『奪い愛、冬』ロケ地&撮影場所、キャスト、エキストラまとめ!

2017年1月20日からテレビ朝日系列で放送される冬ドラマ『奪い愛、冬』。ドロドロの略奪愛を描いた愛憎劇に三浦翔平、倉科カナ、大谷亮平、水野美紀ら豪華すぎるキャストで話題になっています。

そこで今回は冬ドラマ『奪い愛、冬』のロケ地となる撮影場所、エキストラ募集情報、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

ドラマ『奪い愛、冬』第1話のあらすじ

デザイン会社で働く池内光(倉科カナ)はある日、アシスタントで恋人の奥川康太(三浦翔平)からプロポーズされる。ちょっと頼りないけれど、とても優しく、何よりも光を全身で愛してくれる康太。彼の大きな愛に包まれ、光は幸せを噛み締めていた。

そんな中、光は会社を代表し、建設会社のロゴデザイン・コンペに参戦することになる。意気込むあまり緊張する光を励まそうと、オリエンテーション会場に向かうエレベーターの中でキスをする康太。だがその瞬間、ふいに開いた扉の向こうに視線を移した光は、ある一点から目が離せなくなってしまう。そこにいたのはライバル会社のデザイナー・森山信(大谷亮平)――旧姓・尾田。彼こそは、かつて光が死ぬほど愛した男、そして…3年前に突然、好きな人がいると告げ、姿を消してしまった男だった!

康太の存在に癒され、とっくに記憶の彼方へ飛んでいったはずなのに…。せきを切ったように、止めどなくあふれ出す信との思い出。だが、そんな事実を康太に告げられるわけもなく、光はただひとり激しく動揺する…。しかも、その日を境に、幸せで輝いていた光の人生に、どんよりと影が差し始める。一人息子の康太を溺愛する美佐(榊原郁恵)は、光のことが気に入らず、身辺を調査。一方、信の妻・蘭(水野美紀)は、最愛の夫に変な虫がつかないよう、鋭く目を光らせ…!(公式ホームページから引用)

第1話のあらすじの時点でドロドロした展開が期待できそうなストーリー。この時間帯らしい愛憎劇が期待できそうですね。理性では割り切れない男女の激しい愛、愛しているからこそ激しく燃えたぎる嫉妬の炎…。そんな見応えのある物語になりそうです。

しかも単なる三角関係、四角関係ではなく、他の登場人物も絶妙に絡んできて”愛と嫉妬の底なし沼”模様になりそうな予感。三浦翔平、倉科カナ、大谷亮平、水野美紀というメインキャストも秀逸。今クールで期待度の高い作品です。

 

スポンサードリンク

 

ドラマ『奪い愛、冬』のキャスト

池内光/倉科カナ

デザイン会社で働くデキる女。幼い頃に父親を亡くし母親が定食屋を営みながら女手ひとつで育てられた。同じ会社の後輩・奥川康太にプロポーズされて婚約するが、ある日、激しく愛していた元カレと再会。婚約者の自分、妻帯者の元カレという立場は理解しているのに、元カレを求める気持ちが抑えきれなくなって…。

倉科カナ出演の映画『3月のライオン』ロケ地まとめ

倉科カナ出演のドラマ『カインとアベル』撮影場所まとめ

倉科カナ出演のドラマ『感情8号線』撮影場所まとめ

奥川康太/三浦翔平

光と同じデザイン会社に勤務する池内光の婚約者。料理研究家の母親に溺愛されて育てられたことが影響して優柔不断の癒し系だが、ときおり意志の強さも見せる。光との婚約を母親が反対したが、意志は揺るがない。しかし、元カレに吸い寄せられていく光を見ているうちに、彼女への愛と嫉妬が交錯して…。

三浦翔平出演の映画『ひるなかの流星』ロケ地まとめ

森山信/大谷亮平

池内光の元彼で現在は幼なじみの森山蘭と結婚し福岡で勤務。かつては光と結婚を意識したが、ある理由で光の前から姿を消す。ある日、東京で光とばったり再会してしまったことで…。

大谷亮平出演のドラマ『逃げ恥』ロケ地まとめ

豊野秀子/秋元才加

池内光と奥川康太と同じデザイン会社に勤務。車内でも評判がよく光とも仲良しなのは表の顔。実は康太のことが好きで裏では光との仲を壊そうと画策しているうちに…。

秋元才加出演のドラマ『グッドモーニング・コール』撮影場所まとめ

秋元才加出演のドラマ『スクラップ・アンド・ビルド』撮影場所まとめ

尾上礼香/ダレノガレ明美

康太の幼なじみで家族ぐるみの付き合いで康太と大学時代に交際していた。康太の母・美佐は康太と礼香と結婚させたがっているから…。

加藤清/西銘駿

森山信の会社の後輩で信を尊敬している。

斎藤部長/ミスターちん

森山信が働くデザイン会社の部長。信の妻のことも”よく”知っている…!?

ミスターちん出演のドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』撮影場所まとめ

 

次ページ 『奪い愛、冬』ロケ地まとめ

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。