映画『世界でいちばん長い写真』ロケ地&知多半島の撮影場所、キャスト、あらすじ、原作、エキストラまとめ!

2018年初夏公開の映画『世界でいちばん長い写真』。誉田哲也の人気小説を原作に、高杉真宙や武田梨奈らが出演することで話題になっています。

そこで今回は映画『世界でいちばん長い写真』のロケ地となる撮影場所、エキストラ募集情報、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

映画『世界でいちばん長い写真』のあらすじ&原作

目標もなく冴えない毎日を送っている主人公・宏伸は、祖父が営むリサイクルショップで風変りなカメラを発見する。それは世界一長いパノラマ写真が撮れるカメラだった。その日以来、モノクロだった宏伸の人生は、鮮やかなものに変わっていく。(映画.comから引用)

この物語は故・山本新一さんが開発した360度回転パノラマカメラを題材にした実話をもとに作られており、実際、このカメラを使って撮影された写真は全長145mの”世界一長い写真”としてギネス登録されました。

さらに、映画は愛知県の知多半島が舞台で、知多半島でオールロケが行われます。知多半島の美しい景色がどのように写真にそして、映画の映像美として撮影されるのか?楽しみですね。

原作は誉田哲也の人気小説

この映画の原作は誉田哲也の人気小説「世界でいちばん長い写真」。Amazonでも楽天でも絶賛評価を連発しているので、今回の映画化を機に一度は読んでおきたいものですね。

Amazon↓↓

楽天↓↓

 

 

映画『世界でいちばん長い写真』のキャスト

宏伸/高杉真宙

目標もなく冴えない毎日を送っている。

武田梨奈

宏伸の従姉。

追加キャストは随時更新していきます。

 

スポンサードリンク

 

映画『世界でいちばん長い写真』のロケ地&撮影場所まとめ

舞台は愛知県の知多半島

知多半島

この映画は愛知県の南部にある知多半島で撮影が行われます。知多半島は内海海水浴場やサンセットビーチなど、東海エリアの海水浴場が数多くあることで知られていますね。また、知多半島には数多くの市町村があります。

  • 南知多町
  • 美浜町
  • 武豊町
  • 常滑市
  • 半田市
  • 阿久比町
  • 知多市
  • 東浦町
  • 東海市
  • 大府市

撮影は2017年夏からスタート。実際、どこが撮影場所になるのか?楽しみですね。ロケ地や目撃情報が出たら随時追加していきます。

<愛知県で撮影された作品>

福山雅治、二階堂ふみ、斎藤工ら出演の映画『SCOOP!』ロケ地まとめ

山本美月、本田翼、稲垣吾郎、新田真剣佑出演の映画『少女』ロケ地まとめ

波瑠、斉藤由貴、柳楽優弥ら出演のドラマ『お母さん、娘をやめていいですか?』撮影場所まとめ

佐藤健、綾野剛ら出演の映画『亜人』ロケ地まとめ

向井理、尾野真千子ら出演の映画『いつまた、君と~何日君再来』ロケ地まとめ

松井玲奈出演のドラマ『名古屋行き最終列車2017』撮影場所まとめ

足立梨花、葉山奨之ら出演のドラマ『名駅1丁目1番1号~人と、幸せを、つなぐ場所。~』撮影場所まとめ

 

エキストラ募集情報

今のとろこオフィシャルで募集されているエキストラ情報はありません。新たな募集があったら、追加します。

 

最後に

知多半島の美しい景色と素晴らしい原作、素晴らしいキャストが出演する映画『世界でいちばん長い写真』。2018年の公開が待ちきれませんね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ツタヤ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。