『隠蔽捜査 去就』キャスト、あらすじ、ロケ地&大森の撮影場所!【杉本哲太×古田新太】

今野敏サスペンス 隠蔽捜査~去就~
2019年3月11日(月)20時からTBS系の月曜名作劇場枠で放送のスペシャルドラマ『今野敏サスペンス 隠蔽捜査~去就~』。杉本哲太、古田新太、安田顕、佐野玲於、佐野ひなこらが出演するサスペンスということで注目されています。そこで今回は『今野敏サスペンス 隠蔽捜査~去就~』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじ、物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

【2019春ドラマ特集】

『今野敏サスペンス 隠蔽捜査~去就~』のあらすじ&原作

あらすじ

大森北署署長・竜崎伸也(杉本哲太)は、ストーカー 対策チームの編成に追われていた。年々増加傾向にある ストーカー事件で、警察の対応が遅れて殺傷事件に発展してしまうのを防ぐための組織作りへの取り組みをいち早くマスコミ公表したい警察庁長官官房長の上條貴仁(生瀬勝久)は各方面に檄を飛ばす。しかし人選にベストを尽くそうと拘る竜崎だけが期限を守れず「これ以上の遅れは許されない」と督促を受けていた。メンバーに選出した刑事・戸高善信(安田顕)の了承が得られず難航していたのだ。

今野敏サスペンス 隠蔽捜査~去就~

時を同じくして竜崎の家庭でも問題が起きていた。妻の冴子(鈴木砂羽)から聞いた話によると、娘・ 美紀(三倉茉奈)が交際相手からストーカー行為を受けているという。その交際相手とは竜崎の元上司の 息子だ。事件は職場でも、家庭でも起きていた。

一方、警視庁刑事部長の伊丹俊太郎(古田新太)も窮地に陥っていた。たまたま乗った電車で痴漢と間違われ、竜崎の部下・根岸紅美(高山侑子)に逮捕され大森北署に連行されてしまう。

今野敏サスペンス 隠蔽捜査~去就~

そんななか、大森北署管内で殺人事件が発生。被害者とモメていた男女2人が行方不明となる。目撃証言から、行方不明の女性は失踪届が出されている寺川真智子(佐野ひなこ)と推測された。

真智子は、大森北署のストーカー相談窓口に被害の相談をしていたことが判明した。
世間からの強い風当たりを避けようとする上條ら上層部と、事件の解決を最優先しようとする竜崎と伊丹らがまたしても捜査方針を巡って対立することになる。

今野敏サスペンス 隠蔽捜査~去就~

殺人事件とストーカーは関連があるのか? そして行方不明の男女2人とは誰なのか?

原作は今野敏の小説

ドラマの原作は今野敏のミステリー小説「去就—隠蔽捜査6—」。今回のドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

 

『今野敏サスペンス 隠蔽捜査~去就~』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

竜崎伸也/杉本哲太

伊丹俊太郎/古田新太

戸高善信/安田顕

貝沼悦郎/松澤一之

竜崎美紀/三倉茉奈

斎藤 治/八十田勇一

竜崎邦彦/佐野玲於

寺川真智子/佐野ひなこ

根岸紅美/高山侑子

弓削篤郎/菅原大吉

梶洋太郎/渡辺いっけい

竜崎冴子/鈴木砂羽

上條貴仁/生瀬勝久

スタッフ情報

ナレーション/麻実れい

脚本/小山正太

代表作にドラマ『命売ります』、『キャリア~掟破りの警察署長~』、『不機嫌な果実』、『5→9 私に恋したお坊さん』、『医師たちの恋愛事情』、『すべてがFになる』など

演出/岡本伸吾

スポンサードリンク

『今野敏サスペンス 隠蔽捜査~去就~』ロケ地&撮影場所まとめ

このドラマは2017年に撮影されたようですね。約2年越しの放送となりました。

大森駅東口の路地

大森駅東口の路地

東京都大田区にあるJR大森駅。京浜東北線の駅として知られています。予告動画から大森駅東口から徒歩1分の場所にある路地がロケ地になったことがわかっています。

今野敏サスペンス 隠蔽捜査~去就~

七輪焼肉安安大森2号店や逸品園、オーパスワン大森店の看板が見えていました。

逸品園大森店の住所:東京都大田区大森北1-3-8

 

富士商工会議所

富士商工会議所

静岡県富士市にある富士商工会議所。ここが『隠蔽捜査~去就~』の撮影地になったとフィルムコミッション富士が発表しています。

富士商工会議所の住所:

この他の撮影場所が判明したら更新します。

【2019春ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。