ特集

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。