『琥珀の夢』ロケ地&岡山県倉敷市と徳島県の撮影場所、キャスト、あらすじ!【内野聖陽主演ドラマ】

琥珀の夢
2018年10月5日(金)21時からテレビ東京系で放送されるスペシャルドラマ『琥珀の夢』。伊集院静の小説を原作に、内野聖陽が主演をつとめることで話題になっています。そこで今回は『琥珀の夢』の舞台となる岡山県倉敷市、ロケ地、気になるキャストやあらすじ、物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

『琥珀の夢』に関連する記事はこちら↓↓

『琥珀の夢』は”テレ東ドラマスペシャル秋の3作品”の第3弾

テレビ東京では、「テレ東ドラマスペシャル秋の3作品」と題し、次の3つのドラマが放送されます。

  1. 9月21日(金)21時→『Aではない君と』(佐藤浩市、天海祐希、安田顕、仲村トオルら出演)
    キャスト、あらすじ、ロケ地はこちら
    見逃し動画の視聴はこちら
  2. 9月24日(月)21時→『あまんじゃく 元外科医の殺し屋が医療の闇に挑む!』(唐沢寿明、木村多江、田村亮、桜田ひよりら出演)
    キャスト、あらすじ、ロケ地はこちら
    見逃し動画の視聴はこちら
  3. 10月5日(金)21時→『琥珀の夢』(内野聖陽、檀れい、山本耕史、倉科カナら出演)
    見逃し動画の視聴はこちら

『琥珀の夢』はラストを飾る第3弾になりますね。

『琥珀の夢』のあらすじ&原作

あらすじ

明治12年。大阪の米穀店「鳴江屋」店主・鳴江義兵衛(中村梅雀)とちよ(原田美枝子)に4人目の子供が誕生。萬治郎と名付けられる。成績優秀な子に成長するが、13歳のとき、義兵衛は息子を丁稚奉公に出すことにする。母は反対するが、父の言葉を受け入れる萬治郎(渡邉蒼)。そんな中、萬治郎はキラキラした琥珀色の夢を見る。この夢が意味するものとは…。

奉公先の薬種問屋の店主・小南理助(西田敏行)は葡萄酒の開発をしていた。興味を持った萬治郎は開発を手伝い、やがて販売にこぎつけるが、東京で人気の葡萄酒のおいしさに愕然とした理助は、志半ばで洋酒部を廃止に…。しかし4年後。大人になった萬治郎(内野聖陽)は理助の恩に報いるため、日本一の葡萄酒を完成させるべく再び動き出す!(公式ホームページから引用)

原作は伊集院静の小説

ドラマの原作は伊集院静の小説『琥珀の夢 小説 鳥井信治郎』。今回の実写ドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

 

 

 

『琥珀の夢』のキャスト&スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

鳴江萬治郎/内野聖陽

内野聖陽

圧倒的な行動力と生まれ持った愛嬌を活かして日本初の国産ウイスキー造りに心血を注ぎ、やがて日本一の洋酒メーカー「暁屋」の創業者となる。

鳴江サト/檀れい

檀れい

萬治郎の妻。しっかりとした自分の考えや価値観を持っており、萬治郎を立たせながらも自分の意見ははっきりと述べる。萬治郎との間に三人の子をもうける。

鳴江千恵蔵/生瀬勝久

生瀬勝久

萬治郎の兄。父の米穀商を継ぎ、鳴江商店の店主となる。萬治郎の一番の理解者であり、彼が唯一涙を見せる人物。穏やかで柔軟な性格ながら、萬治郎の金遣いの荒さを笑い飛ばす懐の深さも併せ持つ。

松亀正行/山本耕史

山本耕史

ウイスキーに強い影響を受け、本場スコットランドにて製造を学んだ。萬治郎の国産ウイスキー構想の熱い想いにほだされ、ついには共鳴して蒸留所を率いることに。

鳴江寿太郎/大東駿介

大東駿介

萬治郎とサトの長男。商人である父の背中を見て育ち、のちに「暁屋」の若社長となる。優しい性格で従業員たちに愛されていたが…。

中井大五郎/田口浩正

田口浩正

関東大震災や太平洋戦争に見舞われた激動の時代に、新暁屋の番頭として萬治郎や長男の寿太郎を支える。

鳴江萬治郎(幼少時代)/渡邉蒼

渡邉蒼

この物語の主人公。丁稚奉公先の「小南理助商店」で洋酒と出会う。物事の本質を捉える才能に長け、それを見抜いた理助を手伝い、洋酒の研究開発に携わることに。

ミドリ/倉科カナ(特別出演)

倉科カナ

東京にあるカフェーの女給。萬治郎が自信作の葡萄酒を持って大阪から上京したときに、立ち寄ったカフェーで接客をする。「天道ポートワイン」の初めてのお客さんであり、後に、萬治郎とは運命的な再会を果たす。

鳴江義兵衛/中村梅雀

中村梅雀

萬治郎と千恵蔵の父。両替商から米穀商へと鞍替えする。息子の才に早くから気が付き、断腸の思いで若い萬治郎を丁稚に出すことを決意する。

大川与兵衛/市川左團次

市川左團次

「大川屋」の大旦那。萬治郎が窮地に立たされ莫大な借金を負った際、「ある言葉」をキッカケに手を差し伸べる。

 

国生栄太郎/伊武雅刀

伊武雅刀

梟印葡萄酒を売る卸問屋・「国生商店」の社長。東京人らしくファッションはハイカラ。小南理助が精魂込めて作り上げた葡萄酒を口に含むが…。後に、萬治郎も天道ポートワインを持参することになる。

鳴江ちよ/原田美枝子

原田美枝子

萬治郎と千恵蔵の母。心配性で口うるさい面もあるが、萬治郎を常に暖かく見守る。商人が扱う大切な「お金」に関する考え方を萬治郎に伝えた。

小南理助/西田敏行

西田敏行

若き萬治郎が奉公に務める薬種問屋「小南商店」の店主。自身の仕事や商品に強いこだわりを持ち、その大切さを萬治郎に叩き込む。薬と併せて洋酒の製造を行い、丁稚時代の萬治郎とともに葡萄酒を改良した。人を見極める確かな目を持つ。

スタッフ情報

ナレーション/渡辺いっけい

監督/松田秀知

脚本/森下直

代表作にドラマ『瑠璃の島』、『必殺仕事人』、『相棒』、『刑事7人』、『遺留捜査』など

▶次ページ ロケ地まとめ

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。