映画『焼肉ドラゴン』ロケ地&撮影場所、キャスト、あらすじまとめ!

2018年公開の映画『焼肉ドラゴン』。2016年に所属事務所から独立した井上真央主演、大泉洋ら豪華キャストが出演することで話題になっています。

そこで今回は映画『焼肉ドラゴン』のロケ地となる撮影場所、エキストラ募集情報、気になるキャストやあらすじについて紹介していきます。

※まだオフィシャルで発表されていないので、タイトルは変更になる可能性があります。

映画『焼肉ドラゴン』のあらすじ

スポンサードリンク

70年代の大阪で焼き肉店を営む在日朝鮮人の一家を描いた物語。

金龍吉は第二次世界大戦に従軍して左腕を失い、四・三事件で故郷の済州島を追われて来日した高英順と再婚する。龍吉は長女・静花と次女・梨花、英順は三女・美花をそれぞれ連れており、二人は国有地を不法占拠した集落で焼肉店「焼肉ドラゴン」を開業し、やがて長男の時生が生まれた。

作中では1969年春から物語が始まり、中学生となった時生が「僕はこんな町大嫌いだ!」と屋根の上で叫ぶ。梨花は李哲夫と結婚パーティーを挙げようとしていたが、区役所の窓口で担当者と哲夫がケンカして婚姻届を提出できなかった。夏になると国有地から立ち退くように一家は通知を受け、有名私立中学に通う時生はいじめにあって不登校となる。哲夫が働かないこともあって梨花は立腹し、かつて付き合っていた静花の事をまだ好きなのではないかと責める。これを気にした静花は尹大樹と付き合うが哲夫はそれでも好意を捨てず、梨花も常連客の呉日白と関係を持つようになった。

いじめが続いて時生は失語症となり、美花は勤め先のクラブの支配人の長谷川との不倫が明らかになる。冬になり静花と大樹は婚約したが、そこに哲男が現れて静花に一緒に北朝鮮へ帰国事業で移住する事を求め、静花はこれに応じる。留年した時生に対してそれでも学校に通うよう龍吉は説得するが、時生は屋根から飛び降り自殺をしてしまう。1970年になり、妊娠した美花と結婚するため長谷川は妻と離婚した。土地の収容に訪れた公務員に、龍吉はこの土地は自分が買ったものだと主張し、感極まって「戦争でなくした腕を帰せ」、「息子を帰せ」と叫ぶ。

1971年春、ついに店は取り壊される。哲夫は帰国事業で二度と再会できなくなる未来を暗示するように記念写真をしつこく撮り、梨花は呉日白と韓国へ移住、三女の美花は長谷川と日本でスナックを経営して一家は離散する。龍吉と英順はリヤカーに荷物を載せて去り、死んだ時生が屋根の上に現れて「アボジ!オモニ!本当はこの町が大好きだった!」と叫ぶ中で桜の花びらが降ってくる。(Wikipediaから引用)

『焼肉ドラゴン』はもともと舞台作品。日本の新国立劇場と韓国の芸術の殿堂によるコラボレーションしたもので、2008年と2011年に日本と韓国で上演されています。

骨太で重厚で非常に見応えのある作品であり、読売演劇大賞の最優秀作品賞をはじめ、個人賞などを総ナメした作品。『花燃ゆ』以来、大きな活動をしていなかった井上真央の本格的な復帰作に値する見応えのあるストーリーになりそうです。

 

映画『焼肉ドラゴン』のキャスト

スポンサードリンク

井上真央

大泉洋(目撃情報)

大泉洋出演の実写映画『東京喰種 トーキョーグール』ロケ地まとめ

大泉洋出演の映画『金メダル男』ロケ地まとめ

大泉洋出演の映画『探偵はBARにいる3』ロケ地まとめ

大泉洋出演のドラマ【LEADERS リーダーズ2』撮影場所まとめ

大泉洋出演のドラマ『ドラマミステリーズ』キャストまとめ

真木よう子(目撃情報)

桜庭みなみ(目撃情報)

追加キャストは随時更新していきます。

 

次ページ 『焼肉ドラゴン』ロケ地まとめ

スポンサードリンク



スポンサードリンク


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。