三重発地域ドラマ『ラジカセ』ロケ地&撮影場所、キャストまとめ!

2016年12月21日にNHK BSプレミアムで放送される三重発地域ドラマ『ラジカセ』。昨今注目を集めている”地域ドラマ”であり、滝藤賢一、キムラ緑子らが出演することで話題になっています。

そこで今回はドラマ『ラジカセ』のロケ地となる撮影場所、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

スポンサードリンク

ドラマ『ラジカセ』のあらすじ

昭和家電を自宅の倉庫いっぱいに収集している有山(滝藤 賢一)は45歳。家電をドラマの現場に貸し出すなどして暮らしている。伊賀の人からは変人あつかいされ、 自宅は子どもたちから「ゴミの城」と呼ばれていた。

ある日、有山は古いカセットテープをきっかけに9歳の将太(向 鈴鳥)と出会う。将太は両親が離婚し、スナック勤めの母、まき(安藤 玉恵)とアパートで暮らす。まきは、大阪に住む新しい恋人に夢中で、将太はほったらかし。夏休み明けには、将太を連れ大阪の彼の元に引っ越すという。カセットをきっかけに出会った有山と将太。社会から落ちこぼれた中年男と、孤独を抱える少年は、次第に心の距離を縮めていく。そして有山のラジカセで将太のカセットを二人が聞いたとき、物語は大きく動き出す……… 

古い町並みが残る伊賀市を舞台に、スナック「くのいち」のママ、聖子(キムラ 緑子)にも見守られ、有山と将太の二人の物語は、感動のクライマックスを迎える。(公式ホームページから引用)

舞台は美しい自然と”忍者の里”として知られる伊賀市。忍者博物館や上野城、俳聖殿などが観光スポットとして知られていますが、今回は自然豊かな山里が主な舞台になります。今まで知られてこなかった伊賀の新しい魅力を再発見するドラマとしても期待がかかります。

昭和家電の収集という風変わりな男が醸し出すノスタルジーや、”ラジカセ”という過去の遺物は”いらないもの、忘れ去られたもの”から新しいものが見えるというメッセージを伝えています。ひとりの変人とひとりの少年がどのようなクライマックスを迎えていくのかにも注目ですね。

 

スポンサードリンク

 

ドラマ『ラジカセ』のキャスト

有山正人/滝藤賢一 昭和家電を集めるオタク。自分が生まれた時に買ってもらったラジカセを今も大事にしている。

滝藤賢一出演の映画『SCOOP!』ロケ地まとめ

滝藤賢一出演のドラマ『ドクターX2016』撮影場所まとめ

滝藤賢一出演のドラマ『陽炎の辻 完結編』撮影場所まとめ

高石将太/向鈴鳥 伊賀に住む小学生。両親が離婚し、スナックで働く母親にかまってもらえず寂しい。

高石まき/安藤玉恵 将太の母でスナックで働くシングルマザー。スナックで出会った大阪男との再婚を考えている。

河島聖子/キムラ緑子 有山が通っているガールズバー”くのいち”のママ。有山の良き理解者。

キムラ緑子出演の映画『ぼくのおじさん』ロケ地まとめ

キムラ緑子出演の映画『破門 ふたりのヤクビョーガミ』ロケ地まとめ

 

次ページ ドラマ『ラジカセ』ロケ地まとめ

下の数字でページを切り替えできます。

スポンサードリンク