映画『海賊とよばれた男』ロケ地&撮影場所、キャストまとめ!

2016年12月10日公開の映画『海賊とよばれた男』。大ベストセラー小説が原作で、岡田准一主演・山崎貴監督という『永遠の0』チームで制作に挑んだ作品ということで注目されています。

そこで今回は映画『海賊とよばれた男』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

映画『海賊とよばれた男』のあらすじ

明治・大正・昭和の激動の時代を舞台に、名もなき青年から身を興し、やがて戦後の日本に大きな佑樹と希望を与える大事業を成し遂げていく主人公・国岡鐵造の姿を描く。

あの時代、誰よりも”日本人の誇り”を追求し、”海賊”とよばれ恐れられた国岡鐵造と、彼を支える仲間たち、そして最愛の妻との絆が織りなす重厚な人間ドラマが、この冬、すべての今を生きる日本人に、感動と勇気を与えます。(公式ホームページから引用)

 

1945年(昭和20年)8月15日。世界中を敵に回した、日本の戦争は終わった。東京をはじめとした主要都市は徹底的に爆撃されて瓦礫の山となり、海外資産のすべてを失って莫大な賠償金が課せられようとしていた。これから日本はどうなっていくのだろうかと、全員が途方に暮れて失意に包まれているとき、毅然と店員を集めて話す男がいた。国岡商会の国岡鐡造店主である。


わずかに残った店員を前に、鐡造は「愚痴をやめよ、愚痴は泣きごとである。亡国の声である」「日本には三千年の歴史がある。戦争に負けたからと言って、大国民の誇りを失ってはならない。すべてを失おうとも、日本人がいるかぎり、この国は必ずや再び立ち上がる日が来る」と訓示を述べた。

だが、失望から立ち直り武者震いする店員たちに、売るべき商品「石油」がそもそもないという現実が襲いかかる。「店主、このままでは、国岡商店は潰れます。涙を呑んで人員整理を」という進言に、鐡造は「馘首はならん!」と解雇を断固拒否する。戦後、住処も食糧事情もままならない情勢下で、日本の復興に向かって闘う男たちの物語が始まった。(wikipediaから引用)

この作品は実話をもとにして作られており、重厚な人間ドラマと骨太なストーリー展開を期待できますね。『永遠の0』のときと同じような、岡田准一の鬼気迫る演技にも注目です。

 

スポンサードリンク

 

映画『海賊とよばれた男』のキャスト

国岡 鐵造/岡田准一 国岡商店(出光興産)の創業者。

岡田准一、吉岡秀隆出演の映画『追憶』ロケ地まとめ

岡田准一出演の映画『関ヶ原』ロケ地まとめ

国岡 ユキ/綾瀬はるか 鐵造の妻(前妻)

綾瀬はるか、堤真一出演の映画『本能寺ホテル』ロケ地まとめ

綾瀬はるか出演のドラマ『精霊の守り人』撮影場所まとめ

東雲忠司/吉岡秀隆 国岡商店の店員。後に出光興産三代目社長に就任する。

長谷部喜雄/染谷将太

染谷将太出演の映画『PARKS パークス』ロケ地まとめ

武知甲太郎/鈴木亮平 国岡商店の店員。情報戦のプロで出光興産の専務になる。

鈴木亮平出演のドラマ『東京タラレバ娘』撮影場所まとめ

鈴木亮平出演のドラマ『銭形警部』撮影場所まとめ

鈴木亮平出演のドラマ『特命指揮官 郷間彩香』撮影場所まとめ

柏井耕一/野間口徹 国岡商店の店員。不器用だが誰よりも頑張る努力家。

野間口徹出演の映画『疾風ロンド』ロケ地まとめ

野間口徹出演のドラマ『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』撮影場所まとめ

野間口徹出演のドラマ『スニッファー 嗅覚捜査官』撮影場所まとめ

藤本壮平/ピエール瀧 国岡商店の店員。元海軍大佐。

甲賀治作/小林薫 国岡商店の店員。記憶力がずば抜けて高い。

小林薫出演の大河ドラマ『おんな城主直虎』撮影場所まとめ

小林薫出演のドラマ『絆~走れ奇跡の子馬~』撮影場所まとめ

小林薫、野間口徹出演の映画『キセキ-あの日のソビト-』ロケ地まとめ

小林薫出演のドラマ『君に捧げるエンブレム』撮影場所まとめ

小林薫出演のドラマ『下克上受験』撮影場所まとめ

国岡万亀男/光石研 鐵造の兄。大連支店の支店長になり、海外進出の土台を作る。

光石研出演の映画『オケ老人』ロケ地まとめ

光石研出演のドラマ『砂の塔』撮影場所まとめ

盛田 辰郎 /堤真一

木田章太郎/近藤正臣 

鳥川卓巳/國村隼 国内最大手の日邦石油(日本石油)の社長。国岡商店を潰しにかかる。

國村隼出演の映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』ロケ地まとめ

國村隼出演の実写映画『ジョジョの奇妙な冒険』ロケ地まとめ

須田邦裕

飯田基祐

矢島健一

矢島健一出演のドラマ『検事の本懐』撮影場所まとめ

小林隆

小林隆出演のドラマ『陽炎の辻 完結編』撮影場所まとめ

小林隆出演のドラマ『A LIFE~愛しき人~』撮影場所まとめ

浅野和之

 

 

映画『海賊とよばれた男』ロケ地&撮影場所まとめ!

撮影は京都北部の海沿いが舞台の中心で、この他に福井県、神戸などで2015年11月頃から2016年1月末頃まで行われました。

舞鶴赤れんがパーク

横浜の赤レンガ倉庫と並び、有名な舞鶴赤れんがパーク。2015年11月に岡田准一がここで撮影をしていたという目撃情報があります。

松坂桃李の目撃情報もあがっていますが、キャストではないので、見間違いでしょう。

舞鶴赤れんがパークの住所:京都府舞鶴市北吸1039-2

 

聚幸菴(じゅこうあん)

舞鶴のホテルアマービレの別館である聚幸菴。ここは松栄館の大広間のロケ地として使われました。聚幸菴は築100年以上が経過しており、舞鶴鎮守府初代長官の東郷平八郎も宿泊したと言われています。

聚幸菴の住所:京都府舞鶴市浜町

 

田井漁港

田井漁港

舞鶴市街の北部にある田井漁港。アオリイカの釣り場として知られています。ここも『海賊とよばれた男』のロケ地になっています。ニュースになっていましたね。

小栗旬はいなかったでしょう。

田井漁港の住所:京都府舞鶴市田井1074

 

日本板硝子社宅

 

東舞鶴北部にある日本硝子の工場の近くにある日本硝子社宅。ここも撮影場所になっています。京都新聞のニュースで発表されていました。

どのシーンで登場するのか?楽しみですね。

日本硝子社宅の住所:京都府舞鶴市字大波下

<舞鶴で撮影された作品>

山田涼介、ディーンフジオカ、本田翼ら出演の映画『鋼の錬金術師』ロケ地まとめ!

 

次ページ 小天橋、山川登美子記念館、神戸大学兼松記念館、神戸税関

下の数字でページを切り替えできます。

スポンサードリンク