どれが面白い?2016年の全ドラマ視聴率ランキングと今年の3つの傾向!

2016年も残すところあとわずか。今年も数多くのドラマが放送されましたね。「このドラマは面白かった!」、「続編が観たい!」など、心に残るドラマもあった方もいたはず。

そこで今回は2016年に放送された全ドラマの視聴率ランキングベスト20とランキングから見えた今年の傾向とトピックスをまとめてみました。

関連記事

2017年1月スタートの冬ドラマ視聴率ランキング

スポンサードリンク

2016年ドラマ視聴率ランキング

まずは2016年の全ドラマの視聴率ランキング(期間平均)ベスト10を見ていきます。連続ドラマ、朝ドラ、大河ドラマを含めたランキングにしています。


朝ドラ『あさが来た』は2015年から放送され、『べっぴんさん』は2017年1月以降も放送されるので含めていません。

順位 タイトル 主演 視聴率
1 とと姉ちゃん 高畑充希 22.30%
2 ドクターX 米倉涼子 21.80%
3 99.9-刑事専門弁護士 松本潤 17.20%
4 真田丸 堺雅人 16.60%
5 相棒season14 水谷豊 14.97%
6 相棒season15 水谷豊 14.64%
7 逃げ恥 新垣結衣 14.50%
8 世界一難しい恋 大野智 12.83%
9 スペシャリスト 草なぎ剛 12.55%
10 校閲ガール・河野悦子 石原さとみ 12.36%

(出典:ドラマ投票所)

11位から20位は視聴率10%を超えているので、参考に見ておきましょう。

順位 タイトル 主演 視聴率
11 捜査一課9係11 渡瀬恒彦 12.14%
12 科捜研の女16 沢口靖子 11.99%
13 家売るオンナ 北川景子 11.58%
14 科捜研の女15 沢口靖子 10.99%
15 IQ246 織田裕二 10.82%
16 怪盗 山猫 亀梨和也 10.72%
17 グッドパートナー 竹野内豊 10.70%
18 仰げば尊し 寺尾聰 10.54%
19 刑事7人 東山紀之 10.29%
20 砂の塔 菅野美穂 10.19%

参考までに、21位から30位も紹介します。

順位 タイトル 主演 視聴率
21 捜査一家長 内藤剛志 10.03%
22 はじめまして、愛してます。 尾野真千子 9.86%
23 フラジャイル 長瀬智也 9.77%
24 いつ恋 有村架純 9.69%
25 ヒガンバナ 堀北真希 9.59%
26 ダメ恋 深田恭子 9.47%
27 トットてれび 満島ひかり 9.44%
28 夏目漱石の妻 尾野真千子 9.15%
29 精霊の守り人 綾瀬はるか 9.13%
30 できしな 中谷美紀 8.99%

「わたしの好きなあのドラマがない!」という方のために、31位から40位も紹介しておきます。

順位 タイトル 主演 視聴率
31 家族のカタチ 香取慎吾 8.98%
32 好きな人がいること 桐谷美玲 8.91%
33 火村英生の推理 斎藤工 8.78%
34 ラヴソング 福山雅治 8.43%
35 ゆとりですがなにか 岡田将生 8.41%
36 ラストコップ 唐沢寿明 8.30%
37 カインとアベル 山田涼介 8.21%
38 僕のヤバイ妻 伊藤英明 8.17%
39 そして、誰もいなくなった 藤原竜也 8.12%
40 レディ・ダ・ヴィンチの診断 吉田羊 8.11%

ここまで来たら50位まで発表します。これで最後です。

順位 タイトル 主演 視聴率
41 重版出来! 黒木華 7.99%
42 ON 異常犯罪捜査官 波瑠 7.98%
43 お迎えデス。 福士蒼汰 7.92%
44 せいせいするほど、愛してる 武井咲 7.88%
45 不機嫌な果実 栗山千明 7.70%
46 家政夫のミタゾノ 松岡昌宏 7.66%
47 ナオミとカナコ 広末涼子 7.54%
48 女たちの特捜最前線 高島礼子 7.40%
49 キャリア 玉木宏 7.16%
50 Chef 三ツ星の給食 天海祐希 7.02%


関連記事:2017年1月期の冬ドラマ視聴率ランキング

この視聴率ランキングから見えてきた傾向と今年のトピックスをざっとまとめてみました。

2016年のドラマ視聴率ランキングから見えた3つの傾向

視聴率ベスト10から見えた傾向は次の3つ。

  1. 朝ドラが強い
  2. シリーズものが強い
  3. ジャニーズ主演作が強い

毎年の傾向と大きく変わりませんね。ここはサラッと流して3つのトピックスを見ていきます。

1.『真田丸』の大健闘

今年の大河ドラマ『真田丸』は大きく検討しました。2015年の『花燃ゆ』が撃沈したことで大河ドラマ離れを危惧する声が挙がっていましたが、『真田丸』は視聴率、話題性、内容において今年もっとも輝いたドラマの一つと言っても過言ではないはず。

堺雅人は知的な新しい真田幸村像を作り上げました。長澤まさみのきりは最初はウザがられていましたが、次第になくてはならない存在になっていきました。さらに、真田昌幸を演じた草刈正雄と徳川家康を演じた内野聖陽が本当に良かったですね。あの二人はたぬきっぷりは見応えがありました。


登場する人物すべてのキャラが立っていたし、これだけ毎週楽しみにされ話題になった大河ドラマは、ここ数年なかったのではないでしょうか。

2.脚本家・野木亜紀子氏が大活躍

今年活躍した人物としてはずせないのが脚本家の野木亜紀子氏ですね。一大ブームを巻き起こした『逃げ恥』は、ガッキーや星野源、石田ゆり子らのキャスティング、「逃げ恥ダンス」などの演出が素晴らしかったですね。

ただそれよりも、「内容が面白い!」という声が多くあったのも事実。毎回”ムズキュン”してしまうようなストーリーや『情熱大陸』など思わずほっこりさせる小ネタ、登場人物全員のキャラクターが個性的かつ素敵だと絶賛されました。

これは脚本家の力なしではなし得なかったでしょう。

黒木華や坂口健太郎らが出演した春ドラマ『重版出来!』は視聴率こそ奮わなかったものの、視聴者や識者からは非常に評価の高い作品でした。実際、野木亜紀子氏は『重版出来!』で「第4回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 作品賞」を受賞しています。

『逃げ恥』もそうですが、この『重版出来!』も登場人物の感情を丁寧に描いていますよね。それがリアルなので思わず「わかる、わかる!」と共感してしまう方がたくさんいたのではないでしょうか。

この2作品で「原作ありの実写ドラマなら野木亜紀子氏」という評価を盤石にしました。2017年もぜひ脚本してほしいですね。

3.”視聴率10%超え保証”の石原さとみ伝説は今年も健在

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』も大健闘しましたね。最初はお仕事女子奮闘系のありがちなドラマかと思っていましたが、主演の河野悦子を演じる石原さとみがとにかく輝いていました。


気が強くてまっすぐな性格も含めてセリフや仕草、衣装も髪型もすべてキュート。実際、石原さとみが着用していた衣装は通販ですぐに売り切れになったと言われています。

さらに注目すべきは石原さとみの視聴率10%超え保証が今年も健在だったこと。昨今はテレビ離れや録画率の上昇で視聴率10%を切るのが当たり前になってきましたが、石原さとみが出演する連続ドラマはことごとく10%超え。

【石原さとみ主演orヒロインの連続ドラマ直近5作品の平均視聴率】

  • 『リッチマン、プアウーマン』(2012年夏) 12.4%
  • 『失恋ショコラティエ』(2014年冬) 12.3%
  • 『ディアシスター』(2014年秋) 11.3%
  • 『5時から9時まで』(2015年秋) 11.71%
  • 『地味にスゴイ!』(2016年秋) 12.36%

今年も”視聴率保証女優”としての力をいかんなく発揮したと言っていいでしょう。

ベスト10を逃したが健闘したドラマ

惜しくもベスト10入りはしなかったけど、個人的に健闘したと思えるドラマを挙げていきます。

『家売るオンナ』 平均視聴率11.58%

北川景子主演の夏ドラマ。不動産会社を舞台にそこで働く三軒屋万智と愉快な仲間たちの奮闘をコミカルに描いたストーリー。北川景子の半端ない眼力を使った「Go!」が話題になりました。

コミカルな部分も良かったですが、仕事は優秀だけど人間関係には不器用な三軒屋万智の心情を繊細に描いたところも評価されました。

『仰げば尊し』 平均視聴率10.54%

元ヤンだらけの無名の吹奏楽部が「音楽の甲子園」を目指す青春感動物語。前評判はあまり高くありませんでしたが、意外にも感動させるストーリー展開で多くの若者に支持されたドラマになりました。

真剣佑、村上虹郎、石井杏奈、北村匠海ら若手に支持されているキャストがたくさん起用されたのも良かったですね。このドラマは2015年放送の『表参道高校合唱部』と同じ匂いを感じました。

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』 平均視聴率9.69%

有村架純、高良健吾、坂口健太郎、森川葵、高畑充希、西島隆弘という”神キャスト”が共演した冬の月9ドラマ。視聴率は月9の歴史の中では惨敗となりましたが、切なすぎるストーリー展開、心を揺さぶる名言、素晴らしい主題歌が評価され、若者からとくに支持されました。

いまでも続編を熱望する声が多いのも事実です。

『ダメな私に恋してください』 平均視聴率9.47%

深キョン、ディーンフジオカ、三浦翔平らが出演した冬ドラマ。とにかくこの3人の”破壊力”が抜群で男子も女子もキュンキュンする人が続出しました。毎話放送後に、「深キョン、可愛すぎる~!」、「おディーン様が最高すぎて♡」、「三浦翔平くん、かっこいい!」という声が続出しました。

最後に

今回は2016年ドラマ視聴率ランキングの傾向と奮闘したドラマを見てきました。あなたが大好きな2016年ドラマはありましたか?2017年のドラマもきっと名作や話題作が登場するはず。2017年のドラマにも期待しましょう。

こんな記事も読まれています

2017冬ドラマ視聴率一覧&ランキング

2017冬ドラマ主題歌一覧

>>2017年1月スタートの冬ドラマの記事一覧はこちら

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。