『インハンド』ロケ地!研究所は館山市の植物園「アロハガーデンたてやま」が撮影場所だった!

2019年4月12日(金)22時からTBS系で放送スタートの春ドラマ『インハンド』。山下智久、濱田岳、菜々緒らが出演することで話題になっています。そこで今回は『インハンド』の舞台となる紐倉研究所のロケ地を紹介していきます。

スポンサードリンク

『インハンド』に関連する記事はこちら↓↓

『インハンド』ロケ地&撮影場所まとめ

紐倉研究所のロケ地は千葉県館山市のアロハガーデンたてやま

アロハガーデンたてやま

千葉県館山市にある植物園「アロハガーデンたてやま」。房総半島の南端近く、房総フラワーライン沿いににあります。JR館山駅から車で30分から40分ほどの場所にあります。

このアロハガーデンたてやまにある温室が紐倉(山下智久)や高家(濱田岳)らが働く紐倉研究所の外観のロケ地になりました。

インハンド

実際、千葉県館山市も館山市が撮影協力していると発表していましたね。

下の写真を見る限り、研究所の内部もアロハガーデンたてやまが使われている可能性もありますね。こういう建物を一からスタジオセットで作るのは難しいのではないでしょうか?

アロハガーデンたてやまは平砂浦海岸が目の前にありますので、もしかしたら海や海岸のシーンが登場するかもしれませんね。

アロハガーデンたてやまの住所:

『インハンド』各話のロケ地まとめ一覧記事

『インハンド』に関連する記事はこちら↓↓
 

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。