ドラマ『貴族探偵』キャスト、あらすじ、原作、相関図まとめ!

2017年4月17日からフジテレビ月9として放送される春ドラマ『貴族探偵』。麻耶雄嵩氏の大人気ミステリー小説を原作に、嵐の相葉雅紀が主演を務めることで話題になっています。

そこで今回は春ドラマ『貴族探偵』の気になるキャストやあらすじ、原作や相関図について紹介していきます。

次クールの月9夏ドラマ情報!

関連記事

【嵐】2017年に出演するドラマや映画まとめ一覧!

【2017春ドラマ】評価・感想・期待度ランキング

スポンサードリンク

ドラマ『貴族探偵』ロケ地&撮影場所、エキストラ情報

舞台となっているロケ地や相葉雅紀らの撮影目撃情報、エキストラ募集情報が知りたいという方は下の記事をCheck!

>>『貴族探偵』ロケ地&撮影場所、エキストラまとめはこちら

 

ドラマ『貴族探偵』のあらすじ&原作

相葉雅紀さんが挑む!推理しない名探偵!

ドラマの主人公は年齢、家族、学歴、住所、さらに本名までも不明。己のことを貴族と名乗り、探偵を趣味にしている青年です。物語では「貴族」「主」「御前」という呼び名しか登場しません。働いている様子はなく、身なりは常に瀟洒、言動は紳士的でレディーファーストを心がけ、一方で貴族であるという自覚を強く持ち、権威に頓着することがなく常に泰然としています。事件に出会った際には警察の上層部に働きかけ、現場を指揮する鼻形雷雨という刑事もしぶしぶ認める形で、事件解決に関わっていきます。

それでは貴族のお手並み拝見だ…そう誰もが思ったところ、なんと捜査、推理をするのは彼を取り巻く召使たち。「推理などという雑事は、使用人に任せておけばいいんですよ」と言い放ち、事件関係者の女性と会話を楽しみ、遊びに興じている貴族にあっけにとられる周囲を尻目に、貴族へ絶対的な忠誠心を持つ、山本という執事、田中というメイド、佐藤という運転手の3人が現場分析、証拠集めなど捜査へと動き始めます。

そんな、破天荒な貴族たちと偶然に、かつ頻繁に同じ事件に居合わせ、貴族たちと競う形で謎に向き合うのが探偵の高徳愛香。喜多見切子という女性探偵を師匠と仰ぎ、彼女に憧れて探偵になった愛香は駆け出しの新米ながら、探偵という職業に人一倍の誇りと信念を持っています。そのため貴族のやり方には反感しかなく、貴族よりも先に謎を解こうと現場を奔走し、推理を積み重ねていきます。

いずれも見たこともないほど個性的で強烈にインパクトのある登場人物たちが織りなす物語は、ファンタジックでどこかコメディな部分も。しかし、事件のトリック、謎解きは常人の想像を越える極上の本格ミステリー。さらに、謎だらけの貴族は実は深い洞察を持って動いており、最初は「こいつは何なんだ!」という衝撃を受けるも、ドラマを見ていくうちに「もっと貴族のことを知りたい!」と魅了されることは間違いなし。

“主人公が推理をしない”前代未聞のミステリードラマは、一瞬も飽きることのない唯一無二のエンターテインメント!(公式ホームページから引用)

この物語の主人公は職業が貴族、趣味が探偵というブルジョアな人物。しかも、自分では推理をせずに、特殊な才能を持つ使用人が推理を行います。「自分の使用者が推理をしたのだから、使用人を所有している自分の行為になる」という立派な帝王学を身に着けています。まさに経営者の発想ですね。

登場人物のキャラクター設定は非常に特殊ですが、ストーリーは本格的なミステリー。物語の中にいくつもの伏線があり、”使用人”が鮮やかに謎を解いていく様や意外性のあるトリックが素晴らしい傑作と称されています。


ひとつ気になるのはこの原作の設定をどうドラマ化していくかということですね。

  • ”月9″のイメージはラブストーリーなので、恋愛要素をどう盛り込むのか?

 

ということがドラマ化のポイントになってくるでしょう。ヒロインは武井咲のはずなので、相葉雅紀と武井咲の恋愛模様?が描かれるのかが気になるところ。


ただ、相葉雅紀は2015年春の月9で『ようこそ、わが家へ』でミステリー作品の主演を演じていますね。

この作品は池井戸潤原作のミステリー作品であり、恋愛的な要素はほんの少しだけでした。この前例があるので、今回の『貴族探偵』も”月9らしいラブストーリー”にこだわる必要はないかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

ドラマ『貴族探偵』を見逃してしまった方へ

楽しみにしていた『貴族探偵』を見逃してしまった・・・という方は最新話のみですが、放送から1週間以内ならFOD(フジテレビオンデマンド)で無料視聴することができます。


1週間以上経過してしまった方や、第1話から最終回までじっくり見返したいという方は、FOD(フジテレビオンデマンド)プレミアムがおすすめ!『貴族探偵』はもちろん、他のフジテレビ最新ドラマやテレビ番組、過去の名作も視聴できちゃいます。

しかも、今なら無料お試し期間つき。お試し期間内に解約すればお金はかからないんです!無料お試しキャンペーンは正直、いつ終わるかわからないので、とりあえず早めに登録しておいた方がお得ですよ!

FOD(フジテレビオンデマンド)プレミアム

FODプレミアム

無料お試し期間:最大31日間(登録月の月末まで)
・FODプレミアムの他に、月額300円コース~のプランあり。
・フジテレビの最新ドラマ、過去の名作が見れる!
・もちろん『貴族探偵』も第1話から視聴可能!

おすすめ度:★★★★★

 

ドラマ『貴族探偵』のキャスト、スタッフ、相関図、主題歌

このドラマの脚本は2015年に相葉雅紀主演で放送されたドラマ『ようこそ、わが家へ』や2014年武井咲主演のドラマ『すべてがFになる』を手がけた黒岩勉氏が担当しています。

キャスト

貴族探偵/相葉雅紀

趣味が探偵の貴族。自分では推理をしないで優秀な使用人や警察への強力なコネクションを利用して推理をしていく。女性を口説くのが大好き。

相葉雅紀出演のドラマ『ぼくらの勇気 未来都市2017』撮影場所まとめ

▷▷嵐メンバーが2018年に出演するドラマや映画まとめ一覧!

高徳愛香/武井咲

新米探偵。貴族探偵と競って謎解きに挑む。

武井咲出演のドラマ『瀬戸内少年野球団』撮影場所まとめ

武井咲出演のドラマ『黒革の手帖』キャストまとめ

武井咲出演の映画『妖怪ウォッチ』ロケ地まとめ

鼻形雷雨/生瀬勝久

愛香と行動をともにする刑事。

生瀬勝久出演の朝ドラ『べっぴんさん』撮影場所まとめ

生瀬勝久出演の映画『疾風ロンド』ロケ地まとめ

生瀬勝久出演の映画『ミックス。』ロケ地まとめ

喜多見切子/井川遥

愛香が“師匠”と仰ぐ女探偵。

井川遥出演のドラマ『スニッファー嗅覚捜査官』撮影場所まとめ

山本/松重豊

貴族探偵につかえる執事。生真面目な性格。

松重豊出演の映画『グッドモーニングショー』ロケ地まとめ

松重豊出演の映画『ミュージアム』ロケ地まとめ

松重豊出演のドラマ『孤独のグルメ2017正月スペシャル』撮影場所まとめ

松重豊出演のドラマ『バイプレーヤーズ』撮影場所まとめ

松重豊出演のドラマ『破獄』撮影場所まとめ

松重豊出演のドラマ『孤独のグルメシーズン6』撮影場所まとめ

田中/中山美穂

貴族探偵につかえる可愛いメイド。

中山美穂出演のドラマ『花実のない森』撮影場所まとめ

佐藤/滝藤賢一

貴族探偵につかえる運転手。大きな身体をしている。

滝藤賢一出演の映画『SCOOP!』ロケ地まとめ

滝藤賢一出演の映画『関ヶ原』ロケ地まとめ

滝藤賢一出演の映画『孤狼の血』ロケ地まとめ

滝藤賢一、生瀬勝久出演のドラマ『ドクターX2016』撮影場所まとめ

滝藤賢一出演のドラマ『陽炎の辻 完結編』撮影場所まとめ

滝藤賢一出演のドラマ『ラジカセ』撮影場所まとめ

滝藤賢一出演のドラマ『大貧乏』撮影場所まとめ

滝藤賢一出演のドラマ『警部補・碓氷弘一~殺しのエチュード~』キャストまとめ

滝藤賢一出演のドラマ『黒革の手帖』キャストまとめ

玉村依子/木南晴夏

日本有数の財閥・玉村グループの社長令嬢。竹を割ったような性格で、令嬢として品を持ちながら行動は非常に開放的。

木南晴夏出演の映画『グッドモーニングショー』ロケ地まとめ

木南晴夏出演の映画『ママ、ごはんまだ?』ロケ地まとめ

木南晴夏出演のドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ撮影場所まとめ

木南晴夏出演のドラマ『キッドナップ・ツアー』撮影場所まとめ

木南晴夏出演のドラマ『視覚探偵 日暮旅人』撮影場所まとめ

木南晴夏出演のドラマ『女の勲章』撮影場所まとめ

常見慎吾/岡山天音

常見は一流大学を出た後、神奈川県警に就職した新人刑事。熱意はないが情報収集能力が高く仕事をそつなくこなすゆとり刑事。

岡山天音出演の映画『僕らのごはんは明日で待ってる』ロケ地まとめ

岡山天音出演の映画『氷菓』ロケ地まとめ

岡山天音出演の映画『パーフェクト・レボリューション』ロケ地まとめ

岡山天音出演のドラマ『がんこちゃんは大学生』撮影場所まとめ

?/仲間由紀恵

正体不明の謎の女性。

仲間由紀恵出演のドラマ『相棒 元旦スペシャル2017』撮影場所まとめ

仲間由紀恵出演のドラマ『楽園』撮影場所まとめ

仲間由紀恵出演のドラマ『そして誰もいなくなった』キャストまとめ

田中道子

事件現場の状況を科学的に検証する”日本一美しい”警察の鑑識。

 

スタッフ

このドラマの脚本は2015年に相葉雅紀主演で放送されたドラマ『ようこそ、わが家へ』や2014年武井咲主演のドラマ『すべてがFになる』の黒岩勉氏が担当しています。

脚本/黒岩勉

代表作にドラマ『謎解きはディナーのあとで』、『すべてがFになる』、『ようこそ、わが家へ』、『サムライせんせい』、『僕のヤバイ妻』など

プロデュース/羽鳥健一、西坂瑞城

演出/中江功、金井紘、相沢秀幸

相関図

主題歌

 

嵐:「I’ll be there」

最後に

2017年春ドラマは人気俳優や女優が出演する注目ドラマも数多くありますが、その中でも相葉雅紀主演の『貴族探偵』は最注目ドラマの一つと言っても過言ではないでしょう。低迷する月9の復活のきっかけになってほしいですね。

貴族探偵に関連する記事はこちら

相葉雅紀『貴族探偵』スポットCM動画まとめ【完全保存版】

月9『貴族探偵』感想・評価・期待度の採点&徹底レビュー!

『貴族探偵』ロケ地&撮影場所、エキストラまとめ!

次クールの月9夏ドラマ情報

2017春ドラマ特集

【春ドラマ】2017年4月スタートの新ドラマ一覧

2016.12.19

【2017春ドラマ】視聴率一覧&ランキングまとめ!

2017.03.14

【2017春ドラマ】評価・感想・期待度ランキングを発表!

2017.03.01

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。