朝ドラ『なつぞら』ロケ地&撮影場所まとめ!北海道の十勝・帯広が舞台!

なつぞら
2019年4月1日(月)8時からNHKで放送スタートの朝ドラ『なつぞら』。2019年上半期に放送される連続テレビ小説100作目の記念作であり、広瀬すず、岡田将生、松嶋菜々子、草刈正雄、吉沢亮、安田顕らが出演することで話題になっています。そこで今回は朝ドラ『なつぞら』の舞台となる北海道の十勝・帯広のロケ地やその他の撮影場所について紹介していきます。

スポンサードリンク

『なつぞら』に関連する記事はこちら↓↓

朝ドラ『なつぞら』ロケ地&撮影場所まとめ

『なつぞら』は2018年6月から撮影がスタートしました。ただ、北海道という広大な土地を持つロケ地の性質上、「☓☓郡○○町」、「▲▲市」などの大まかな場所は判明していますが、「○○町にある~~牧場」がロケ地になったなどの具体的な場所のロケ地は判明していません。

目撃情報やロケ地情報も大まかな場所を示すものばかりでした。放送直前でこれほどまでに具体的なロケ地が判明していない朝ドラも珍しいですね。

そのため、現時点で判明しているロケ地やモデル店情報を紹介していきます。具体的な場所は放送開始後に随時更新していきます。

しばた家(しばた牧場の建物)は陸別町

メイン舞台の一つが、なつ(広瀬すず)らが暮らすしばた牧場がある柴田家。家と牧場の建物は北海道足寄郡陸別町にある牧場がロケ地になっていることがわかっています。オープンセットを作ったようですね。

詳細の撮影場所はまだ不明です。

北海道足寄郡陸別町

 

しばた牧場の牧草地は新得町

しばた牧場の牧草地部分は帯広と富良野の間にある新得町が撮影地になっていることがわかっています。

こちらも具体的な場所は不明です。

北海道上川郡新得町

 

スポンサードリンク

 

十勝農業高校のモデルは帯広農業高校

帯広農業高校 帯広農業高校

なつ(広瀬すず)が通う十勝農業高校のモデルは

 

菓子屋「雪月」のモデルは六花亭

六花亭

北海道に70店舗ほどの規模をもつ六花亭。北海道屈指の規模を誇る菓子店の一つですよね。とくにバターサンドは全国的にも有名なのではないでしょうか。

六花亭

この六花亭が小畑雪之助(安田顕)らが営む菓子屋 雪月のモデルになったと発表がありました。実際の撮影はセット撮影の可能性が高いと思われます。

六花亭 帯広本店の住所:

 

菓子屋「雪月」のモデルは帯広の菓子屋 「柳月」も含まれてないのか?

柳月

十勝・帯広や札幌、釧路など北海道で有名な洋菓子店「柳月(りゅうげつ)」。創業は戦後間もない昭和22年(1947年)です。

柳月

十勝・帯広からスターとした柳月は、今や空港や東京のアンテナショップを含めて約60店舗ものお店を誇る北海道屈指の菓子店の一つに成長しました。六花亭と並ぶ名店ですよね。

劇中に登場する名前が「菓子屋 雪月」なので、「柳月」もモデルになっているのではないかと思われますが、こちらはオフィシャルでの発表がないので、未確定です。

柳月 大通り本店の住所:

 

清水町や中札内村でも撮影

北海道上川郡清水町や北海道河西郡中札内村も撮影場所になったと発表がありましたが、具体的な撮影地は不明です。

新たなロケ地が判明したら更新します。

『なつぞら』を見逃してしまった、もう一度観たい方へ

楽しみにしていた『なつぞら』を見逃してしまった、録画し忘れてしまった、もう一度最初から観たい方は見逃し動画や再放送で視聴できますよ!詳しくは下をCheck↓↓

なつぞら

朝ドラ『なつぞら』見逃し動画の配信&再放送日程はこちら!【1話から最終回まで】

2019年4月1日
『なつぞら』に関連する記事はこちら↓↓

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。