【広瀬すず2018】ドラマや映画の最新出演作まとめ一覧!

広瀬すず

若手No.1女優の一人という呼び声が高い広瀬すず。2017年は話題の映画やCMなどに多数出演してきました。しかし、「広瀬すずはドラマに出ない」というイメージが強くなってしまったのも事実。2018年は映画だけでなく、ドラマにも出演してほしいですね。

そこで今回は広瀬すずが2018年に出演するドラマや映画の最新作を紹介していきます。

広瀬すずに関連する記事はこちら

スポンサードリンク

広瀬すず出演のドラマ・映画2018最新作の一覧

『anone(アノネ)』(2018年1月-3月期の冬ドラマ):主演

広瀬すず

家族を失い社会からもはぐれてしまい、生きる方法さえ見失ってしまった少女が一人の老齢の女性と出会う。女性は何かを感じ少女を匿い、ニセモノの家族、ニセモノの人生、ニセモノの記憶を育んで行く中で、ある事件が発生する。「生きることの意味は何か?」、「人が生きる上で大切なものは何か?」を問いかける。ニセモノから始まり真実の人間愛を見つけ、人生に葛藤する人々を描くヒューマンドラマ。

2016年1月-3月期の『怪盗山猫』以来、2年ぶりのドラマ復帰作。役作りのため、髪型をベリーショートにして挑みます。

メインキャスト

広瀬すず、田中裕子、阿部サダヲ、小林聡美、瑛太 ほか

原作

なし。オリジナルストーリー。

脚本

坂元裕二(代表作にドラマ『東京ラブストーリー』、『ラストクリスマス』、『最高の離婚』、『Woman』、『問題のあるレストラン』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『カルテット』、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』など)

関連記事

>>『anone(アノネ)』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌まとめ!

>>【2018冬ドラマ】1月-3月期の新ドラマ一覧!

映画『ちはやふる-結び-』(3月17日公開):主演・綾瀬千早役

末次由紀の人気コミックを原作とした実写映画。2016年に公開されて動員数200万人オーバーのメガヒットを記録した『ちはやふる 上の句』、『ちはやふる 下の句』の続編。今回も『ちはやふる』メンバーが再集結し、高校三年最後の全国大会を目指すストーリーが描かれます。

広瀬すずは前回に引き続き、主人公の綾瀬千早役を演じます。

メインキャスト

広瀬すず、野村周平、新田真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、優希美青、佐野優斗、清原果耶、清水尋也、松岡茉優、賀来賢人、松田美由紀、國村隼 ほか

原作

末次由紀「ちはやふる」

監督

小泉徳宏(代表作に映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』、『ちはやふる』など)

関連記事

>>『ちはやふる -結び-』キャスト、あらすじ、ロケ地詳細はこちら

スポンサードリンク

『花より男子3』TBS(金曜22:00~)内定

広瀬すず

神尾葉子の人気コミックを原作とした実写化ドラマ。2005年の『花より男子』では松本潤、井上真央、小栗旬、松田翔太、阿部力らが出演をした超人気作品。さらに、2007年の『花より男子2(リターンズ)では生田斗真、貫地谷しほり、戸田恵梨香らが出演し平均視聴率20%声をマークしました。第3弾のヒロインとして広瀬すずが内定しているという報道がありました。詳細の内容やキャストは不明ですが、続報を待ちましょう。

メインキャスト

広瀬すず ほか

原作

神尾葉子「花より男子」

脚本

不明

映画『ラプラスの魔女』(2018年公開):ヒロイン・羽原円華役 

ラプラスの魔女

東野圭吾原作のミステリー小説の映画化作品。2つの不審死は遠く離れた場所で起きた場所であるにも関わらず、どちらも同じ自然現象下である「硫化水素中毒死」であり、死亡した2人は知人同士。この難解な事件の調査を依頼された大学教授・青江修介は、念入りに調査した結果、事件性を否定するが、そこに現れた謎の少女・羽原円華が次に起こる自然現象を言い当てていくことで、少女が事件に関与していく疑いを強める。そして、ついに第3の事件が起こる・・・というストーリー。

広瀬すずは事件のカギを握るヒロインの少女・羽原円華役として登場します。

メインキャスト

櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰 ほか

原作

東野圭吾「ラプラスの魔女」

監督

三池崇史(代表作に映画『龍が如く 劇場版』、『クローズZERO』、『十三人の刺客』、『藁の楯』、『風に立つライオン』、『無限の住人』、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』など)

関連記事

>>『ラプラスの魔女』キャスト、あらすじ、ロケ地詳細はこちら

映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』(2018年公開)

SUNNY

韓国の映画『サニー 永遠の仲間たち』を原作に、日本版にリメイクした映画。かつて青春を謳歌した女子高校生の仲良しグループ“SUNNY(サニー)”のメンバーは、約22年の時を経てそれぞれ問題を抱える大人になっていた。主人公・奈美は久しぶりにかつての親友・芹香と再会するが、彼女は末期ガンに冒されていた。「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」。芹香の願いを叶えるため、奈美が動き出す、、、というストーリー。

広瀬すずは主人公の奈美の高校時代を演じます。1990年代の女子高生として、ミニスカートにルーズソックスの衣装で登場します。

メインキャスト

篠原涼子、広瀬すず、小池栄子、ともさかりえ、渡辺直美 ほか

監督

大根仁

関連記事

>>『SUNNY 強い気持ち・強い愛』キャスト、あらすじ、ロケ地詳細はこちら

新たな映画やドラマが発表されたら、随時追加します。

最後に

2018年も大活躍が期待される広瀬すず。可愛いだけでなく、役柄に真摯に向き合って役作りする演技力の高さもあるのが素晴らしいですよね。今年も映画にドラマなど、数多くの作品で観たいものです。

こんな記事も読まれています

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。