映画『ラプラスの魔女』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじ、エキストラまとめ!

2018年公開の映画『ラプラスの魔女』。東野圭吾の小説を原作に、嵐の櫻井翔主演、広瀬すずや福士蒼汰という超豪華キャストが出演することで話題になっています。

そこで今回は映画『ラプラスの魔女』のロケ地となる撮影場所、エキストラ募集情報、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

関連記事

【嵐】メンバーが2017年に出演するドラマや映画まとめ一覧!

広瀬すずが2017年に出演するドラマや映画まとめ一覧!

福士蒼汰が2017年に出演のドラマや映画まとめ一覧!

スポンサードリンク

映画『ラプラスの魔女』のあらすじ

連続して2つの不審死が起きるが、それぞれの事件現場は遠く離れていたのにもかかわらず、死因はどちらも同じ自然現象下での硫化水素中毒死、さらに死亡した2人が知人同士だった。事件が事故ではなく他殺だった場合、犯人は「完全無風状態になる一瞬」を事前に知っており、「その瞬間に致死量の硫化水素が発生する場所」へ「ピンポイントで被害者を誘導した」ことになる。青江は、自然科学的見地から事件性を否定。封鎖された事件現場を検証していると円華(広瀬)が現れ、青江の眼前で次に起こる自然現象を言い当ててみせる。それは奇跡か、偶然か。警察は円華の事件への関与を疑い始めるが、第3の事件が発生する……。(映画.comから引用)

まず、この映画の一番の見どころはやはり豪華キャストの共演ですよね。嵐の櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰のスリートップの破壊力は抜群。この3人が共演するだけでも劇場に見に行く価値があります。

さらに、映画の原作は東野圭吾の傑作ミステリーと言われている『ラプラスの魔女』。累計発行部数28万部を突破したこの小説を映像化するにあたって、原作権を獲得するために12社が競合したほどの名作と言われています。Amazonでも絶賛評価を連発しているこの小説、櫻井翔ファン、広瀬すずファン、福士蒼汰ファンはもちろん、ミステリー好きの方なら一度は読んでおきたい名作ですね。

 

スポンサードリンク

 

映画『ラプラスの魔女』のキャスト

青江修介/櫻井翔

地球科学の研究者で警察から調査を依頼される大学教授。

櫻井翔出演のドラマ『君に捧げるエンブレム』撮影場所まとめ

櫻井翔出演のドラマ『先に生まれただけの僕』キャストまとめ

羽原円華/広瀬すず

封鎖された事件現場に現れ次に起こる自然現象を言い当てる謎の女。

広瀬すず出演の映画『四月は君の嘘』ロケ地まとめ

広瀬すず出演の映画『怒り』ロケ地まとめ

広瀬すず出演の映画『チア☆ダン』ロケ地まとめ

広瀬すず出演の映画『先生!』ロケ地まとめ

広瀬すず出演の映画『ちはやふる続編』ロケ地まとめ

広瀬すず出演の映画『三度目の殺人』ロケ地まとめ

甘粕謙人/福士蒼汰

円華が探す失踪した青年。

福士蒼汰出演の映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』ロケ地まとめ

福士蒼汰出演の映画『無限の住人』ロケ地まとめ

福士蒼汰出演の実写映画『曇天に笑う』ロケ地まとめ

福士蒼汰出演の映画『ちょっと今から仕事やめてくる』ロケ地まとめ

福士蒼汰出演の実写映画『BLEACH』ロケ地まとめ

福士蒼汰出演の映画『旅猫リポート』ロケ地まとめ

福士蒼汰出演のドラマ『愛してたって、秘密はある。』キャストまとめ

追加キャストが随時更新していきます。

 

次ページ 『ラプラスの魔女』ロケ地まとめ、エキストラ募集情報

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。