『女医・倉石祥子 死の内科病棟』ロケ地&撮影場所、キャストまとめ!

2016年10月21日にフジテレビの金曜プレミアムで放送されるスペシャルドラマ『女医・倉石祥子 死の内科病棟』。大人気の倉石祥子シリーズ第4弾ということで注目されています。

そこで今回はスペシャルドラマ『女医・倉石祥子 死の内科病棟』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

ドラマ『『女医・倉石祥子 死の内科病棟』』のあらすじ

女医・倉石祥子(片平なぎさ)が勤務する関東医科大学病院で、突然大声をはりあげ騒ぎ立てる男が出現。慌ててその男を止めに入る祥子と、それを見守る看護師・蒲田駿(小池徹平)。一方で陣内雄一(小木茂光)は、その場で冷静に対処していた。現在、陣内は関東医科大学病院に勤務しているが、一年前は現在祥子が当直勤務している大泉記念病院にいた小児科医だ。

ある夜、祥子は大泉記念病院で当直勤務中だった。呼吸の異変を感じて訪れた佐藤千尋(阿部朋子)を診察した祥子は、検査のため千尋に緊急入院を言い渡す。祥子と共にその場で診察を担当していた神林雪(中別府葵)と今宮淳(根本正勝)が、千尋の顔を見てハッとする。千尋は、以前この大泉記念病院の看護師だったのだ。


病室で祥子は、千尋から「もし私に万一のことがあったら、医大を目指す息子のことをお願いします」と涙ながらに頼まれた。命に係わる症状ではないと千尋を安心させる祥子だが、看護師の雪子と今宮にも注意を払うよう指示した。

駿もまた、看護師をしながら医大を目指して奮闘する受験生。そんな駿が受けた模試の結果だが、友人の大吾(多和田秀弥)とは雲泥の差で散々な結果が並んでいた。いつも通り自習室で二人は何気ない会話をしていたが、大吾は胃の痛みを感じていた。一方、最前の注意を払っていた入院患者の千尋だが、なんと急死してしまう。原因が全く見当がつかず、この死にどうしても納得できない祥子。千尋の病室内を見回すと、ごみ箱の中に見覚えのない花柄のティッシュペーパーを発見した。この花柄のティッシュは、千尋の死と何か関係があるのだろうか…。


そんな中、千尋の病室にかけつけたのは、駿の友人である大吾。千尋が祥子に話した“医大を目指している息子”とは大吾のことだったのだ。突然の不幸に取り乱す大吾…。そこでも胃の痛みを訴え倒れてしまう。また、病院の入り口には、関東医科大学病院で叫んでいたあの男の姿が…。男の名前は、高倉銀作(嶋田久作)。その正体は、一年前大泉記念病院で、急死した高倉アイの父親だと判明。何か恨みがあるのだろうか…。

死亡した千尋が、一年前まで大泉記念病院に看護師として勤務しており、そして今回入院した大吾はその息子だという事実を陣内に話す祥子。同時期にその病院に勤務していたはずの陣内だが、知らないと言う。千尋の死に納得できない祥子は、大泉記念病院で当時のカルテを使って再び状況を調べ始める。友人の大吾のためにも真相をつかみたい駿、そして情報収集を買って出た看護師の青山賢斗(井出卓也)、さらに祥子とは旧知の仲である赤井和義(大友康平)も協力し、裏捜査が開始される。


賢斗と赤井は、入院の際、今宮と千尋がロビーで口論していたことや、これまで今宮が雪子にセクハラやパワハラをしていたこと、そして雪子がドクターと不倫しているというゴシップ情報を入手!今宮は千尋の死と何か関係があるのだろうか…?調べを進めるも、有力な情報が見つからず息詰まる祥子たち。

そんな中、今宮が非常階段で頭から血を流して死んでいるのが発見された。このタイミングで…なぜ?千尋と今宮の不審死…今宮と雪子の関係…そして、大泉記念病院で娘が急死した高倉銀作。さらに大吾の容態は…?相次ぐ不可解な事件の真実に、祥子と駿はたどりつくことができるのだろうか!?(公式ホームページから引用)

このシリーズはまさにミステリーといった感じでストーリーが急展開したり、最後まで結末が読めない手に汗握るドキドキ感が面白いですよね。また、病院という舞台がさらに”怪しさ”を醸し出し、恐怖すら感じてしまうこともあります。

今回も重厚なキャスト陣が素晴らしい演技をしてくれるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

ドラマ『『女医・倉石祥子 死の内科病棟』』のキャスト

倉石祥子/片平なぎさ

蒲田駿/小池徹平

小池徹平出演のドラマ『千住クレイジーボーイズ』撮影場所まとめ

陣内雄一/小木茂光

小木茂光出演のドラマ『赤かぶ検事奮戦記6』撮影場所まとめ

高倉銀作/嶋田久作

嶋田久作出演のドラマ『氷の轍』撮影場所まとめ

青山賢斗/井出卓也

井出卓也出演の映画『イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編~』ロケ地まとめ

大吾/多和田秀弥

神林雪/中別府葵

佐藤千尋/阿部朋子

今宮淳/根本正勝

赤井和義/大友康平

岩佐真悠子

 

次ページ 『女医・倉石祥子 死の内科病棟』ロケ地まとめ

下の数字でページを切り替えできます。

スポンサードリンク