映画『だれかの木琴』ロケ地の舞台となる千葉県流山市を紹介!

2016年9月10日公開の映画『だれかの木琴』。常盤貴子、池松壮亮ら豪華キャストが出演することで注目されています。

そこで今回は映画『だれかの木琴』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

映画『だれかの木琴』のあらすじ

 

親海小夜子(常盤貴子)は、警備機器会社勤務の優しい夫の光太郎(勝村政信)と、可愛い中学生の娘かんな(木村美言)と3人暮らし。念願の一軒家に引っ越した小夜子は、近くで見つけた美容院で山田海斗(池松壮亮)と名乗る若い美容師に髪を切ってもらう。

「本日はご来店、ありがとうございました。」

その日のうちに海斗からのお礼のメールが届き、小夜子は「今後ともよろしくお願いします」となにげなく返信するが、なにかが小夜子の中でざわめいたのだった。その返信にさらに返信を重ね、レスが途絶えると再び店を訪れて海斗を指名する小夜子。

ある日、店での会話をヒントに、海斗のアパートまで探し当てた小夜子は、ドアノブに「買いすぎたのでどうぞ」というメモとともに苺のパックを吊るして帰る。新しいお得意様に対する拭いがたいもやもやを感じていた海斗は、はっきりと小夜子の執着を危険なものとして感じ取る。次の休みの日、またしても小夜子は海斗の家にやってきて、今度は家の呼び鈴を押した。近くまで来たという小夜子に海斗は「汚いとこですけど、どうぞ」と招き入れる。「そんなつもりじゃ」と慌てる小夜子だったが、部屋に吸い込まれるように入ってしまうのだった……。

やがて家族や周囲を巻き込み、2人の関係がたどり着いた思わぬ結末とは──?(公式ホームページから引用)

理屈なしにどうしようもなく惹かれてしまい、狂おしいほどに求めてしまう。独り身ならば何の問題もありませんが、夫や子どもがいる女性の”愛”は、ドロドロにもつれていきますね。

そんな”本能と理性”の間で揺れ動き、果てには狂っていく女の姿を描くサスペンスドラマ。ダメよダメよと葛藤しながら、それでも求めてしまう姿に共感できる方が意外にも多いのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

映画『だれかの木琴』のキャスト

親海小夜子/常盤貴子 夫と娘の3人暮らし。美容師の男に惹かれて、次第に堕ちていく。

山田海斗/池松壮亮 イケメン美容師。小夜子に執拗に求めれ、次第に…。

池松壮亮出演の映画『デスノート2016』ロケ地まとめ

親海光太郎/勝村政信 小夜子の夫。警備会社勤務。

勝村政信出演のドラマ『ドクターX』撮影場所まとめ

勝村政信出演のドラマ『巨悪は眠らせない』撮影場所まとめ

唯/佐津川愛美 海斗の恋人

佐津川愛美出演の映画『恋妻家宮本』ロケ地まとめ

親海かんな/木村美言 小夜子の娘。中学生。

 

次ページ 映画『だれかの木琴』ロケ地&撮影場所

下の数字でページを切り替えできます。

スポンサードリンク