実写映画『ラーメン食いてぇ!』ロケ地&撮影場所、キャストまとめ!

2018年公開の映画『ラーメン食いてぇ!』。林明輝の人気コミックを原作とした実写映画化作品ということで注目されています。

そこで今回は実写映画『ラーメン食いてぇ!』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

実写映画『ラーメン食いてぇ!』のあらすじ

ラーメン作りのベストパートナーだった妻を亡くし、店を畳む決意をしたラーメン店店主・紅。新疆ウイグル自治区でのテレビ取材中、事故に遭い、一人荒野を彷徨う羽目になった料理研究家・赤星。心ない高校の同級生の噂が元で、自殺を考える女子高生・茉莉絵。

一杯のラーメンが、こんな3人を思わぬ形で結びつけ、変えていく。(イブニングから引用)

「No Ramen!No Life!」なラーメン好きの方は、一杯のラーメンを通して人と人が結びついていくことを容易に想像できると思います。日本人の国民食であり、世界にも認められたラーメン。まさにラーメンさえあれば「言葉はいらない」のかもしれませんね。

この物語は作者がラーメン店を経営していた父に取材をして書いた渾身の作品。上下巻で全9話というちょうどよいボリュームで完結するのも人気の理由です。

 

実写映画『ラーメン食いてぇ!』のキャスト

紅/? ラーメン店の店主。

赤星/? 料理研究家。

茉莉絵/葵わかな(目撃情報) 女子高生。

キャストが判明次第、更新していきます。

 

スポンサードリンク

 

実写映画『ラーメン食いてぇ!』のロケ地&撮影場所

撮影は2016年11月後半頃に行われているようです。

原作の舞台は高崎の清華

原作の舞台は高崎市

清華軒の住所:

 

高崎駅東口駅前

群馬県高崎市にあるJR高崎駅。群馬県の中心エリアの一つとして知られています。11月29日に高崎駅東口駅前で『ラーメン食いてぇ』のロケで女子高生が撮影をしているという目撃情報がありました。

目撃情報で共通しているのが「女子高生役の子がかわいい」ということでしたが、その正体はどうやら葵わかなのようですね。

高崎駅の住所:

<高崎市で撮影された作品>

菅田将暉出演の映画『あゝ、荒野』ロケ地まとめ!

沢村一樹出演のドラマ『ダメ父ちゃん、ヒーローになる!崖っぷち!人情広告マン奮闘記』撮影場所まとめ!

 

栃木県足利市で撮影

この他にも栃木県足利市で11月20日にエキストラ募集がありました。

こちらの撮影場所は判明次第、追加します。この他にも新たな目撃情報やロケ地情報が入ったら、更新します。

 

最後に

原作ファンやラーメンマニアの方はぜひ観ておきたい映画ではないでしょうか。2018年の公開が楽しみです。

スポンサードリンク