ドラマ『この世界の片隅に』ロケ地!戦艦の船は横須賀の三笠公園が撮影場所だった!

三笠公園,この世界の片隅に
2018年7月15日(日)21時からTBS日曜劇場枠で放送スタートの夏ドラマ『この世界の片隅に』。松本穂香、松坂桃李、尾野真千子、村上虹郎、二階堂ふみ、榮倉奈々らが出演することで話題になっています。そこで今回は『この世界の片隅に』の舞台の一つとなる軍艦の船のロケ地について紹介していきます。

スポンサードリンク

『この世界の片隅に』に関連する記事はこちら↓↓

ドラマ『この世界の片隅に』軍艦の船のシーンのロケ地

撮影場所は神奈川県横須賀市の三笠公園

三笠公園

神奈川県横須賀市にある三笠公園。日露戦争で活躍した世界三大記念艦の一つである「三笠」が保存されている公園として知られています。京浜急行横須賀中央駅から車で数分の場所にあります。横須賀海軍基地のすぐ隣りにありますね。

三笠

どうやら『この世界の片隅に』で軍艦のシーンで船が登場するようですが、このシーンは三笠の上甲板で撮影されたことがわかっています。6月5日に撮影が行われたようですね。

三笠公園の住所:

 

『この世界の片隅に』この他のロケ地まとめ

『この世界の片隅に』に関連する記事はこちら↓↓
【2018夏ドラマ特集】

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。