ドラマ『往復書簡』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじまとめ!

2016年9月30日にTBSで放送されるスペシャルドラマ『往復書簡~十五年後の補修』。渚かなえの短編小説集を原作に、松下奈緒、市原隼人、鹿賀丈史ら実力派の出演者が揃ったことで注目されています。

そこで今回はスペシャルドラマ『往復書簡』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

ドラマ『往復書簡』のあらすじ

OLの万里子(松下奈緒)は、恋人の純一(市原隼人)が突然、辺境の国へ旅立ってしまったことに戸惑っていた。国際ボランティアに志願し、発展途上国の子ども達に勉強を教える任に就いた純一は、あと2年は帰ってこない。そんな大事なことを、純一は自分にも家族にも相談せずに決めてしまった…その理由は何なのか。電話も通じず、万里子は純一に宛てた手紙に不安な思いをつづることしかできない。

あくる日の朝、材木倉庫で女性の焼死体が発見される。現場を訪れた刑事の亀山(鹿賀丈史)の脳裏によぎったのは、15年前に同じ倉庫で起きた放火殺人だった。

15年前――。出火した材木倉庫の中に、当時中学生の万里子(西畑澪花)と、同級生の一樹(篠田諒)が閉じ込められた。万里子は駆けつけた純一(福山康平)に救出されたが、一樹は死亡。倉庫に外からかんぬきがかけられていたことから、放火殺人の線で捜査され、万里子たちの同級生である康孝(今井悠貴)に疑いがかけられた。だが、康孝は事件翌日に自殺。真相は解明されないまま、捜査は打ち切られたのだった。担当刑事だった亀山は、その結末をとても悔やんでいた。

死んだ女性の身元は、康孝の母親・綾子(大沢逸美)だと判明。その報道に驚く万里子のもとに、亀山が訪ねてくる。「15年ぶりですね。万里子さん、記憶は?」…実は万里子は、15年前の事件の直後、ショックで事件の記憶を失っていた。そして記憶の扉は、いまでも開かれていなかった。

数日後。綾子の告別式に、15年前の事件に関与した子どもたちの親が揃った。一樹の母親・百合(多岐川裕美)は、息子の死の真相を知りたいがあまり、記憶を取り戻そうとしない万里子を責める。「純一君は万里子さんが思い出したら困ることでもあるのかしら?」

そんな中、海外の純一から手紙の返事が届く。そこには万里子の知らなかった、純一のある告白が書かれていた。次第に不安に押しつぶされていく万里子は、15年前の記憶が断片的に蘇るようになる…。(公式ホームページから引用)

ベストセラーを連発する渚かなえの小説が原作であることから、しっかりとした舞台設定や臨場感のある人物描写、思わずゾクゾクするような本格的なサスペンスが期待できます。

また、しっかりとした演技ができるキャスト陣が揃っているので、何の違和感もなく物語の世界観に入り込んでいけるでしょう。

 

ドラマ『往復書簡』のキャスト

岡野万里子/松下奈緒 OL。純一と交際している。15年前に出火した材木倉庫から助けられた。

松下奈緒出演のドラマ『特命指揮官 郷間彩香』撮影場所まとめ

永田純一/市原隼人 万里子の恋人。急遽国際ボランティアで発展途上国に飛び立つ。

市原隼人出演の映画『RANMARU 神の舌を持つ男』ロケ地まとめ

市原隼人出演の映画『無限の住人』ロケ地まとめ

市原隼人出演のドラマ『福家堂本舗』撮影場所まとめ

市原隼人出演の大河ドラマ『おんな城主直虎』撮影場所まとめ

市原隼人出演のドラマ『君に捧げるエンブレム』撮影場所まとめ

市原隼人出演のドラマ『不機嫌な果実スペシャル』撮影場所まとめ

坪内由美/朝倉あき

都築健治/森永悠希

森永悠希出演のドラマ『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』撮影場所まとめ

阿部智也/鈴之助

鈴之助出演の映画『SCOOP!』ロケ地まとめ

鈴之助出演のドラマ『ラストコップ』撮影場所まとめ

久保田綾子/大沢逸美 15年前の疑惑で自殺した康考の母親。材木倉庫で焼死体で発見される。

永田頼子/長野里美

岡野万里子/西畑澪花 中学生時代の万里子。

永田純一/福山康平 中学生時代の純一。

福山康平出演のドラマ『精霊の守り人』撮影場所まとめ

大島一樹/篠田諒 15年前の火災事件で死亡。

久保田康孝/今井悠貴 15年前の火災事件で放火の疑いをかけられ自殺。

永田恵一/山崎銀之丞

山崎銀之丞出演のドラマ『陽炎の辻 完結編』撮影場所まとめ

久保田進/梨本謙次郎

亀山隆三/鹿賀丈史  15年前に起きた材木火災事件を担当した刑事。

鹿賀丈史出演のドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール』撮影場所まとめ

鹿賀丈史出演のドラマ『とげ 小市民倉永晴之の逆襲』撮影場所まとめ

鹿賀丈史出演のドラマ『富士ファミリー2017』撮影場所まとめ

鹿賀丈史出演のドラマ『増山超能力師事務所』撮影場所まとめ

 

スポンサードリンク

 

ドラマ『往復書簡』のロケ地&撮影場所まとめ

このドラマは2016年7月頃撮影されていますが、目撃情報がほとんどありません。首都圏を中心としたロケだったと思います。

横浜アリーナ付近

横浜線、新幹線、横浜市営地下鉄がとまる新横浜駅から徒歩10分程度の場所にある横浜アリーナ。イベントやコンサートが行われる場所として有名ですね。

7月6日に横浜アリーナ付近で松下奈緒と鹿賀丈史がロケをしていたという目撃情報がありました。

松下奈緒と鹿賀丈史という組み合わせから、『往復書簡』の撮影と考えていいでしょう。

横浜アリーナの住所:神奈川県横浜市港北区新横浜3-10

<横浜市港北区で撮影された作品>

ガッキー、星野源ら出演のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』撮影場所まとめ!

 

品川のオフィスビル

東京有数のオフィス街として知られる品川。7月3日に品川にあるオフィスビルで松下奈緒が撮影をしていたという目撃情報がありました。

オフィスビルということから、恐らく港南口の可能性が高いですが、詳細は不明です。判明したら追記します。

品川駅港南口の住所:東京都港区江南2丁目付近

<品川駅付近で撮影された作品>

中村蒼、大東駿介ら出演のドラマ『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』撮影場所まとめ!

 

最後に

重厚なキャスト陣でおくる本格サスペンスが魅力の『往復書簡』。単発ドラマですが、結末まで見逃せない作品になりそうですね。

→【2016秋ドラマ】ロケ地とキャストの一覧

スポンサードリンク