『この声をきみに』見逃し動画配信を視聴する方法&再放送日程はこれ!

2017年9月8日からNHKのドラマ10枠で放送がスタートした秋ドラマ『この声をきみに』(9月8日は秋田地震による途中終了のため、9月15日に再度第1話が放送)。竹野内豊、麻生久美子、ミムラ、大原櫻子ら人気キャストが多数出演することで話題になっています。

「楽しみにしていたのに見逃してしまった・・・」という方もいるはず。そこで今回は秋ドラマ『この声をきみに』の見逃し動画配信を視聴する方法や再放送の日程を紹介していきます。

『この声をきみに』に関連する記事はこちら

スポンサードリンク

PS4キャンペーンバナー

『この声をきみに』の再放送日程

NHKのドラマ10は毎週金曜日の22時に放送されますが、再放送は毎週水曜日の深夜24時10分に放送されます。そのため、予定通りに放送されれば、第1話から最終回の第8話まで次のような日程で放送されるはず。

9月8日放送の第1話は秋田で発生した地震のため、途中で終わってしまいました。第1話は9月15日に再度放送され、第2話以降もすべて1週間ずれることになりました。
各話 放送日 再放送日
1話 9月15日(金)22:00~ 9月20日(水)24:10~
2話 9月22日(金)22:00~ 9月27日(水)24:10~
3話 9月29日(金)22:00~ 10月4日(水)24:10~
4話 10月6日(金)22:00~ 10月11日(水)24:10~
5話 10月13日(金)22:00~ 10月18日(水)24:10~
6話 10月20日(金)22:00~ 10月25日(水)24:10~
7話 10月27日(金)22:00~ 11月1日(水)24:10~
最終回 11月3日(金)22:00~ 11月8日(水)24:10~

 

『この声をきみに』VODの見逃し動画配信状況

VODでNHKドラマを配信している2社の見逃し動画の配信状況です。(配信済→◎、未配信→☓)

VODサービス 配信状況
U-NEXT
ビデオマーケット

『ツバキ文具店』や『ブランケット・キャッツ』などと同じように、『この声をきみに』はU-NEXTビデオマーケットで見逃し動画が配信されています。

2つとも今なら無料お試しキャンペーン中!初回登録から31日間は無料で利用できます。無料お試し期間内に解約すればお金はかかりません。

U-NEXTとビデオマーケットの概要は下をCheck!

U-NEXTとビデオマーケットのサービス概要を解説

1.U-NEXT

U-NEXT

豊富なコンテンツ量と電子書籍、雑誌も読める!

USENから分離独立した、株式会社U-NEXTが運営する動画配信サービス。120,000本を超えるコンテンツに、電子書籍も楽しめるサービス内容が魅力的だ。月額定額で見放題のものと、ポイントを使って視聴するものと両方を組み合わせたような独特の料金体系も特徴。

U-NEXTの概要

無料お試し期間 31日間
特典 初月600ポイントプレゼント!
動画本数 120,000本以上
料金(税別) 月額1,990円
毎月1,200ポイントをプレゼントがあるので実質7,90円

U-NEXTのここがポイント!

  1. ドラマの視聴可能数が多い
  2. 最新作が早い
  3. ドラマ、映画、アニメなどの動画本数が12万本以上と国内最大級
  4. 雑誌や電子書籍読み放題サービスもついてくる
  5. 無料お試し期間が31日間と長い

おすすめ度:★★★★★

31日間の無料お試し期間あり

とりあえず無料お試し期間を試して多くのドラマを観たいならこちらが一番おすすめですね。

NHKの作品は見放題作品ではありません。そのため、別途都度課金するか、NHK作品の見放題プラン(月額税込み972円)を契約する必要があります。ただし、初月無料お試し期間内にもらえる600ポイントがプレゼントされるので、972円-600ポイント=372円でNHK作品が見放題になります。

また、2ヶ月目からは毎月1,200ポイントがもらえるので、NHK見放題作品がポイント内で見放題になります。

U-NEXT

 

2.ビデオマーケット

ビデオマーケット

ドラマやアニメの配信数が多い

株式会社ビデオマーケットが運営する動画配信サービス。運営会社は「music.jp」などが有名な「MTI」の関連会社である。サービスでは配信本数の量、特に新作ドラマ・アニメに強みを持つ。月額有料の「プレミアム会員」になれば視聴のためのポイントが毎月もらえたり、人気の動画を割引価格で視聴できてお得。

ビデオマーケットの概要

無料期間 31日間
料金(税別) 月額980円
月額単品レンタルコースもあり

ビデオマーケットのここがポイント!

  1. 動画配信数が170,000本以上と国内最大級
  2. 最新ドラマの配信数が多い
  3. 月額プレミアム&見放題コースが980円と比較的安価

おすすめ度:★★★★★

31日間の無料お試し期間あり

ヘビーユーザーにはビデオマーケットがおすすめです。

NHKの作品は見放題作品ではありません。そのため、別途都度課金するか、NHK作品の見放題プラン(月額税込み972円)を契約する必要があります。
ビデオマーケット

『この声をきみに』の無料見逃し動画配信は?

民放のドラマはTverなどで最新話のみ放送から1週間の見逃し動画配信サービスがありますが、NHKはTverで配信されません。NHKオンデマンドでは無料見逃し配信はありませんので、見逃し動画を視聴するには再放送か、U-NEXTかビデオマーケットで視聴する方法になります。

 

『この声をきみに』の感想

久々に録画でもしようかなと思った(30代男性)

とにかくさえない男として出てくる竹野内豊さんがいつもの二枚目の彼ではなく本当にさえない男として演技していたので彼の演技力の高さに驚かされました彼の演技はおもしろいです朗読は聞いているこちらまで気持ちが温かくなる作品だったのでよかったですこれだけおもしろいと久々に録画でもしようかなと思いました

竹野内豊さんは素敵(30代女性)

初対面の印象はお互い最悪だったはずの竹野内豊さんと麻生久美子さんでも柴田恭平さんに連れて行かれた朗読教室で麻生久美子さんの声による朗読を聞いて心を打たれてその気持ちをその場でちゃんと伝える竹野内豊さんは素敵だと思いました竹野内豊さんの頭の中では朗読部分がその内容に合わせた情景が思い浮かんでいるようで面白かったです

誠実な人達と出会いこれから孝がどう変わっていくか楽しみ(40代女性)

竹野内豊が冴えない男の役をするというニュースを見てからこのドラマをとても楽しみにしていました冴えなく見せるのは無理じゃないかなと思っていて実際のドラマの中での見た目だけで言うとやっぱり男前でしたこれは仕方ないと思いますただ中身は本当に冴えなくて自分の旦那さんならやっぱり出て行きたくなると思います印象的だったのは話し方教室でのシーンです麻生久美子演じる講師があそこまで腹を立てるのも共感できますそこに柴田恭兵演じる先生の登場シーンは素敵でした部下にきちんと謝罪をさせたところがとても清々しかったですそんな誠実な人達と出会いこれから孝がどう変わっていくかがとても楽しみです

こんな美人な先生なら通いたい(40代男性)

私は麻生久美子のファンなのでドラマを見たのですが竹野内豊と麻生久美子がエレベーターで口げんかするシーンが特に面白かったです大学教授役の竹野内豊がなかなかクセのある演技で他人との会話がスムーズにできていないところが確かにこういう大学教授っているよなぁという感じでツボでした麻生久美子の講師役はこんな美人な先生なら通いたいな素直に思ってしまいました朗読という地味なテーマですが次回以降も楽しみです

当分この偏屈な男から目が離せない(30代男性)

竹野内豊さん演じる穂波孝の堅物っぷりがただただ面白い話し方教室での協調性のなさコミュニケーション能力のなさはイケメンとは言え40越えた大人の男としてはドン引きてかあり得ないさらに周りのビジネスマンたちの冷たい視線をものともせずあのマイペースっぷりある意味ハートの強さは尊敬に値するレベル()麻生久美子さんに罵倒されまくる竹野内さんほぼ初対面の相手であそこまで言い合える2人って一体?若い頃の教会での出会いがどんな意味を持ってくるのかが楽しみ朗読しているメンバーが皆さん個性派の役者さん揃いで嬉しい穂波の心のぽっかりあいたモノをみんなで埋めていくのかな?このつまらないどのように家庭を築いたのだろう妻の奈緒(ミムラ)?あと息子の可愛さ娘のちょっとした小賢しさが癒しだずっと隠れてた稲葉実鈴(大原櫻子)どう絡んでくるのか?当分この偏屈な男から目が離せない

鳥肌が立つくらいに感動(30代女性)

竹野内豊さんの少しダサい感じがかわいらしくてよかったです数字のオタクでマニアックで少し変人な感じもまた良かったです息子さんもかわいらしくてよかったです何の悪気もなしに竹野内さんを傷つけたりクスリと笑えてよかったです麻生久美子さんや片桐はいりさんたちがみんなで朗読会をしているシーンも本当に皆さんがお上手で鳥肌が立つくらいに感動しました最後の歌のシーンも全員がかわいらしくてよかったです

理数系男子を良く捉えて書いている(40代男性)

知人からの電話で始まりの数分を見逃してしまったのですが、概ね見て面白いというか、興味深いと思って拝見しました。私の友人に数学教師がいるのですが、主人公の行動や数字に対しての考え方が、凄く良く似ていたところが、理数系男子を良く捉えて書いていると思いました。私は文系なのですが、話をしているうち、こちらが納得していなくても、自分が納得や理解をしていれば後はつまらないと言う感じも凄く良く書けてると思いました。場面場面で出てくる、CGなんかも可愛らしく、「きっと私の友達も頭の中にあんなかわいのが飛び回ってるんだなぁ」とおもって眺めてました。どうやって、「朗読」に出会って行くのか、興味シンシンで観ていると、「上手に話す」セミナーが入り口だったのが、上手い展開だなぁ、と思いました。

意味深な詩(40代女性)

あの竹野内豊さんがこんな役をするなんて。以前なら理解できますが、最近は無かったので驚きと新鮮さに興味を惹かれました。さらに、あぶない刑事のイメージが強い柴田恭兵さんは穏やかな朗読教室の先生。そして、生徒にはマンガレンタルのCMに出ている麻生久美子さん、女城主直虎の杉本哲太さん、リバースの趣里さん、そして片桐はいりさんなど個性的すぎるぐらいの面々が勢揃いしています。みんな何かしらのトラブルを抱えて、ここに行き着いたのだろうと想像でき、彼らの人生がどのようなものでどうしてここに来ることになったのか興味津々です。また、教室で読まれていた詩は、たしかに何かメッセージを秘めているような、人生の岐路に立ったときに何かしらの道しるべを示してくれるような意味深な詩でした。今後、妻が出て行った理由もわからない孝が、何をみつけ、どのように変わっていくのか楽しみです。

クスッとしてしまった(40代男性)

竹野内豊さんが娘と息子と外で会って話している時に、そばで見ていた子供たちが通う学校の先生達に不審者を見るような目で見つめられていた事です。イケメンで格好いい役が多かった竹野内さんも不審者扱いされるような役もするようになったのかと、少しクスッとしてしまいました。あと、娘からダメなお父さんというレッテルを貼られて情けないお父さんを演じている点も面白くてこれから娘との関係もどうなるのか興味津々です。

もらい泣き(30代女性)

人の気持ちを汲み取る気が微塵もない男が主人公。この設定は見ていてイライラするかなと思ったのですが、何故か応援したくなる、魅力のあるキャラクターだなぁ、と思いました。ストーリーのテンポか雰囲気か竹野内豊の演技力のおかげかはまだわかりません。最後の「くじらぐも」を朗読して涙するシーンではもらい泣きしてしまいました。

>>U-NEXTの無料お試し登録はこちら

>>ビデオマーケットの無料お試し登録はこちら

最後に

今回ご紹介した再放送日程と見逃し動画についてまとめます。

  1. 第1話は9月15日に再び放送。第2話以降もすべて1週間ずれる。
  2. 再放送は翌週の水曜深夜24時10分~
  3. 見逃し動画配信サービスはU-NEXTビデオマーケットで配信中。

役者も豪華だし、NHKのドラマは丁寧に作り込まれていて見応えのある番組が多いので、絶対に見逃したくないですよね。

『この声をきみに』に関連する記事はこちら

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。