『真夜中のスーパーカー』ロケ地&長久手市の撮影場所、キャスト、あらすじ!【愛知発地域ドラマ】

真夜中のスーパーカー

2018年3月28日(水)22時からNHK BSプレミアムで放送されるスペシャルドラマ『真夜中のスーパーカー』。山本美月主演の愛知発地域ドラマということで話題になっています。

そこで今回はスペシャルドラマ『真夜中のスーパーカー』の舞台となる愛知県長久手市の撮影場所のロケ地、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

【2018春ドラマ特集】

スポンサードリンク

『真夜中のスーパーカー』のあらすじ

愛知県豊田市から世界にその名をとどろかせる世界最大の自動車メーカー・ナゴヤ自動車。伝説の名車・ナゴヤ2000GTを超えるスーパーカーを、いつか自ら作ることを夢見る白雪(山本美月)は、ナゴヤ自動車のカーデザイナーとして修業中の身。

しかし時代のトレンドは使い勝手の良い機能満載・安全第一のファミリー・カー。走る快楽こそクルマの醍醐味と信じる白雪は上司とぶつかった末、デザイナーをクビになり意気消沈。自動運転車の開発部署へと異動を命じられるが、運転する楽しみを奪われたクルマを作るくらいなら、会社を辞めたいと本気で思い詰める。

そんな白雪が訪れたのは、古今東西の名車が揃うナゴヤ自動車博物館。閉館時間を過ぎたとも知らず一心不乱にナゴヤ2000GTをデッサンしていた白雪に、「早く帰れ。夜は危険だ」と謎の言葉を吐く警備員・福谷(大森博史)。福谷の目を盗んで隠れていた日系ブラジル人4世・リカルド(上遠野太洸)がナゴヤ2000GT盗難計画を企んでいると知り、阻止しようとする白雪。

するとナゴヤ2000GTの運転席に忽然と現れた男。白いレーシングスーツに身を包んだレーサー

(唐沢寿明)の不思議な力で、博物館は真夜中の別の顔を見せ始める。真夜中のナイト・ミュージアムに幽閉された白雪とリカルドは、果たして無事に元の世界に戻ることができるのか!?(公式ホームページから引用)

まず、目を奪われたのは山本美月のレーシングスーツ姿ですよね。美しくてかっこいい。美人は何を着ても様になるのは確かですが、山本美月のフワッと華やかな普段の印象とは違う、キリッとした姿のギャップに萌えてしまった方も少なくないのではないでしょうか。

このドラマは車×愛知県×山本美月のコラボが魅力のドラマ。クルマ好きはもちろん楽しめそうです。愛知県内の方は地元が舞台なので興味深いでしょう。山本美月ファンの方は必見です。この3つすべてに該当している方は「俺得」、「私得」のドラマになることこの上なしですね。

『真夜中のスーパーカー』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

白雪/山本美月

山本美月

ナゴヤ自動車に入社して3年、まだまだ修業中の女性カーデザイナー。室内インテリアや色使いを担当する女性が多い中、白雪はあくまで自動車の外形デザインにこだわっている。伝説の名車・ナゴヤ2000GTこそが彼女が作りたいスーパーカーの、究極の理想像なのだ。

山本美月出演の映画『少女』ロケ地まとめ

山本美月出演の映画『ピーチガール』ロケ地まとめ

山本美月出演の映画『去年の冬、きみと別れ』ロケ地まとめ

山本美月出演の映画『友罪』ロケ地まとめ

山本美月出演のドラマ『バスケも恋もしていたい』撮影場所まとめ

山本美月出演のドラマ『嘘の戦争』撮影場所まとめ

山本美月出演のドラマ『東京アリス』撮影場所まとめ

山本美月出演のドラマ『刑事ゆがみ』キャストまとめ

山本美月出演のドラマ『モンテ・クリスト伯』キャストまとめ

白いレーシングスーツの男/唐沢寿明

唐沢寿明

ナゴヤ2000GTの運転席に忽然と現れたかと思うと、自動車たちの魂を次々と覚醒させる謎のレーサー。真夜中のナゴヤ自動車博物館に君臨する帝王的存在らしい。白雪とリカルドを幽閉した彼が「走る快楽こそが自動車の醍醐味」と信じる白雪に突きつけた挑戦とは?

唐沢寿明出演のドラマ『ラストコップ』撮影場所まとめ

リカルド/上遠野太洸

上遠野太洸

一見普通の日本人青年だが、実は日系ブラジル人4世。バブル期は家族揃って日本で暮らしていたが、リーマンショック以降不仲な両親がブラジルに帰国。祖父と二人で暮らしていたが学業も仕事もうまく行かず、自分もブラジルに帰ろうと決心。「最後の仕事」に賭ける。

上遠野太洸出演のドラマ『伝七捕物帳2』キャストまとめ

上遠野太洸出演のドラマ『朝比奈耕作シリーズ2 鳥啼村の惨劇』撮影場所まとめ

警備員・福谷/大森博史

大森博史

今でこそナゴヤ自動車博物館の警備員だが、実はどうやらナゴヤ2000GT開発の真相を知る生き証人のひとりらしい。その険しい表情を彩る火傷の跡には、どんな事情が隠されているのか?警備員の仕事を「墓守り」と称する彼が知る、真夜中の博物館の秘密とは?

 

ヒメ/MEGUMI

MEGUMI

戦前の映画女優のようなエレガントな出で立ちで、真夜中のパーティーの華として振舞う謎の貴婦人。魅惑の曲線美を誇る1930年代の流麗なフランス製クラシックカーから忽然と現れた彼女のシンボルカラーは、クルマと同じくメタリックな深いフレンチ・ブルーだ。

MEGUMI出演の映画『巫女っちゃけん』ロケ地まとめ

MEGUMI出演のドラマ『黒い十人の女』撮影場所まとめ

MEGUMI出演のドラマ『不機嫌な果実スペシャル』撮影場所まとめ

MEGUMI出演のドラマ『こんにちは、女優の相楽樹です。』撮影場所まとめ

MEGUMI出演のドラマ『フリンジマン~愛人の作り方教えます~』撮影場所まとめ

MEGUMI出演のドラマ『ザ・ブラックカンパニー』撮影場所まとめ

MEGUMI出演のドラマ『デイジー・ラック』キャストまとめ

エビス/深沢敦

深沢敦

愛らしい真紅の小型車から忽然と現れたヴォードヴィルのコメディアンのような謎の男。ドイツの飛行機メーカーが戦後、戦闘機のシルエットをそのまま踏襲して製作した丸みを帯びた車体の特徴そのままの出で立ちの彼のシンボルカラーは、クルマと同じ鮮やかな赤。

 

アニキ/水木一郎

水木一郎

巨大なテールフィンやジェット機の噴射口を模したテールライトも誇らしげな、50年代を象徴するアメリカ車から雄叫びも高らかに降り立ったエンターティナー。真夜中のパーティーが最高潮に達する頃、彼の歌声が博物館を覆いつくす。シンボルカラーは、パープル。

 

リカルドの祖父/団時朗

団時朗

日系ブラジル人2世。家族を養うために日本に出稼ぎに来て、自動車の工場や修理工場を渡り歩いてきた。長いキャリアを積む中で、ハンマーひとつで板金からさまざまな形を叩きだすことが特技となった。常に白い軍手をはめているが、それには何か秘密があるらしい。

団時朗出演のドラマ『本日は、お日柄もよく』撮影場所まとめ

団時朗出演のドラマ『ROAD TO EDEN』撮影場所まとめ

スタッフ情報

脚本/會川昇

 

『真夜中のスーパーカー』ロケ地&撮影場所まとめ

トヨタ博物館

トヨタ博物館

愛知県長久手市にあるトヨタ博物館。リニモ芸大通駅からすぐの場所にあります。トヨタ自動車の歴史や過去のクラシックカーなどを展示している博物館として知られています。

トヨタ博物館

トヨタ博物館が物語のメイン舞台になったと発表がありました。白雪が働くナゴヤ自動車のロケ地ということですね。

トヨタ博物館の住所:

 

山本美月と唐沢寿明がレースで対決したサーキット場は?

真夜中のスーパーカー

ドラマの見どころの一つが山本美月が唐沢寿明のGT2000(唐沢寿明の自分の車?)とレース対決するシーンがあります。これはどこかのサーキット場で撮影が行われていると思いますが、「愛知発地域ドラマ」なので、愛知県内のサーキットが使われている可能性が高いでしょう。

【愛知県内のサーキット場】

  1. オートランド作手(愛知県新城市)
  2. モーターランド三河(愛知県新城市)
  3. 幸田サーキット(愛知県額田郡幸田町)
  4. 美浜サーキット(愛知県知多郡美浜町)
  5. スパ西浦モーターパーク(愛知県蒲郡市)
  6. 石野サーキット(愛知県豊田市)

など

サーキット好きな方なら見てすぐわかるのかもしれませんが、まだわかっていません。山に囲まれている地形なので幸田サーキットのような気もしますが。こちらは判明したら更新します。

ご存知の方がいたら、下のコメント欄で教えていただけると、ありがたいです!

最後に

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。