長瀬智也主演『ごめん、愛してる』キャスト、あらすじ、原作、相関図まとめ!

2017年7月からTBSで放送される夏ドラマ『ごめん、愛してる』。『A LIFE 愛しき人』、『小さな巨人』と高評価のドラマが続くTBS日曜劇場枠であり、TOKIOの長瀬智也、吉岡里帆、坂口健太郎、大竹しのぶらが出演することで話題になっています。

そこで今回はドラマ『ごめん、愛してる』のキャストや相関図、原作やドラマのあらすじ、スタッフ情報などをまとめてご紹介していきます。

2017夏ドラマ特集

スポンサードリンク

ドラマ『ごめん、愛してる』ロケ地&撮影場所、エキストラ募集情報

ドラマの舞台になるロケ地や長瀬智也、吉岡里帆、坂口健太郎らの撮影目撃情報、エキストラ募集情報などを知りたい方はこちらをCheck!

>>『ごめん、愛してる』ロケ地&撮影場所、エキストラ募集情報はこちら

 

ドラマ『ごめん、愛してる』のあらすじ&原作

幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律(長瀬智也)。底辺で生きる彼の居場所はもはや裏社会にしかなかった。そんな暗澹とした日々を送っていた律は、ひょんなことから一人の女性・三田凛華(吉岡里帆)を助ける。後に、これが二人にとって運命を変える出会いとなる…。


ある日、律は事件に巻き込まれ頭に致命的なけがを負い、命がいつ尽きるかわからない状態に。せめて最期に親孝行がしたいと実母を探し始めた律は情報を掴み、母親・日向麗子(大竹しのぶ)を探し当てる。しかし律が目にしたのは、貧しさゆえに自分を捨てたと思っていた母親が息子のサトル(坂口健太郎)に溢れんばかりの愛情を注ぐ姿。裕福で幸せそうな二人の様子に愕然とした律は、母親への思慕と憎しみに葛藤する。そんな時、律は凛華と再会する。凛華は幼馴染みであるサトルに思いを寄せていたが、その想いは届かず寂しさを抱えていた…。


これまで誰にも愛されなかった悲運を呪い、それゆえに、愛を求める律。彼が内側に秘める孤独と人としての温かさに触れ、だんだん律に惹かれていく凛華。母の愛を一身に受け陽の当たる道を歩み、律の苦悩を知らずに屈託なく生きるサトル。そして、かつて自分が産んだ子供がそばにいることに気づかずサトルを溺愛する麗子。律─凛華─サトル、そして律─サトル─麗子、二つの三角関係が交差するこの夏一番切ないラブストーリーだ。
(公式ホームページから引用)

人がはじめて人間関係を知るのは両親であり、とくに幼少期における母親との関係性は人間性の形成において非常に重要だと言われています。幼少期に母親からの愛情を十分に受けて育った子どもは、自己肯定感があり人を愛することができます。しかし、母親から十分に愛されなかった子どもは自己否定的になり、人を愛することができないと言われています。

  • 母親から愛される→自分の存在価値を認識できる→自分を愛することができる→人に愛を与えられる
  • 母親から愛されない→自分の存在価値を否定する→自分のことが嫌いになる→自分の中に愛がない→人に愛を与えられない

この物語は幼い頃に母親に捨てられ、底辺に転落し、母を憎み自分の憎んできた男が主人公の物語。ある運命的な出会いにより、愛される喜びをはじめて知り、愛することの喜びをはじめて知るという純度100%のラブストーリー

 

スポンサードリンク

 

原作は2004年に韓国で放送されたドラマ

ごめん、愛してる

原作は2004年に韓国で制作された『ごめん、愛してる』。チャ・ムヒョク(차무혁)主演、ヒロインにソン・ウンチェ(송은채)が出演し、あの『冬のソナタ』を超える視聴率29.2%を記録する大ヒット作品です。

日本でもテレビ東京で日本語吹き替え版が放送。さらに、中国で映画化、タイでもテレビドラマ化されました。韓国の原作はDVD化されており、Amazonや楽天でも絶賛評価を連発しています。今回のリメイク版ドラマ化を機に一度観ておきたいものですね。

Amazon↓↓

楽天↓↓

 

 

ドラマ『ごめん、愛してる』のキャスト&相関図&スタッフ情報

岡崎律/長瀬智也

長瀬智也

血の気が多くケンカが強い、その一方で人間的な温かみも持つ男。

長瀬智也出演の映画『空飛ぶタイヤ』ロケ地まとめ

三田凛華/吉岡里帆

吉岡里帆

他人のために自己犠牲をいとわない純粋で愛情深い女性。

吉岡里帆出演のドラマ『メディカルチーム・レディ・ダ・ヴィンチの診断』撮影場所まとめ

吉岡里帆出演のドラマ『朗読屋』撮影場所まとめ

吉岡里帆出演のドラマ『カルテット』撮影場所まとめ

吉岡里帆出演のドラマ『ゆとりですがなにかスペシャル』撮影場所まとめ

日向サトル/坂口健太郎

坂口健太郎

元ピアニストの母親の英才教育を受けて育ち、卓越した演奏技術とルックスで、今では老若問わず女性に絶大な人気を誇るアイドルピアニスト。

坂口健太郎出演の映画『オケ老人』ロケ地まとめ

坂口健太郎出演の映画『ナラタージュ』ロケ地まとめ

坂口健太郎出演の映画『君と100回目の恋』ロケ地まとめ

坂口健太郎出演の映画『今夜、ロマンス劇場で』ロケ地まとめ

坂口健太郎出演のドラマ『模倣犯』撮影場所まとめ

坂口健太郎出演のドラマ『がっぱ先生』撮影場所まとめ

坂口健太郎出演のドラマ『東京タラレバ娘』撮影場所まとめ

日向麗子/大竹しのぶ

大竹しのぶ

アーティスティックな元一流ピアニストだったが、その後に挫折を経験。現役時代は世界で活躍してきたことから、プライドが高く周囲を振り回す傾向にあるものの、サトルに対しては自分の持ちうるすべての愛情を注ぎ、甘やかしている。

大竹しのぶ出演の映画『真田十勇士』ロケ地まとめ

古沢塔子/大西礼芳

大西玲香

サトルが夢中になる個性的な天才サックス奏者。恋に奔放で自分の思うまま自由に生きる。

【大西礼芳】

  • 1990年6月29日生まれ
  • 三重県伊勢市出身
  • 代表作に映画『爛れる/Becomes Sore』、『かなわぬ恋』、ドラマ『べっぴんさん』、『フランケインシュタインの恋』など

大西礼芳出演の映画『ナラタージュ』ロケ地まとめ

大西礼芳出演のドラマ『フランケインシュタインの恋』キャストまとめ

加賀美修平/六角精児

六角精児

律の出生の秘密を知るゴシップ記者。加賀美はある理由から麗子を憎んでおり、彼女を不幸にしたいと律に近づく。

【六角精児】

  • 1962年6月24日生まれ
  • 兵庫県高砂市出身
  • 血液型はO型
  • 代表作にドラマ『純情きらり』、『名古屋行き最終列車』、『三人兄弟』、『不機嫌な果実』など

六角精児出演のドラマ『不機嫌な果実スペシャル2017』撮影場所まとめ

六角精児出演のドラマ『名古屋行き最終列車2017』撮影場所まとめ

河合若菜/池脇千鶴

池脇千鶴

律と同じ児童養護施設で育つ。高次脳機能障害を抱えている。

【池脇千鶴】

  • 1981年11月21日生まれ
  • 大阪府出身
  • 血液型はO型
  • 代表作にドラマ『ほんまもん』、『風林火山』、『タイトロープの女』、映画『音符と昆布』など

池脇千鶴出演の映画『怒り』ロケ地まとめ

三田恒夫/中村梅雀

中村梅雀

麗子のマネージャーで凜華の父。麗子を崇拝していて、彼女の幸せのためなら手を汚すことも厭わない。

【中村梅雀】

  • 1955年12月12日生まれ
  • 東京都武蔵野市出身
  • 血液型はAB型
  • 代表作にドラマ『八代将軍吉宗』、『毛利元就』、『葵 徳川三代』、映画『釣りバカ日誌』など

中村梅雀出演のドラマ『盲目のヨシノリ先生』撮影場所まとめ

中村梅雀出演のドラマ『ガードセンター24』撮影場所まとめ

中村雲雀出演のドラマ『赤かぶ検事奮戦記6』撮影場所まとめ

河合魚/大智

黒川龍臣/山路和弘

立花さと子/草村礼子

追加キャストは随時更新していきます。

『ごめん、愛してる』の相関図

こちらは発表があり次第、追加します。

『ごめん、愛してる』のスタッフ情報

主題歌:不明

脚本:浅野妙子(代表作に朝ドラ『純情きらり』、ドラマ『ラブジェネレーション』、『神様、もう少しだけ』、映画『今日、恋を始めます』など)

最後に

長瀬智也、吉岡里帆、坂口健太郎、大竹しのぶら豪華キャストが楽しみな『ごめん、愛してる』。とくに連続ドラマの初ヒロインに抜擢された吉岡里帆の演技に注目ですね。夏らしい燃えるように”熱いラブストーリー”を期待しましょう。

2017夏ドラマ特集

スポンサードリンク

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • 主題歌は韓国版で挿入歌だった雪の華をぜひ考えてほしいと思います

    韓国版でのごめん愛してるでの雪の華の曲のイメージがすごく強くてなけてきます

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。