月9『海月姫』キャスト、あらすじ、原作、相関図、主題歌!芳根京子主演!

海月姫

2018年1月15日(月)21時からフジテレビ系列の月9としてスタートする冬ドラマ『海月姫(くらげひめ)』。東村アキコの人気コミックを原作とした実写化ドラマであり、芳根京子主演ということで話題になっています。

そこで今回は冬ドラマ『海月姫』のキャストや人物相関図、脚本や主題歌などのスタフ情報、気になるあらすじや物語の原作について紹介していきます。

『海月姫』に関連する記事はこちら
2018冬ドラマ特集

スポンサードリンク

月9『海月姫』のあらすじ&原作

あらすじ

「女の子は誰だってお姫様になれる」コンプレックスを持つすべての女性を幸せにする、新感覚シンデレラ・コメディ!

鹿児島県から上京した主人公の倉下月海は、とあるアパートで、自分たちを“尼~ず(あまーず)”と呼ぶ“オタク女子”たちと一緒に、外部との接触を避けて自分だけの世界にどっぷりと浸りながら、風変わりでマニアックな青春を謳歌していました。

クラゲ以外のこと、たとえば自分の外観には無頓着で常にスッピン、服装は主にスエット。全く自分に自信がなく、それどころか自分は女性として何の魅力もないと卑下しており、「ウエディングドレスを作ってあげる」と約束をしてくれた母親に対して、こんな男性との縁など永遠にあるはずもない人間に育ってしまい本当に申し訳ない・・・と思っています。

そんな月海は、ある日、クラゲがきっかけで、誰もが注視してしまう美女、その実、ファッション好きが高じて女装を趣味としている一方、これまで付き合った女性は数知れないイケメンのプレイボーイと、与党の最大派閥を率いる大物国会議員の父の秘書を務める一方、これまで交際した女性は皆無という超堅物な童貞エリートという凸凹兄弟と出会います。嫌々ながらも月海は凸凹兄弟とつながりを持つうちに、クラゲが漂うように少しずつ、新しい自分、新しい生き方を見つけ、さらに凸凹兄弟とまさかの三角関係になり、一生縁がないと思っていた恋を知るようになります。そして、イラストレーターという夢にも凸凹兄弟の影響が波及してきて・・・。(公式ホームページから引用)

東村アキコの作品といえば2017年1月-3月クールの冬ドラマ『東京タラレバ娘』が実写ドラマ化された印象が強いですよね。吉高由里子、榮倉奈々、大島優子らが出演して、平均視聴率も11%代とまずまずの数字を記録しました。

そういった意味では今回の『海月姫』も期待できる作品になりそうですね。しかし、『海月姫』は2014年にのん(能年玲奈)、菅田将暉、長谷川博己らが出演した実写映画版がありますが、興行収入的には成功とは言えなかったことが少し不安なところです。

ただ、芳根京子は『表参道高校合唱部』や『べっぴんさん』で主演をつとめ、安定した演技力と表現力は高く評価されています。今回も他の人にはない、芳根京子だけの役柄を演じられるのではないでしょうか。

原作は東村アキコの同名マンガ

原作は東村アキコの人気コミック「海月姫」。今回の実写ドラマ化を機に、一度は読んでおきたいものですね。

Amazon↓↓

楽天↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

海月姫(01) (講談社コミックスkiss) [ 東村アキコ ]
価格:463円(税込、送料無料) (2017/11/7時点)

 

 

月9『海月姫』のキャスト&相関図、スタッフ情報

スポンサードリンク

キャスト

倉下月海(くらした・つきみ)/芳根京子

芳根京子

鹿児島県出身のクラゲオタク女子。幼い頃に、大好きな母親と水族館に訪れた際に初めて見たクラゲに魅了される。しかし、ほどなくして月海を残し、母は病死。以来、クラゲ自体の美しさ、愛らしさに引き込まれただけでなく、亡き母親への思慕の対象として今に至る。クラゲ以外の服装などにはまったく無頓着、メークも常にスッピンでおさげにメガネは小さい頃のまま。父親以外の男性とろくに話したこともないため全く自分に自信がなく、女性として何の魅力もないと卑下してさえいる。イラストレーターを夢見て上京するが、さまざまな分野のオタク女子たちと男子禁制の共同アパートで、自分たちを“尼~ず”と呼びながら、風変わりな青春を謳歌している。

 

【芳根京子】

  • 1997年2月28日生まれ
  • 東京都出身
  • 血液型はA型
  • 代表作にドラマ『花子とアン』、『表参道高校合唱部!』、『べっぴんさん』、『小さな巨人』、映画『物置のピアノ』、『わさび』、『心が叫びたがってるんだ』など

芳根京子出演の朝ドラ『べっぴんさん』撮影場所まとめ

芳根京子出演のドラマ『小さな巨人』キャストまとめ

芳根京子出演の映画『心が叫びたがってるんだ』ロケ地まとめ

芳根京子出演の映画『散り椿』ロケ地まとめ

芳根京子出演の映画『累-かさね-』ロケ地まとめ

鯉淵蔵之介(こいぶち・くらのすけ)/瀬戸康史

瀬戸康史

女装美男子。与党の最大派閥を率いる大物国会議員の父と舞台女優の愛人との間にできた子で鯉淵家に引き取られる。母の血を色濃く受け継いだ女性のような端麗な顔立ちで、付き合った女性は数知れないプレイボーイ。自由奔放な一方、周りには流されない確固とした信念も持つ。もともとファッションが大好きな蔵之介は、その延長線として女装をするようになる。そこには女装をするような息子を見て、政治家にしようとする父の意図をくじき、大好きなファッションの業界に関わっていくという狙いもある。ある日、月海に出会いどんどん月海に興味を抱いていく。

【瀬戸康史】

  • 1988年5月18日生まれ
  • 福岡県嘉麻市出身
  • 血液型はA型
  • 代表作にドラマ『仮面ライダーキバ』、『オトメン(乙男)』、『タンブリング』、『ロストデイズ』、『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』、『あさが来た』など

瀬戸康史出演のドラマ『幕末グルメ ブシメシ!』撮影場所まとめ

瀬戸康史出演のドラマ『冬芽の人』撮影場所まとめ

瀬戸康史出演のドラマ『先に生まれただけの僕』キャストまとめ

瀬戸康史出演の映画『ミックス。』ロケ地まとめ

瀬戸康史出演の映画『ナラタージュ』ロケ地まとめ> 

瀬戸康史出演の映画『寝ても覚めても』ロケ地まとめ

鯉淵修(こいぶち・しゅう)/工藤阿須加

工藤阿須加

童貞エリート。蔵之介とは腹違いの兄弟。将来、政治家にするという父の考えで母から離された蔵之介の悲しみを思い、兄を心から大切にしている。しかし、修は蔵之介とはまったく正反対の人間で超がつくほど真面目な性格。国会議員である父の秘書として働きながら、政治家の道を継ぐべく将来を嘱望されるエリート。しかし、とある過去の出来事がきっかけで女性が苦手になってしまい、これまで付き合った女性がいない“童貞エリート”。そんな修だが、ある日、蔵之介にファッションとメークの魔法をかけられ“尼~ず”として引きこもっている時とは別人のように愛らしくなった月海と出会い…。

【工藤阿須加】

  • 1991年8月1日生まれ
  • 埼玉県出身
  • 血液型はB型
  • 代表作にドラマ『ルーズヴェルト・ゲーム』、『偽装の夫婦』、『家売るオンナ』、『就活家族』、『カンナさーん!』など

工藤阿須加演の映画『恋妻家宮本』ロケ地まとめ

工藤阿須加出演の映画『ちょっと今から仕事やめてくる』ロケ地まとめ

工藤阿須加出演のドラマ『陽炎の辻 完結編』撮影場所まとめ

工藤阿須加出演のドラマ『就活家族』撮影場所まとめ

工藤阿須加出演のドラマ『帰ってきた家売るオンナ』撮影場所まとめ

工藤阿須加出演のドラマ『カンナさーん!』キャストまとめ

工藤阿須加出演のドラマ『琥珀』撮影場所まとめ

工藤阿須加出演のドラマ『BORDER衝動~検視官・比嘉ミカ~』撮影場所まとめ

工藤阿須加出演のドラマ『明日の約束』キャストまとめ

工藤阿須加出演のドラマ『ザ・ブラックカンパニー』撮影場所まとめ

ジジ様/木南晴夏

木南晴夏

枯れ専。いつもスカートにカーディガン姿で、猫背。枯れ専(枯れた中高年男性を好む嗜好)で、個性の強い尼~ずの中ではかなり地味。蔵之介に「影の薄い人」と言われる。

木南晴夏出演の映画『グッドモーニングショー』ロケ地まとめ

木南晴夏出演の映画『ママ、ごはんまだ?』ロケ地まとめ

木南晴夏出演のドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ撮影場所まとめ

木南晴夏出演のドラマ『キッドナップ・ツアー』撮影場所まとめ

木南晴夏出演のドラマ『視覚探偵 日暮旅人』撮影場所まとめ

木南晴夏出演のドラマ『女の勲章』撮影場所まとめ

木南晴夏出演のドラマ『先に生まれただけの僕』キャストまとめ

木南晴夏出演のドラマ『越路吹雪物語』キャストまとめ

ばんばさん/松井玲奈

松井玲奈

鉄道オタク。天然パーマでアフロのような髪型が特徴。いつもボーダー柄のトレーナーを着ている。口調は男っぽいが、やる気は無い。しかし鉄道と食べ物にはやや興奮する。まややと一番仲が良い。

松井玲奈出演のドラマ『名古屋行き最終列車2017』撮影場所まとめ

松井玲奈出演のドラマ&映画『笑う招き猫』ロケ地まとめ

松井玲奈出演の映画『めがみさま』ロケ地まとめ

松井玲奈出演のドラマ『100万円の女たち』撮影場所まとめ

松井玲奈出演のドラマ『小さな橋で』キャストまとめ

まやや/内田理央

内田理央

三国志オタク。いつも赤ジャージ。周りのものを三国志に当てはめるのが得意。やたらと勢いがあり、奇声を上げたり、一番先に取り乱す。常に両手を前に出し、奇妙な動きをする。

内田理央出演のドラマ『逃げ恥』撮影場所まとめ

内田理央出演のドラマ『大貧乏』撮影場所まとめ

内田理央出演のドラマ『北風と太陽の法廷』撮影場所まとめ

内田理央出演のドラマ『恋がヘタでも生きてます』撮影場所まとめ

内田理央出演のドラマ&映画『トモダチゲーム』ロケ地まとめ

内田理央出演のドラマ『将棋めし』撮影場所まとめ

内田理央出演の映画『名前』ロケ地まとめ

千絵子/富山えり子

富山えり子

和物オタク。アパートの管理人。いつも和服で和裁が得意。自室には市松人形が100体以上置いてある。尼~ずでもっともしっかりしていて、リーダー的な役割を担っている。

富山えり子出演のドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』撮影場所まとめ

ノムさん/安達祐実

安達祐実

天水館の住人・千絵子の友人。ブライス人形オタクであり、人形用ドレスの敏腕職人でもある。

安達祐実出演のドラマ『PTAグランパ!』撮影場所まとめ

安達祐実出演のドラマ『女囚セブン』撮影場所まとめ

安達祐実出演のドラマ『警視庁ゼロ係2ndシーズン』キャストまとめ

安達祐実出演のドラマ『男の操』キャストまとめ

安達祐実出演のドラマ『リピート運命を変える10か月』撮影場所まとめ

ニーシャ/江口のりこ

江口のりこ

蔵之介が連れてきた縫製会社を営むインド人。日本に長らく住んでおり、流ちょうな日本語を話すも、別れた夫が関西人であったため、話し言葉はすべて関西弁。アパレル業界に精通している。

江口のりこ出演のドラマ『地味にスゴイ!DX校閲ガール・河野悦子』撮影場所まとめ

江口のりこ出演のドラマ『ウチの夫は仕事ができない』キャストまとめ

江口のりこ出演のドラマ『コウノドリ2017』キャストまとめ

江口のりこ出演のドラマ『僕だけがいない街』撮影場所まとめ

江口のりこ出演のドラマ『anone』キャストまとめ

カイ・フィッシュ/賀来賢人

賀来賢人

香港、シンガポール、ソウルなどでセレクトショップを展開するアパレル業界の異端児として名を轟かす実業家。最近は日本に力を入れ、ある日、東京のセレクトショップの状況を視察に訪れる。月海や蔵之介は自分たちが立ち上げたクラゲドレスのブランド「ジェリーフィッシュ」を軌道に乗せようと奔走する。

賀来賢人出演のドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』撮影場所まとめ

賀来賢人出演のドラマ『4号警備』キャストまとめ

賀来賢人出演のドラマ『愛してたって、秘密はある』キャストまとめ

賀来賢人出演のドラマ『わにとかげぎす』キャストまとめ

賀来賢人出演の映画『斉木楠雄のΨ(サイ)難』ロケ地まとめ

賀来賢人出演の映画『ちはやふる-結び』ロケ地まとめ

ファヨン/伊藤ゆみ

伊藤ゆみ

カイ・フィッシュ(賀来賢人)が誰よりも信頼をおく優秀な秘書。落ち着いた、はかなげな雰囲気を身にまとい、口数は少なく淡々と、しかしミス無く機敏に仕事をこなす。カイとは、幼い頃から恵まれない環境で共に育った幼なじみ。カイの洋服に対する思いを知っているがゆえに、ファヨンは仕事関係以上の気持ちを秘めている。

伊藤ゆみ出演のドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 シーズン3』キャストまとめ

伊藤ゆみ出演のドラマ『ハルさん~花嫁の父は名探偵!?』キャストまとめ

伊藤ゆみ出演の映画『猫は抱くもの』ロケ地まとめ

桐山琴音/最上もが

最上もが

月海(芳根京子)たち“尼~ず”とは、まったく真逆の世界で生きてきた女性で、楽天的な性格。蔵之介の女装も、ジェンダーレスなファッションの1つとして捉えている人間。留年を重ねて未だ大学を卒業していない蔵之介と異なり、既に卒業して音楽関係の業界でクリエイターとして働いてもいる。

最上もが出演のドラマ『恋する香港』撮影場所まとめ

花森よしお/要潤

要潤

謎の運転手。鯉淵家専属の運転手。常にダークスーツを身にまとい表情を変えることなく職務に徹している。しかし、高級車レクサスを愛しすぎて自分が運転する“愛車”に指紋ひとつ付こうものなら、予想の斜め上を行く反応をしてしまう。豊富な女性経験があり、たびたび月海や蔵之介、修に恋愛指南。指南どころかデートのコーディネートまでおこない、それが逆に月海たちの関係をさらにややこしくしてしまっているところも無きにしもあらず。

要潤出演の映画『ブルーハーツが聴こえる』ロケ地まとめ

要潤出演の映画『新宿スワン2』ロケ地まとめ

要潤出演のドラマ『実況される男』撮影場所まとめ

要潤出演のドラマ『下剋上受験』撮影場所まとめ

要潤出演のドラマ『でも、結婚したいっ!』撮影場所まとめ

要潤出演のドラマ『コードネームミラージュ』撮影場所まとめ

要潤出演のドラマ『犯罪症候群』撮影場所まとめ

要潤出演のドラマ『カンナさーん!』キャストまとめ

要潤出演のドラマ『日本をゆっくり走ってみたよ』撮影場所まとめ

要潤出演のドラマ『ユニバーサル広告社』キャストまとめ

稲荷翔子/泉里香

泉里香

美貌を武器に枕営業も辞さないやり手の開発業者。

 

佐々木公平/安井順平

安井順平

稲荷翔子(泉里香)の部下。倉下月海(芳根)らが住む地区の開発のため大物国会議員の息子である修(工藤阿須加)に近づこうとする。

安井順平出演の映画『世界は今日から君のもの』ロケ地まとめ

安井順平出演の映画『こいのわ 婚活クルージング』ロケ地まとめ

鯉淵容子/床嶋佳子

床嶋佳子

蔵之介(工藤阿須加)の母で慶一郎(北大路欣也)の妻。蔵之介の理解者。

床嶋佳子出演のドラマ『100の資格を持つ女12』撮影場所まとめ

床嶋佳子出演のドラマ『アオゾラカット』撮影場所まとめ

床嶋佳子出演のドラマ『警視庁捜査一課長シーズン2』撮影場所まとめ

鯉淵慶一郎/北大路欣也

北大路欣也

大物国会議員。蔵之介と修の凸凹兄弟の父で、与党の最大派閥を率いる大物国会議員。代々政治家を輩出してきた名門・鯉淵家の現当主として、その存在感と厳格さは圧倒的。政治家として豪腕を振るい、清濁併せのむ顔を見せる。しかし根本は真摯(しんし)な人柄で、兄弟をきっかけに“尼~ず”たちとつながりを持つことになるが、彼女たちを色眼鏡で見たりせず一人の女性として実直に向き合っていく。それは蔵之介と修に対しても同様で、門閥の当主として、息子二人には政治家になってもらいたいという願いを持ち、その願いを受け入れる修への愛情はもちろん、反発する蔵之介へも同じ量の愛情を注ぐ。

北大路欣也出演のドラマ『視覚探偵日暮旅人』撮影場所まとめ

北大路欣也出演のドラマ『三匹のおっさん』撮影場所まとめ

北大路欣也出演のドラマ『さすらい署長風間昭平スペシャル』撮影場所まとめ

北大路欣也出演のドラマ『刑事7人第3シリーズ』キャストまとめ

北大路欣也出演のドラマ『名奉行!遠山の金四郎』撮影場所まとめ

リナ/若村麻由美

若村麻由美

鯉淵蔵之介(瀬戸康史)の母。

 

倉下深雪/小雪(第1話のゲスト出演者)

月海(芳根京子)の母親。

追加キャストは随時更新しいきます。

人物相関図

相関図

スタッフ情報

脚本/徳永友一

代表作uにドラマ『僕たちがやりました』、『嫌われる勇気』、『スペシャリスト』、『探偵の探偵』、『水球ヤンキース』など

主題歌/Beverly「A New Day」

オープニング曲/カフェラテ噴水公園「Goサインは1コイン」

最後に

東村アキコ✖️芳根京子主演の実写ドラマとrいうことで楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。ここ最近の月9ではなかった“月9らしいラブストーリー”を期待したいですね。

『海月姫』に関連する記事はこちら
次クール・4月スタートの月9情報!
2018冬ドラマ特集

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。