映画『ここは退屈迎えに来て』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじ、エキストラまとめ!

2018年公開の映画『ここは退屈迎えに来て』。山内マリコの小説を原作に、『ストロボ・エッジ』、『オオカミ少女と黒王子』、『夏美のホタル』、 『PとJK』、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、『伊藤くん A to E』などを手がける廣木隆一監督作品ということで注目されています。

そこで今回は映画『ここは退屈迎えに来て』のロケ地となる撮影場所、エキストラ募集情報、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

映画『ここは退屈迎えに来て』のあらすじ&原作

とある地方に住む女性たちを主人公にした連作小説で、それぞれ都会への憧れや執着を持ちつつ、狭い街で暮らす様が描かれている。地方都市のリアルな情景描写や、煩わしい人間関係や地方ならでは閉塞感にやりきれない思いを抱えながら生きる女性たちの強さを描く。

東京の一極集中が問題視されている現在、さまざまな取組みの影響もあり、最近では地方移住やUターン、Iターンも活発になってきたと言われています。しかし、それはあくまでも都会→地方の流れ。今でも地方に住む人たちは東京への憧れを強く抱き、上京する日も数多くいます。実際、首都圏の人口は増え続けていますね。

単純に東京に憧れる、地方の人間関係に疲れるから距離をおきたい、大きな仕事がしたい、など理由は様々でしょう。逆に地方都市は東京に比べてのんびり暮らせる反面、煩わしさや閉塞感があるのかもしれません。この映画のタイトル通り、刺激の少ない毎日に「退屈。誰か王子様が迎えに来てほしい」と願っている女性も数多くいるかもしれませんね。

都会も地方も一長一短だとおもいますが、けっきょくは自分が何が一番大事で、何を取って何を捨てるのか?を決めた方がいいということ。この映画は地方都市で暮らす女性たちのリアルを描いたストーリー。今の環境に閉塞感を感じている女性はすごく共感できるかもしれません。

原作は山内マリコの短編小説集

この映画の原作は山内マリコの短編小説集「ここは退屈迎えに来て」。Amazonでも楽天でも絶賛評価を連発しているので、今回の映画化を機に一度は読んでおきたいものですね。

Amazon↓↓

楽天↓↓

 

 

映画『ここは退屈迎えに来て』のキャスト

スポンサードリンク

成田凌(目撃情報)

橋本愛(目撃情報)

門脇麦(目撃情報)

あかね/内田理央(目撃情報)

南/岸井ゆきの(目撃情報)

村上淳(目撃情報)

出演者はまだ発表がありません。人気の若手キャストが多数出演するということなので、オフィシャルの発表を楽しみにしましょう。キャストが発表され次第、随時更新します。

次ページ 『ここは退屈迎えに来て』ロケ地まとめ

スポンサードリンク



スポンサードリンク
※キャンペーン

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。