映画『空海-KU-KAI-』ロケ地&中国の撮影場所、キャスト、あらすじ、原作まとめ!

2018年2月24日公開の映画『空海-KU-KAI-』。東宝とKADOKAWAの初の共同配給作品であり、日中共同製作映画としては史上最大のプロジェクトの映画、さらに染谷将太主演ということで話題になっています。

そこで今回は映画『空海-KU-KAI-』の舞台となる中国の撮影場所のロケ地、気になるキャストやあらすじ、物語の原作について紹介していきます。

スポンサードリンク

映画『空海-KU-KAI-』のあらすじ&原作

あらすじ

7世紀、唐の時代の中国。若き日の空海(染谷将太)は、遣唐使として日本から唐へ向かう。密教の全てを会得しようという決意に燃える中、ひょんなことから詩人の白楽天(ホアン・シュアン)と出会う。交流を重ねていく一方、権力者が連続して命を落とす不可解な事件が唐の都で起きていた。その真相に迫ろうとする空海と白楽天だが、二人の前に歴史が生み出した巨大な謎が立ちはだかる(シネマトゥデイから引用)

平安時代初期の日本における真言宗の開祖として知られる空海。日本の歴史上の中でも屈指の天才として知られています。しかし、空海について詳しく知る方はあまり多くないはず。確かに、日本の大河ドラマなどでは戦後時代や幕末の志士らはよく取り上げられますが、空海の時代を扱う作品はわずかです。

日本から遣唐使として中国に渡った空海が何を思い、どんな活躍をするのか?「史上空前の大冒険」というキャッチフレーズ通り、莫大な予算をかけて作られた超スペクタクル作品になりそうです。

原作は夢枕獏 の小説

この映画の原作は夢枕獏の『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』です。今回の映画化を機に一度は読んでおきたいものですね。

Amazon↓↓

楽天↓↓

 

 

映画『空海-KU-KAI-』のキャスト&スタッフ情報

キャスト

空海/染谷将太

染谷将太出演の映画『海賊とよばれた男』ロケ地まとめ

染谷将太出演の映画『3月のライオン』ロケ地まとめ

染谷将太出演の映画『PARKS パークス』ロケ地まとめ

染谷将太出演の映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』ロケ地まとめ

染谷将太出演のドラマ『火花』撮影場所まとめ

白楽天/黄軒(ホアンシュアン)

張榕容(チャン・ロンロン)

火野正平

松坂慶子

松坂慶子出演のドラマ『西郷どん』キャストまとめ

松坂慶子出演のドラマ『居酒屋もへじ2017』撮影場所まとめ

阿部寛

阿部寛出演の映画『恋妻家宮本』ロケ地まとめ

阿部寛出演の映画『疾風ロンド』ロケ地まとめ

阿部寛出演の映画『北の桜守』ロケ地まとめ

阿部寛出演の映画『祈りの幕が下りる時』ロケ地まとめ

阿部寛出演のドラマ『スニッファー 嗅覚捜査官』撮影場所まとめ

ほか

スタッフ情報

監督/チェン・カイコー

脚本/不明

 

スポンサードリンク

 

映画『空海-KU-KAI-』ロケ地&撮影場所まとめ

この映画は2016年8月から2017年1月まで中国で撮影が行われました。

湖北省・襄陽市に長安の都の超巨大セット

長安

この映画の舞台は唐の都・長安。この都を再現した超巨大なセットが湖北省・襄陽市に約6年の歳月を費やし作られました。その大きさは東京ドーム約8個分。セットというより一つの町を作った感じですよね。中国らしいスケールの大きさです。実際、2011年当時、すでに建設中という情報がありました。

湖北省・襄陽市

 

最後に

制作費約150億円というすさまじいスケールで作られた歴史エンターテイメント映画『空海―KU-KAI―』。ぜひ劇場で観たい作品ですよね。公開が楽しみです。

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。