『anone(アノネ)』キャスト、あらすじ、相関図、主題歌!広瀬すず主演ドラマ!

anone(アノネ)

2018年1月から日本テレビ水曜22時枠としてスタートする冬ドラマ『anone(アノネ)仮題』。『いつ恋』や『カルテット』を手がけた坂元裕二氏のオリジナル脚本作品であり、広瀬すずが主演をつとめることで話題になっています。

そこで今回は冬ドラマ『anone(アノネ)仮題』のキャストや人物相関図、脚本や主題歌などのスタッフ情報、気になるあらすじについて紹介していきます。

2018冬ドラマ特集

スポンサードリンク

ドラマ『anone(アノネ)』のあらすじ

家族を失い社会からもはぐれてしまい、生きる方法さえ見失ってしまった少女が一人の老齢の女性と出会う。女性は何かを感じ少女を匿い、ニセモノの家族、ニセモノの人生、ニセモノの記憶を育んで行く中で、ある事件が発生する。「生きることの意味は何か?」、「人が生きる上で大切なものは何か?」を問いかける。ニセモノから始まり真実の人間愛を見つけ、人生に葛藤する人々を描くヒューマンドラマ。

『東京ラブストーリー』、『Mother』、『Woman』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『カルテット』などの名作と呼ばれるドラマを世に送り出してきた坂元裕二氏。最近では有村架純主演の『いつ恋』と松たか子主演の『カルテット』のイメージが強い方も多いのではないでしょうか。

いずれも本質をついた胸に刺さるようなセリフの数々が魅力的で、物語の世界観に惹き込まれてしまうような魅力がありますよね。ちなみに『いつ恋』も『カルテット』も東京ドラマアウォードの優秀賞を受賞しており、1月-3月期の冬ドラマとして放送されたものでした。織田裕二&鈴木保奈美出演の『東京ラブストーリー』も冬ドラマなので、坂元裕二氏は冬の季節を描くのが好きなのかもしれません。

今回も「人生とは何か?」を問う壮大なテーマを描いたヒューマンドラマ。『Mother』や『Woman』を担当した水田伸生氏が演出を担当するので、磐石の布陣と言えるでしょう。そして、数々の映画に出演し、表現力に磨きをかけてきた広瀬すず主演作。彼女の代表作になること間違いなしの名作になりそうです。

 

スポンサードリンク

 

ドラマ『anone(アノネ)』のキャスト&相関図、スタッフ情報

キャスト

すばる/広瀬すず

広瀬すず

林田亜乃音(田中裕子)に引き取られて偽装家族を装い共同生活をはじめる。人間嫌いでカフェに引きこもっている。スケートボードが得意。

【広瀬すず】

  • 1998年6月19日生まれ
  • 静岡県静岡市出身
  • 血液型はAB型
  • 代表作にドラマ『学校のカイダン』、『怪盗山猫』、映画『海街diary』、『ちはやふる』、『四月は君の嘘』、『怒り』、『チア✩ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』、『三度目の殺人』など

広瀬すず出演の映画『四月は君の嘘』ロケ地まとめ

広瀬すず出演の映画『怒り』ロケ地まとめ

広瀬すず、真剣佑出演の映画『チア☆ダン』ロケ地まとめ

広瀬すず出演の映画『先生!』ロケ地まとめ

広瀬すず出演の映画『三度目の殺人』ロケ地まとめ

広瀬すず出演の映画『ラプラスの魔女』ロケ地まとめ

広瀬すず出演の映画『ちはやふる 結び』ロケ地まとめ

広瀬すず出演の映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』ロケ地まとめ

あのね/田中裕子

田中裕子

林田印刷の未亡人。辻沢昴(広瀬すず)を引き取って共同生活をしている。

【田中裕子】

  • 1955年4月29日生まれ
  • 大阪府池田市出身
  • 血液型はB型
  • 代表作にドラマ『おしん』、『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン』、『Mother』、『Woman』、『まれ』映画『天城越え』など

田中裕子出演のドラマ『絆~走れ奇跡の子馬~』撮影場所まとめ

阿部サダヲ(噂)

カレーショップの店長?

瑛太(噂)

弁当屋?

小林聡美(噂)

刑務所にいる?

人物相関図

相関図は発表があり次第、更新します。

スタッフ情報

脚本/坂元裕二

代表作にドラマ『東京ラブストーリー』、『ラストクリスマス』、『最高の離婚』、『Woman』、『問題のあるレストラン』、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』、『カルテット』、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』など

演出/水田伸生

代表作にドラマ『恋も2度目なら』、『奇跡のロマンス』、『Mother』、『Woman』、『Dr.倫太郎』、『ゆとりですがなにか』、『先に生まれただけの僕』など

主題歌/不明

最後に

2017年は映画やCMなどの出演がメインでドラマに出演しなかった広瀬すず。2016年1月-3月期の『怪盗山猫』以来、2年ぶりのドラマ復帰作になります。ファンとしては待望の主演作であり、坂元裕二氏の脚本ということでかなり期待できそうですね。

2018冬ドラマ特集

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。